基本情報

写真a

丹羽 朋子

NIWA Tomoko


研究分野・キーワード

文化人類学、中国地域研究、民俗芸術、文化遺産、東日本大震災をめぐる市民活動

プロフィール

文化人類学研究に従事。
大学卒業後、インテリアデザインを手がける㈱IDEEに入社、
店舗運営、アジアのアンティーク家具の仕入れ、展示会企画などに従事。
その間、北京・清華大学美術学院に留学、中国工芸美術史を学ぶ。
退職後、東京大学大学院総合文化研究科大学院に進学。
中国の農村女性の手仕事や現代美術家の芸術実践について、農家の窰洞(伝統的な穴居)に寄宿する長期間の現地調査等を実施。
2011年以降は、東日本大震災で津波被害を受けた三陸海岸の伝承切り紙など、地域の文化資源に関しても、聞き取り調査などを行う。

2008年4月-2010年3月 日本学術振興会特別研究員(DC2)。
2011年1月- 国立民族学博物館 共同研究員。
2014年4月- 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 共同研究員。
2010年4月- 一芯社図書工作室を立ち上げ、書籍や展覧会の企画・編集なども行う。
2015年2月- 現職

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 文化人類学会

  • 民族芸術学会

  • 展示学会

  • 中国芸術人類学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 文化人類学・民俗学

 

単著 【 表示 / 非表示

  • 丹羽朋子,下中菜穂,『窓花/中国の切り紙―黄土高原・暮らしの造形』,エクスプランテ/福岡アジア美術館,2013年10月

    単行本(一般書),共著

  • Tomoko Niwa,Introduction to the Exhibition "Window Flowers: Chinese Paper Cutting in the Huangtu Plateau - Forms in Daily Life",福岡アジア美術館,2013年10月

    その他

  • 魯迅著,中村愿監訳,丹羽朋子,韓冰編訳,『魯迅箴言(中日双語版)』,生活・読書・新知 三聯書店,2011年05月

    単行本(一般書),共訳

  • 中村愿監訳, 韓冰,丹羽朋子編訳,『魯迅の言葉』,平凡社,2011年04月

    単行本(一般書),共訳

分担執筆 【 表示 / 非表示

  • Tomoko Niwa, Tadashi Yanai ,Alternative Art and Anthropology: Global Encounters,Bloomsbury Academic,2017年02月

    単行本(学術書)

  • 丹羽 朋子,『災害文化の継承と創造』,臨川書店,2016年03月

    単行本(学術書),「きりこ」をつくり、「きりこ」をおくる―切り紙に刻まれる、「こわれたふるさと」の再生のかたち

  • 椎野若菜・白石壮一郎編,『フィールドに入る』(「FENICS 百万人のフィールドワーカー」シリーズ第5巻),古今書院,2014年06月

    その他,第7章「中国・黄土高原に「カメラマン」として住まう―カメラを通して複数の眼を取り込む」

  • 床呂郁哉・河合香吏編,『ものの人類学』,京都大学学術出版会,2011年04月

    単行本(学術書),かたち・言葉・物質性の間―陝北の剪紙が現れるとき

編著 【 表示 / 非表示

  • 梶丸岳, 丹羽朋子, 椎野若菜,『フィールドノート古今東西』(FENICS 100万人のフィールドワーカーシリーズ13),古今書院,2016年05月

    単行本(学術書),共編著

論文 【 表示 / 非表示

  • 丹羽 朋子,中国・黄土高原の暮らしと切り紙の無形文化遺産化―窰洞の村のエコミュージアム活動をめぐる〈翻訳劇〉の諸相―,国立民族学博物館調査報告『中国地域の文化遺産―人類学の視点から』,136巻 (頁 271 ~ 294) ,2016年03月

    研究論文(学術雑誌),単著

  • 丹羽 朋子,「窓花/中国の切り紙」展における文化人類学と芸術の協働―フィールドワークの感覚・経験の共有をめざして,展示学,(52)巻 (頁 11 ~ 19) ,2015年

    研究論文(学術雑誌),単著

  • 丹羽 朋子,「きりこ」のある風景 : 再生をつかさどる被災地の切り紙細工 (国立民族学博物館企画展「記憶をつなぐ : 津波災害と文化遺産」関連企画・「復興への道」第二弾 三陸沿岸に生きる),季刊民族学,36巻 4号 (頁 44 ~ 70) ,2012年

    研究論文(学術雑誌),単著

  • 丹羽 朋子,関於中国陝北剪紙的造型及言語的物質性:面対芸術的人類学物質文化研究的新視角(中国陝北の剪紙をめぐる形と言葉のマテリアリティ―芸術に対する人類学的物質文化研究の新たな視角の提言),周星編『中国芸術人類学基礎読本』、学苑出版社(中国) (頁 pp.467 ~ 482) ,2011年

    研究論文(学術雑誌),単著

MISC 【 表示 / 非表示

  • 丹羽 朋子,「窓花」―中国黄土高原に咲く、切り紙の花,西日本文化,466巻 (頁 48 ~ 50) ,2013年12月

    総説・解説(商業誌),単著

  • 丹羽 朋子,中国・黄土高原に咲く剪紙の花 (特集 願いを託すかたち、鋏で伝える心),文化学園文化出版局,季刊銀花160号 (頁 75 ~ 102) ,2009年

    総説・解説(商業誌),単著

芸術・体育系業績 【 表示 / 非表示

  • 「暮らしを寿ぐ切り紙 窓花」展,2016年12月 ~ 2017年01月,無印良品 有楽町 ATELIER MUJI

  • 「窓花/中国の切り紙―黄土高原・暮らしのフィールドワーク」展,2014年02月 ~ 2014年03月,主催:せたがた文化財団、於:生活工房ギャラリー

  • 「窓花/中国の切り紙―黄土高原・暮らしの造形」展,2013年10月 ~ 2014年01月,主催・於:福岡アジア美術館

  • 「立杭の巨人―やさぶろうのやきもの」展,2011年11月,主催:丹波立杭陶磁器協同組合、於:丹波伝統工芸公園 立杭陶の郷

  • 「下中弥三郎―百科事典を作った男」展,2011年11月,篠山市立中央図書館 展示ホール

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 丹羽 朋子,第18回APPA出版賞文学・一般書部門 金賞,2012年12月,その他の賞,APPA(アジア・ 太平洋出版連合)

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 特別研究員奨励費,2008年04月 ~ 2010年03月,グローバル化時代における「現代芸術」実践:芸術人類学の再検討

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 笹川科学研究助成(実践研究部門),2017年04月 ~ 継続中,研究・社会教育・芸術領域の連携による学術映像アーカイブの〈研究=活用〉モデルの開発―「エンサイクロペディア・シネマトグラフィカ」を題材として

    民間財団等

  • 公益財団法人トヨタ財団 研究助成(個人研究),2016年05月 ~ 継続中,ポスト3.11の「日常世界」を映す「セルフドキュメンタリー」の力 -市民の映像実践を通じた、災害経験の共有と「当事者性」の醸成-

    民間財団等

  • (中国)陝西省教育厅専項科研計画項目,2016年01月 ~ 継続中,中日民俗文化与儿童教育的比較研究

    海外

  • 公益信託澁澤民族学振興基金 大学院生等に対する研究活動助成,2012年04月 ~ 2013年03月,東日本大震災・被災地における、女たちによる「生きる場」の創生

    民間財団等

  • 公益財団法人松下幸之助記念財団 研究助成,2011年10月 ~ 2012年09月,中国剪紙の「民間芸術」化―― 農村女性と知識人芸術家の共生的造形実践を介した自己再編のプロセス

    民間財団等

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 「もの」の人類学的研究(2)人間/非人間のダイナミクス,2014年04月 ~ 2017年03月,東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所,国内共同研究

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 国立民族学博物館共同研究会「演じる人・モノ・身体―芸能研究とマテリアリティの人類学の交差点」2016年度第2回研究会,国際会議,2017年01月,国立民族学博物館,窓花から窓花展へ―上演的再現メディアとしての中国剪紙と民族誌展示,口頭(一般)

  • 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所共同研究会「「もの」の人類学的研究(2)人間/非人間のダイナミクス」第8回研究会,国内会議,2016年06月,東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所,窓花と儀礼的紙細工—「化」する世界の「勢」(布置)の顕現,口頭(一般)

  • 2015年度JCAS次世代ワークショップ「学際的コミュニケーションツールとしてのフィールドノート」,国内会議,2016年03月,京都リサーチパーク町家スタジオ ,研究者と現地をつなぐフィールドノート,口頭(一般)

  • 国立民俗学博物館共同研究プロジェクト「映像民族誌のナラティブの革新」第6回研究会、於:国立民俗学博物館,国内会議,2016年02月,映像アーカイブを現代社会にひらく ―「20世紀の映像百科事典エンサイクロペディア・シネマトグラフィカを見る」 連続上映会での実験から,口頭(一般)

  • 日本文化人類学会 若手支援検討ワーキンググループ×関東地区研究懇談会 第一回若手ワークショップ「人類学をヒラく―知をたずさえて世界に出よう」,国内会議,2015年07月,伝染する人類学―異業種交流・共闘的プロジェクトの経験から,その他

全件表示 >>

 
 
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • NPO FENICS,理事

  • 公益財団法人下中記念財団 映像活用委員会,委員