基本情報

写真a

渡辺 浩一

WATANABE Koichi


職名

教授

研究分野・キーワード

近世都市の社会構造、アーカイブズ史

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士 (文学),日本史,東北大学,1997年11月

職務経歴(内部) 【 表示 / 非表示

  • 国文学研究資料館,助手,1991年04月 ~ 1998年03月

  • 人間文化研究機構 国文学研究資料館,助教授,1998年04月 ~ 2008年03月

  • 人間文化研究機構 国文学研究資料館,教授,2008年04月 ~ 継続中

略歴(外部) 【 表示 / 非表示

  • 東北大学 文学部,助手,1987年04月 ~ 1991年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 都市史研究会

  • 宮城歴史科学研究会

  • 東京歴史科学研究会

  • 日本史研究会

  • 比較都市史研究会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 日本史

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 人命環境アーカイブズの過去・現在・未来に関する双方向的研究,2016年04月 ~ 2022年03月

    人間文化研究機構広領域連携型基幹研究プロジェクト 「日本列島における地域社会変貌・災害からの地域文化の再構築」,未設定,その他の研究制度

  • アーカイブズと地域持続に関する研究,2016年04月 ~ 2019年03月

    国文学研究資料館基幹研究,国内共同研究,共同研究

  • 9-19世紀文書資料の多元的複眼的比較研究,2010年04月 ~ 2015年03月

    人間文化研究機構連携研究,国際共同研究,共同研究

  • 東アジアを中心としたアーカイブズ資源研究 ,2004年04月 ~ 2010年03月

    国文学研究資料館プロジェクト研究,未設定,(選択しない)

単著 【 表示 / 非表示

  • 渡辺 浩一,日本近世都市の文書と記憶,勉誠出版,2014年10月

    単行本(学術書)

  • 渡辺 浩一,仙台城下の武家屋敷(国宝大崎八幡宮仙台・江戸学叢書, 22),大崎八幡宮仙台・江戸学実行委員会,2010年11月

    単行本(学術書)

  • 渡辺 浩一,まちの記憶―播州三木町の歴史叙述,清文堂,2004年07月

    単行本(学術書)

  • 渡辺 浩一,近世日本の都市と民衆‐住民結合と序列意識‐,吉川弘文館,1999年01月

    単行本(学術書)

分担執筆 【 表示 / 非表示

  • 渡辺 浩一,社会変容と民間アーカイブズ,勉誠出版,2017年02月

    単行本(学術書), 「地方消滅」論と民間アーカイブズ

  • 国文学研究資料館編,近世大名のアーカイブズ資源研究 松代藩・真田家をめぐって,思文閣出版,2016年03月

    単行本(学術書),第6章 松代城下町町人地の行政情報蓄積様式にみる家と組織

  • 国文学研究資料館編,アーカイブズの構造認識と編成記述,思文閣出版,2014年04月

    単行本(学術書),日本近世・近代在地記録史料群の階層構造分析方法について

  • 若尾 政希, 菊池 勇夫 編,覚醒する地域意識 (〈江戸〉の人と身分 5) ,吉川弘文館,2010年09月

    単行本(学術書),地域の記憶と装置

  • 国文学研究資料館史料館 編,アーカイブズの科学 (上) ,柏書房,2003年10月

    単行本(学術書),文書と記憶の比較史――播州三木とイングランド・グレイトヤーマス、アーカイブズと歴史学

全件表示 >>

編著 【 表示 / 非表示

  • 渡辺浩一, ヴァネッサ・ハーディング ,自己語りと記憶の比較都市史, 勉誠出版,2015年11月

    単行本(学術書),共編著

  • 国文学研究資料館編,(史料目録第100集)尾張国名古屋元材木町犬山屋神戸家文書目録(その5・完),国文学研究資料館,2015年03月

    調査報告書

  • 渡辺 浩一ほか 編集,契約と紛争の比較史料学: 中近世における社会秩序と文書,吉川弘文館,2014年11月

    単行本(学術書),共編著

  • 国文学研究資料館編,(史料目録第93集)尾張国名古屋元材木町犬山屋神戸家文書目録(その4),国文学研究資料館,2011年03月

    調査報告書

  • 国文学研究資料館(アーカイブズ系)編,中近世アーカイブズの多国間比較,岩田書院,2009年03月

    単行本(学術書),序、日本近世の首都行政における蓄積情報の身分間分有と利用、日本近世都市における法令の伝達   ―掲げる・写す・印刷する―,単著

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • 渡辺 浩一,災害復興をめぐる近世都市政策と地域社会 : 寛政期における江戸深川洲崎の高潮被害,歴史評論,2016年09月

    研究論文(学術雑誌),単著

  • 渡辺 浩一,災害対応と文書行政 : 江戸における二つの大水害から (特集 災害と都市の比較史),歴史評論,2013年08月

    研究論文(学術雑誌),単著

  • 渡辺 浩一,江戸橋広小路の明地高札と都市社会,日本歴史,2013年04月

    研究論文(学術雑誌),単著

  • 渡辺 浩一,水害記録と対策マニュアルの形成―江戸を事例として―,国文学研究資料館紀要(アーカイブズ研究篇),2013年03月

    研究論文(大学,研究機関紀要),単著

  • 渡辺 浩一,江戸の高札--三類型と維持・管理,歴史,2010年09月

    研究論文(学術雑誌),単著

全件表示 >>

MISC 【 表示 / 非表示

  • 渡辺 浩一,日英比較出版事情―人間文化研究機構連携研究の成果から―,国文研ニューズ43号 ,2016年05月

    速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要),単著

  • 渡辺 浩一,書評 登谷伸宏著『近世の公家社会と京都 : 集住のかたちと都市社会』,建築史学,2016年03月

    書評,文献紹介等,単著

  • 渡辺 浩一,近世・近代における文書行政 : その比較史的研究 小名康之編,アーカイブズ学研究 ,2014年05月

    書評,文献紹介等,単著

  • 渡辺 浩一,復興とは何か-江戸時代の災害から考える,国文研ニューズ35号 ,2014年05月

    速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要),単著

  • 渡辺 浩一,書評と紹介 吉田伸之著『伝統都市・江戸』,日本歴史 ,2013年10月

    書評,文献紹介等,単著

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(A),2004年04月 ~ 2008年03月,歴史的アーカイブズの多国間比較に関する研究

  • 奨励研究,1995年04月 ~ 1996年03月,近世都市における町共同体の比較史的研究

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 【地域文化の再構築】シンポジウム「松代藩真田家の歴史とアーカイブズⅡ」,国内会議,2017年02月,江戸時代の災害と松代藩,シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • 人間文化研究機構広領域型基幹研究 「人命環境アーカイブズの過去・現在・未来に関する双方向的研究」対比班 プレ国際シンポジウム「近世巨大都市災害研究の現状と課題 ―ロンドン・イスタンブル・北京・江戸―」,国際会議,2016年02月,江戸災害史研究の現状と課題,口頭(基調)

  • 国際シンポジウム「近世都市における個人と集団の記憶」,国際会議,2014年09月,近世日本地方都市の記憶にみる自己・家・社会集団,口頭(一般)

  • 国文研フォーラム(第24回),国内会議,2013年11月,国文学研究資料館,高潮被災地のクリアランス―江戸深川洲崎―」,公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 比較都市史研究会第415回例会,国内会議,2011年06月,水害常襲都市江戸の文書行政 : 1742(寛保2)年から1786(天明6)年へ,口頭(一般)

全件表示 >>

 
 
 

機構外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 『仙台市史』通史編4近世2「武家屋敷と武士、町と町人、寺社と門前」

  • 『仙台市史』通史編5近世3「町方社会の変化」