基本情報

写真a

寺島 恒世

TERASHIMA Tsuneyo


職名

教授

研究分野・キーワード

和歌文学の研究

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(文学),日本文学,筑波大学,2012年07月

職務経歴(内部) 【 表示 / 非表示

  • 人間文化研究機構 国文学研究資料館,教授,2008年04月 ~ 継続中

略歴(外部) 【 表示 / 非表示

  • 筑波大学 研究協力部,職員(技術系),1980年 ~ 1981年

  • 筑波大学 文芸・言語学系,助手,1981年

  • 山形大学 教育学部,講師,1981年 ~ 1984年

  • 山形大学 教育学部,助教授,1984年 ~ 1995年

  • 山形大学 教育学部,教授,1995年 ~ 2002年

全件表示 >>

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 中古文学会

  • 中世文学会

  • 和歌文学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 日本文学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 日本語の歴史的典籍データベースの検索に関する総合的研究,2016年04月 ~ 2018年03月

    国文学研究資料館基幹研究,国内共同研究,共同研究

  • 日本古典文学における〈中央〉と〈地方〉,2013年04月 ~ 2016年03月

    国文学研究資料館基幹研究,国内共同研究,共同研究

  • 学芸書としての中世類題集の研究 -『夫木和歌抄』を中心に-,2004年04月 ~ 2010年03月

    国内共同研究,共同研究

単著 【 表示 / 非表示

  • 寺島 恒世,後鳥羽院和歌論,笠間書院,2015年02月

    単行本(学術書)

  • 寺島 恒世,後鳥羽院御集 (和歌文学大系) ,明治書院,1997年07月

    単行本(学術書)

分担執筆 【 表示 / 非表示

  • 国文学研究資料館編,絵が物語る日本―ニューヨーク スペンサー・コレクションを訪ねて,勉誠出版,2014年04月

    単行本(学術書),変容する三十六歌仙絵─藤房本の特異性─

  • 錦仁 編,中世詩歌の本質と連関(中世文学と隣接諸学6),竹林舎 ,2012年04月

    単行本(学術書),和歌を詠む天皇─勅撰集における役割─

  • 鈴木 健一 (編集),江戸の「知」―近世注釈の世界 ,森話社,2010年10月

    単行本(学術書),中世―思想の探求 気韻の和歌―新古今注『尾張廼家苞』の要諦

  • 久保木 哲夫 (編集),古筆と和歌 (笠間叢書) ,笠間書院,2008年02月

    単行本(学術書),配所で詠む歌―『土御門院御集』が目指すもの

  • 浅田 徹、藤平 泉 編,古今集新古今集の方法―和歌文学会論集 ,笠間書院,2004年10月

    単行本(学術書),後鳥羽院における新古今和歌集―隠岐本とは何か

全件表示 >>

編著 【 表示 / 非表示

  • 寺島 恒世, 松本 真奈美 編,歌ことばの泉―天体・気象・地理・動植物 ,おうふう ,2000年10月

    単行本(学術書),共編著

論文 【 表示 / 非表示

  • 寺島 恒世,歌仙絵における文字表記 : 〈左右〉の意識と左書きの来歴 (特集 中世の表記と文体),日本文学 ,2014年07月

    研究論文(学術雑誌),単著

  • 寺島 恒世,新古今時代の源氏物語受容,国語と国文学,2011年04月

    研究論文(学術雑誌),単著

  • 寺島 恒世,『新古今和歌集』の〈終わり〉かた--和歌と仏教 (特集 〈終わり〉を読む--古典文学篇) -- (〈終わり〉を読む),国文学 : 解釈と鑑賞,2010年03月

    研究論文(学術雑誌),単著

  • 寺島 恒世,『遠島百首』の諸本と成立,国語と国文学,2010年02月

    研究論文(学術雑誌),単著

  • 寺島恒世,読む 熊野懐紙の本文,日本文学,第59巻巻 第8号号 (頁 68 ~ 73) ,2010年

    研究論文(学術雑誌),単著

全件表示 >>

MISC 【 表示 / 非表示

  • 寺島 恒世,シンポジウム報告:文芸・宗教における九州――〈中央〉と〈地方〉の関わりから―― ,国文学研究資料館調査研究報告,2016年03月

    会議報告等,単著

  • 寺島 恒世,和歌における風,人と自然,2014年11月

    総説・解説(大学・研究所紀要),単著

  • 寺島 恒世,(研究報告)稿本系『八雲御抄』の本文について ――筑波大学附属図書館蔵本巻六「用意部」翻刻――,国文学研究資料館調査研究報告,2014年03月

    総説・解説(大学・研究所紀要),単著

  • 寺島 恒世,(研究報告)国文学研究資料館蔵「新古今和歌集撰歌草稿」について,国文学研究資料館調査研究報告,2013年03月

    総説・解説(大学・研究所紀要),単著

  • 寺島 恒世,基幹研究「日本古典文学における〈中央〉と〈地方〉」,国文研ニューズ28号 ,2012年08月

    速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要),単著

全件表示 >>

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • 古今歌ことば辞典 (新潮選書) ,1998年11月

    その他

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2016年04月 ~ 2020年03月,歌と絵と書の融合芸術としての歌仙絵作品の成立及び展開に関する抜本的総合研究

  • 基盤研究(C),2011年04月 ~ 2015年03月,歌仙絵の資料調査とその成立及び流布に関する総合的研究

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 第14回EAJS国際研究集会,国際会議,2014年08月,リュブリャナ大学(スロベニア),歌仙絵の変貌と継承,口頭(一般)

  • 国際シンポジウム「日本の視覚文化-芸能 ・メディア・テクスト-」,国際会議,2011年09月,コロンビア大学,歌人の絵姿-歌仙絵の成立と展開-,口頭(基調)

  • コレージュ・ド・フランス日本学高等研究所創立50周年記念シンポジウム,国際会議,2009年09月,資料の伝来と本文の生成―『遠島百首』の変容―,シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • 和歌文学会例会,国内会議,2008年11月,『遠島百首』再論,口頭(一般)

  • 和歌文学会特別例会,国内会議,2005年06月,『隠岐本新古今集』の削除歌―基準の認定について―,口頭(一般)

 
 
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 和歌文学会,常任委員

  • 中世文学会,委員

  • 文部科学省教科用図書検定調査審議会,委員

機構外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 平成20年度第2回日本文学研究専攻特別講義「新古今集を読むということ : 江戸後期の注釈から」

  • (時の人インタビュー)本質的な悩みを扱う――それが文学。

  • 平成22年度国文学研究資料館サテライト講座(和歌文学への招待)「新古今時代の和歌」

  • 流通経済大学・松戸市公民館連携講座「和歌の世界に遊ぶ」

  • FMたちかわ番組「百人一首たまてばこ」(2013年4月)

全件表示 >>