基本情報

写真a

丹羽 朋子

NIWA Tomoko


研究分野・キーワード

文化人類学、中国地域研究、民俗芸術、文化遺産、東日本大震災をめぐる市民活動

プロフィール

文化人類学研究に従事。
大学卒業後、インテリアデザインを手がける㈱IDEEに入社、
店舗運営、アジアのアンティーク家具の仕入れ、展示会企画などに従事。
その間、北京・清華大学美術学院に留学、中国工芸美術史を学ぶ。
退職後、東京大学大学院総合文化研究科大学院に進学。
中国の農村女性の手仕事や現代美術家の芸術実践について、農家の窰洞(伝統的な穴居)に寄宿する長期間の現地調査等を実施。
2011年以降は、東日本大震災で津波被害を受けた三陸海岸の伝承切り紙など、地域の文化資源に関しても、聞き取り調査などを行う。

2008年4月-2010年3月 日本学術振興会特別研究員(DC2)。
2011年1月- 国立民族学博物館 共同研究員。
2014年4月- 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 共同研究員。
2010年4月- 一芯社図書工作室を立ち上げ、書籍や展覧会の企画・編集なども行う。
2015年2月- 現職

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 文化人類学会

  • 民族芸術学会

  • 展示学会

  • 中国芸術人類学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 文化人類学・民俗学

 

単著 【 表示 / 非表示

  • 丹羽朋子,下中菜穂,『窓花/中国の切り紙―黄土高原・暮らしの造形』,エクスプランテ/福岡アジア美術館,2013年10月

    単行本(一般書)

  • Tomoko Niwa,Introduction to the Exhibition "Window Flowers: Chinese Paper Cutting in the Huangtu Plateau - Forms in Daily Life",福岡アジア美術館,2013年10月

    その他

  • 魯迅著,中村愿監訳,丹羽朋子,韓冰編訳,『魯迅箴言(中日双語版)』,生活・読書・新知 三聯書店,2011年05月

    単行本(一般書)

  • 中村愿監訳, 韓冰,丹羽朋子編訳,『魯迅の言葉』,平凡社,2011年04月

    単行本(一般書)

分担執筆 【 表示 / 非表示

  • 丹羽朋子,フィールドワークにおける協働関係―陝北農村に「日本の女」として暮らす,西澤治彦,‎ 河合洋尚,『フィールドワーク―中国という現場、人類学という実践』

    173-191,風響社,2017年07月,単行本(学術書)

  • Tomoko Niwa, Tadashi Yanai ,Alternative Art and Anthropology: Global Encounters

    75-87,Bloomsbury Academic,2017年02月,単行本(学術書)

  • 丹羽朋子,第7章「中国・黄土高原に「カメラマン」として住まう―カメラを通して複数の眼を取り込む」,梶丸岳, 丹羽朋子, 椎野若菜 ,『フィールドノート古今東西』(「FENICS 百万人のフィールドワーカー」シリーズ第5巻))

    188-203,古今書院,2016年05月,単行本(学術書)

  • 丹羽 朋子,「きりこ」をつくり、「きりこ」をおくる―切り紙に刻まれる、「こわれたふるさと」の再生のかたち,『災害文化の継承と創造』

    86-108,臨川書店,2016年03月,単行本(学術書)

  • 椎野若菜・白石壮一郎編,第7章「中国・黄土高原に「カメラマン」として住まう―カメラを通して複数の眼を取り込む」,『フィールドに入る』(「FENICS 百万人のフィールドワーカー」シリーズ第5巻)

    ​pp.120-136,古今書院,2014年06月,その他

全件表示 >>

共著・編著 【 表示 / 非表示

  • 梶丸岳, 丹羽朋子, 椎野若菜,『フィールドノート古今東西』(FENICS 100万人のフィールドワーカーシリーズ13),古今書院,2016年05月

    単行本(学術書),共編・共著(共編著)

論文 【 表示 / 非表示

  • 丹羽 朋子,中国・黄土高原の暮らしと切り紙の無形文化遺産化―窰洞の村のエコミュージアム活動をめぐる〈翻訳劇〉の諸相―,国立民族学博物館調査報告『中国地域の文化遺産―人類学の視点から』,136巻 (頁 271 ~ 294) ,2016年03月

    論文(学術雑誌),単著

  • 丹羽 朋子,「窓花/中国の切り紙」展における文化人類学と芸術の協働―フィールドワークの感覚・経験の共有をめざして,展示学,(52)巻 (頁 11 ~ 19) ,2015年

    論文(学術雑誌),単著

  • 丹羽 朋子,「きりこ」のある風景 : 再生をつかさどる被災地の切り紙細工 (国立民族学博物館企画展「記憶をつなぐ : 津波災害と文化遺産」関連企画・「復興への道」第二弾 三陸沿岸に生きる),季刊民族学,36巻 4号 (頁 44 ~ 70) ,2012年

    論文(学術雑誌),単著

  • 丹羽 朋子,関於中国陝北剪紙的造型及言語的物質性:面対芸術的人類学物質文化研究的新視角(中国陝北の剪紙をめぐる形と言葉のマテリアリティ―芸術に対する人類学的物質文化研究の新たな視角の提言),周星編『中国芸術人類学基礎読本』、学苑出版社(中国) (頁 pp.467 ~ 482) ,2011年

    論文(学術雑誌),単著

MISC 【 表示 / 非表示

  • 丹羽 朋子,「窓花」―中国黄土高原に咲く、切り紙の花,西日本文化,466巻 (頁 48 ~ 50) ,2013年12月

    ,単著

  • 丹羽 朋子,中国・黄土高原に咲く剪紙の花 (特集 願いを託すかたち、鋏で伝える心),文化学園文化出版局,季刊銀花160号 (頁 75 ~ 102) ,2009年

    総説・解説,単著

口頭発表 【 表示 / 非表示

  • 丹羽朋子,フィールドサイエンスの映像アーカイブをひらく ー「エンサイクロペディア・シネマトグラフィカ」の創造的活用を事例として,北海道大学低温科学研究所 共同研究集会「フィールド研究におけるデータ、メディアアーカイブの分野横断的な共有と情報発信」,北海道大学 ,2017年10月,国内会議,口頭(一般)

  • 丹羽朋子,下中菜穂,宮下美穂,映像のフィールドワークー映像を観察し、手で考え身体で感じる学びの実験,「世界を変える教育ーフィールド教育・アート教育・変人教育」,codolabo studio,2017年06月,国内会議,シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • 丹羽朋子,3.11 以後の映像記録の語りなおし―記録・展示・アーカイブ化の連環の先へ,第51回日本文化人類学会研究大会,神戸大学,2017年05月,国内会議,口頭(一般)

  • 丹羽朋子,ポスト3.11の「日常世界』を映す『セルフドキュメンタリー」の力―市民の 映像実践を通じた、災害経験の共有と「当事者性」の醸成,トヨタ財団研究助成プログラム オープンワークショップ,九州大学西新プラザ ,2017年05月,国内会議,シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • 丹羽朋子,窓花から窓花展へ―上演的再現メディアとしての中国剪紙と民族誌展示,国立民族学博物館共同研究会「演じる人・モノ・身体―芸能研究とマテリアリティの人類学の交差点」2016年度第2回研究会,国立民族学博物館,2017年01月,国際会議,口頭(一般)

全件表示 >>

芸術・体育系業績 【 表示 / 非表示

  • 「暮らしを寿ぐ切り紙 窓花」展,2016年12月 ~ 2017年01月,無印良品 有楽町 ATELIER MUJI

  • 「窓花/中国の切り紙―黄土高原・暮らしのフィールドワーク」展,2014年02月 ~ 2014年03月,主催:せたがた文化財団、於:生活工房ギャラリー

  • 「窓花/中国の切り紙―黄土高原・暮らしの造形」展,2013年10月 ~ 2014年01月,主催・於:福岡アジア美術館

  • 「立杭の巨人―やさぶろうのやきもの」展,2011年11月,主催:丹波立杭陶磁器協同組合、於:丹波伝統工芸公園 立杭陶の郷

  • 「下中弥三郎―百科事典を作った男」展,2011年11月,篠山市立中央図書館 展示ホール

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • 上映・表現ワークショップの企画・制作「映像のフィールドワーク・ラボ 」vol.3「みみをすます」(主催:せたがや文化財団生活工房、於:生活工房ギャラリー),2018年03月

    その他

  • 科学映像アーカイブ上映会の企画「エンサイクロペディア・シネマトグラフィカ 連続上映」vol.2(主催:公益財団法人下中記念財団、於:ポレポレ東中野),2017年12月

    その他

  • 上映・表現ワークショップの企画・制作「映像のフィールドワーク・ラボ 」vol.1「ひもをうむ」(主催:せたがや文化財団生活工房、於:生活工房ギャラリー),2017年07月

    その他

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 丹羽 朋子,第18回APPA出版賞文学・一般書部門 金賞,2012年12月,その他の賞,APPA(アジア・ 太平洋出版連合)

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 特別研究員奨励費,2008年04月 ~ 2010年03月,グローバル化時代における「現代芸術」実践:芸術人類学の再検討

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 公益財団法人DNP文化振興財団 グラフィック文化に関する学術研究助成,2017年11月 ~ 2020年03月,生成・消滅・再生する切り紙のかたちー日本と世界の比較文化研究

    民間財団等

  • 笹川科学研究助成(実践研究部門),2017年04月 ~ 2018年03月,研究・社会教育・芸術領域の連携による学術映像アーカイブの〈研究=活用〉モデルの開発―「エンサイクロペディア・シネマトグラフィカ」を題材として

    民間財団等

  • 公益財団法人トヨタ財団 研究助成(個人研究),2016年05月 ~ 2018年04月,ポスト3.11の「日常世界」を映す「セルフドキュメンタリー」の力 -市民の映像実践を通じた、災害経験の共有と「当事者性」の醸成-

    民間財団等

  • (中国)陝西省教育厅専項科研計画項目,2016年01月 ~ 2017年12月,中日民俗文化与儿童教育的比較研究

    海外

  • 公益信託澁澤民族学振興基金 大学院生等に対する研究活動助成,2012年04月 ~ 2013年03月,東日本大震災・被災地における、女たちによる「生きる場」の創生

    民間財団等

全件表示 >>

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • モノをとおしてみる現代の宗教的世界の諸相,2017年10月 ~ 2020年03月,国立民族学博物館,国内共同研究

  • 「わざ」の人類学的研究-技術,身体,環境,2017年04月 ~ 2020年03月,東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所,国内共同研究

  • 「もの」の人類学的研究(2)人間/非人間のダイナミクス,2014年04月 ~ 2017年03月,東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所,国内共同研究

 
 
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • NPO FENICS,理事

  • 公益財団法人下中記念財団 映像活用委員会,委員