基本情報

写真a

大友 一雄

OTOMO Kazuo


職名

教授

研究分野・キーワード

近世日本における社会構造の研究,近世史料学の研究

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(歴史学),日本史,國學院大學,1998年03月

職務経歴(内部) 【 表示 / 非表示

  • 国文学研究資料館,助手,1990年04月 ~ 1993年03月

  • 国文学研究資料館,助教授,1993年04月 ~ 2002年03月

  • 人間文化研究機構 国文学研究資料館,教授,2002年04月 ~ 継続中

略歴(外部) 【 表示 / 非表示

  • 徳川林政史研究所,研究員,1984年04月 ~ 1990年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 関東近世史研究会

  • 地方史研究協議会

  • 日本歴史学協会

  • 日本アーカイブズ学会,1900年04月 ~ 継続中

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 日本史

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • バチカン図書館所蔵マリオ・マレガ収集文書の保存・公開に関する調査・研究,2013年04月 ~ 2019年03月

    国際共同研究,国際共同研究

  • 民間アーカイブズの保存活用システム構築に関する基礎研究,2013年04月 ~ 2016年03月

    国内共同研究,共同研究

  • 近世地域アーカイブズの構造と特質,2010年04月 ~ 2013年03月

    国内共同研究,共同研究

  • アーカイブズ情報の資源化とネットワークの研究,2004年04月 ~ 2010年03月

    国内共同研究,共同研究

単著 【 表示 / 非表示

  • 大友 一雄 (著), 国文学研究資料館 (編),江戸幕府と情報管理,臨川書店,2003年09月

    単行本(学術書)

  • 大友 一雄,日本近世国家の権威と儀礼,吉川弘文館,1999年12月

    単行本(学術書)

分担執筆 【 表示 / 非表示

  • 国文学研究資料館 編,社会変容と民間アーカイブズ ,勉誠出版,2017年02月

    単行本(学術書),第一章 民間所在の記録史料と戦後の「国立史料館」構想

  • 関東近世史研究会編,関東近世史研究論集3,岩田書院,2012年12月

    単行本(学術書),天保期における老中職公用方役人と情報管理 ―老中日記の作成と収集

  • 小島道裕編,武士と騎士 日欧比較中近世史の研究,思文閣出版,2010年04月

    単行本(学術書),近世武家の年中儀礼と言説

  • 秋篠宮文仁, 西野嘉章 編,鳥学大全,東京大学総合研究博物館,2008年04月

    単行本(学術書),将軍の鷹狩と大名――「御鷹之鳥」をめぐる諸儀礼

  • 国文学研究資料館史料館 編,アーカイブズの科学 (下) ,柏書房,2003年10月

    単行本(学術書),1章 アーカイブズを理解する

全件表示 >>

編著 【 表示 / 非表示

  • 国文学研究資料館編,近世大名のアーカイブズ資源研究 松代藩・真田家をめぐって,思文閣出版,2016年03月

    単行本(学術書),序章 アーカイブズ資源研究の動向と課題 、第9章 幕府老中職文書群に関する基礎的研究―松代藩公用方役人と文書システム

  • 国文学研究資料館編,アーカイブズの構造認識と編成記述,思文閣出版,2014年04月

    単行本(学術書),序論 本書刊行のねらい、転封にみる領知支配と記録 ―編成記述のための歴史学的アプローチの可能性

  • 国文学研究資料館編,(史料目録第99集)信濃国埴科郡松代伊勢町八田家文書目録(その7),国文学研究資料館,2014年03月

    調査報告書

  • 国文学研究資料館編,(史料目録第92集)愛知県下諸家文書目録(その1),国文学研究資料館,2011年03月

    調査報告書

  • 根岸茂夫、大友一雄、佐藤孝之、末岡照啓 編,近世の環境と開発,思文閣出版,2010年12月

    単行本(学術書),江戸時代後期の山林資源と村社会――百姓の稼ぎと入会地利用を中心に――,共編著

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • 大友 一雄,伊豆韮山江川家文書群の構造分析に向けて,多摩のあゆみ,2016年11月

    研究論文(学術雑誌),単著

  • 大友 一雄,日光社参と身分--大名行列の編成をめぐって (特集 近世日光の祭祀と儀礼),国史学,2006年11月

    研究論文(学術雑誌),単著

  • 大友 一雄,近世中期における幕府勤役と情報伝達 ―新役への知識の継承をめぐって―,国文学研究資料館紀要(アーカイブズ研究篇),2006年03月

    研究論文(学術雑誌),単著

  • 大友 一雄,近世の文字社会と身分序列--秋田藩を事例に (特集 日本近世社会史料論の試み),歴史評論,2004年09月

    研究論文(学術雑誌),単著

  • 大友 一雄,幕府奏者番にみる江戸時代の情報管理,史料館研究紀要,2004年03月

    研究論文(学術雑誌),単著

全件表示 >>

MISC 【 表示 / 非表示

  • 大友 一雄,天保期幕府老中職と情報管理,国文研ニューズ33号 ,2013年10月

    速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要),単著

  • 大友 一雄,基幹研究「民間アーカイブズの保存活用システム構築に関する基礎研究」,国文研ニューズ32号 ,2013年08月

    速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要),単著

  • 大友 一雄、筒井 弥生 ,[史料紹介]文部省史料館における公文書館的機能拡充構想関係文書,国文学研究資料館紀要(アーカイブズ研究篇),2013年03月

    総説・解説(大学・研究所紀要),共著

  • 大友 一雄,[研究プロジェクトの紹介]情報資源化とネットワーク,アーカイブズ・ニューズレター1号 ,2004年09月

    その他記事,単著

  • 大友 一雄,二〇〇〇年の歴史学界 : 回顧と展望,史學雜誌,2001年05月

    総説・解説(学術雑誌),共著

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(A),2016年04月 ~ 2021年03月,バチカン図書館所蔵豊後切支丹資料の国際的情報資源化に関する海外学術調査研究

  • 基盤研究(B),2012年04月 ~ 2015年03月,藩政文書の記録管理システムに関する基盤的研究

  • 基盤研究(B),2003年04月 ~ 2006年03月,アーカイブズ情報の集約と公開に関する研究

  • 特定領域研究,2002年04月 ~ 2004年03月,江戸時代における言語情報の発生・伝達・管理技術に関する基礎的研究

  • 基盤研究(C),1997年04月 ~ 2000年03月,近世の国家適祭祀儀礼に関する基礎的研究

研究発表 【 表示 / 非表示

  • バチカン図書館所蔵切支丹関係文書群の魅力を探る‐マレガ・プロジェクト研究報告‐,国際会議,2017年07月,国文学研究資料館,プロジェクトの進捗とその可能性,口頭(基調)

  • 第30回人文機構シンポジウム 海の向こうの日本文化 ‐その価値と活用を考える-,国際会議,2017年06月,九州大学西新プラザ,バチカン図書館所蔵マリオ・マレガ収集文書調査研究・保存・活用,シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • マレガプロジェクト・ワークショップ1「バチカン図書館 所蔵マレガ文書 の保存と修復 ̶技術の交流と創発̶」,国際会議,2016年10月,バチカン図書館情報学々校,趣旨説明,シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • 「マレガ・プロジェクト」シンポジウムin臼杵,国際会議,2014年11月,臼杵市民会館,趣旨説明,その他

  • 韓国古文書学会 国際学術会議,国際会議,2013年12月,ソウル大学校奎章閣(韓国),「徳川実紀」と将軍の歴史記録,シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

全件表示 >>

 
 
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本歴史学協会,常任委員

  • 日本アーカイブズ学会,会長

機構外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 印旛郡市地域史料保存利用連絡協議会10周年記念講演「地域史料の整理と保存」 

  • 平成24年度神奈川県歴史資料取扱機関連絡協議会第2回講演会「いま、民間所在資料の価値と保存を考える」

  • 『野田市史』編さん委員会(調査研究員)

  • 栄町史編さん委員会委員

  • 立川市史編さん委員会委員

全件表示 >>