基本情報

写真a

加藤 聖文

KATO Kiyofumi


職名

准教授

生年

1966年

研究室住所

東京都立川市緑町10-3

研究分野・キーワード

日本近現代史、歴史記録学、東アジア国際関係史

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

050-5533-2963

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 早稲田大学  社会科学部  社会科学科

    大学,1991年,卒業

  • 早稲田大学  文学研究科  史学(日本史)

    大学,2001年,卒業

  • Waseda University  

    大学,2001年,卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 早稲田大学  文学研究科  史学(日本史)専攻

    博士課程,2001年03月,単位取得満期退学

職務経歴(内部) 【 表示 / 非表示

  • 人間文化研究機構 国文学研究資料館,助手,2002年04月 ~ 2007年05月

  • 人間文化研究機構 国文学研究資料館,助教,2007年06月 ~ 2015年03月

  • 人間文化研究機構 国文学研究資料館,准教授,2015年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • Japanese Association of Modern East Asian History

  • 日本国際政治学会

  • 日本アーカイブズ学会

  • 東アジア近代史学会

  • 日本植民地研究会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 国際関係論

  • 政治学

  • 日本史

  • アジア史・アフリカ史

  • 史学一般

全件表示 >>

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 地域社会還元型の公文書活用システム構築に関する学際的研究,2016年04月 ~ 2020年03月

    未設定,その他の研究制度

  • 第二次世界大戦期における中立国外交文書のアーカイブズ学的研究,2014年 ~ 2016年

    未設定,その他の研究制度

  • ソ連軍接収関東軍文書に関する日露共同研究,2014年 ~ 2016年

    未設定,その他の研究制度

  • 国際コンソーシアムによる「原爆放射線被害デジタルアーカイブズ」の構築に関する研究,2013年 ~ 2016年

    未設定,その他の研究制度

  • 第二次大戦の終結による日本帝国解体過程の基盤的研究,2009年 ~ 2011年

    未設定,その他の研究制度

全件表示 >>

単著 【 表示 / 非表示

  • 加藤 聖文,満蒙開拓団――虚妄の「日満一体」 (岩波現代全書),岩波書店,2017年03月

    単行本(学術書)

  • 加藤聖文,대일본제국 붕괴: 1945년 일본의 패망과 동아시아(『「大日本帝国」崩壊』韓国語版),바오,2010年08月

    単行本(学術書)

  • 加藤 聖文,「大日本帝国」崩壊―東アジアの1945年 (中公新書),中央公論新社,2009年07月

    単行本(学術書)

  • 加藤 聖文,満鉄全史 「国策会社」の全貌 (講談社選書メチエ),講談社,2006年11月

    単行本(学術書)

  • 加藤 聖文,海外引揚問題と戦後日本人の東アジア観形成に関する基盤的研究,加藤聖文,2006年

    その他,その他

全件表示 >>

分担執筆 【 表示 / 非表示

  • Barak Kushner and Sherzod Muminov,THE DISMANTLING OF JAPAN'S EMPIRE IN EAST ASIA Deimperialization, postwar legitimation and imperial afterlife,Routledge,2017年03月

    単行本(学術書),pp.15-29:The decline of the Japanese empire and the transformation of the regional order in East Asia

  • 国文学研究資料館,社会変容と民間アーカイブズ:地域の持続へ向けて,勉誠出版,2017年03月

    単行本(学術書),pp.80-94:公共記録としての民間文書-地域共同体再生論

  • 国文学研究資料館,社会変容と民間アーカイブズ:地域の持続へ向けて,勉誠出版,2017年02月

    単行本(学術書),pp.80-94:公共記録としての民間文書-地域共同体再生論

  • Barak Kushner and Sherzod Muminov,The Dismantling of Japan's Empire in East Asia: Deimperialization, Postwar Legitimation and Imperial Afterlife (Routledge Studies in the Modern History of Asia),Routledge,2016年12月

    単行本(学術書),pp.15-29:The decline of the Japanese empire and the transformation of the regional order in East Asia

  • 五百旗頭真・下斗米伸夫・A.V.トルクノフ・D.V.ストレリツォフ,日ロ関係史: パラレル・ヒストリーの挑戦,東京大学出版会,2015年10月

    その他,pp.314-332:ソ連の満洲進攻と日本人引揚

全件表示 >>

編著 【 表示 / 非表示

  • 加藤 聖文,挑戦する満洲研究―地域・民族・時間,東方書店,2015年12月

    その他,pp.15-35:歴史としての満洲体験ー記憶から記憶へ,共編著

  • 加藤 聖文,植民地帝国人物叢書 満洲編(全25巻),ゆまに書房,2012年10月

    単行本(学術書)

  • 国文学研究資料館調査収集事業部,近現代文書目録 その1,国文学研究資料館,2012年03月

    調査報告書

  • 北田 滝, 森野 達弥, 加藤 聖文,シベリアからの手紙 : 戦後強制抑留,平和祈念展示資料館,2012年

    その他,監修書

  • 北田 滝, 森野 達弥, 加藤 聖文,シベリアからの手紙 : 戦後強制抑留,平和祈念展示資料館,2012年

    その他,監修書

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • 加藤 聖文,満洲移民の歴史と個人情報の壁 : 開拓団実態調査表をめぐる問題 (満洲特集),信濃 [第3次],67巻 11号 (頁 873 ~ 880) ,2015年11月

    研究論文(学術雑誌),単著

  • 加藤 聖文,市民社会における「個人情報」保護のあり方ー公開の理念とアーキビストの役割,国文学研究資料館紀要 アーカイブズ研究篇11号 (頁 1 ~ 14) ,2015年03月

    研究論文(大学,研究機関紀要),単著

  • 加藤 聖文,満洲移民をめぐる資料の現状と研究の可能性,信濃,66巻 2号 (頁 81 ~ 92) ,2014年02月

    研究論文(学術雑誌),単著

  • 加藤 聖文,歴史記録としての戦争体験--口述記録の証拠性と公開性をめぐって (特集 戦争と平和のアーカイブズ),歴史評論739号 (頁 36 ~ 49) ,2011年11月

    研究論文(学術雑誌),単著

  • 加藤 聖文,満州移民計画の形成と「国策化」 (特集 1929年世界恐慌と日本社会),歴史評論719号 (頁 48 ~ 61) ,2010年03月

    研究論文(学術雑誌),単著

全件表示 >>

MISC 【 表示 / 非表示

  • 加藤 聖文,公文書管理制度の新しい可能性 : 市民の行政参加と地域再生 (特集 自治体の公文書管理を考える),自治体研究社,住民と自治 = Jumin to jichi monthly642号 (頁 6 ~ 11) ,2016年10月

    その他記事,単著

  • 加藤 聖文,公文書管理制度の新しい可能性-市民の行政参加と地域再生,住民と自治642号 (頁 6 ~ 11) ,2016年10月

    総説・解説(商業誌),単著

  • 加藤 聖文,「戦争と広告」-国民国家の宿命,本の旅人,22巻 3号 (頁 66 ~ 67) ,2016年02月

    書評,文献紹介等,単著

  • 加藤 聖文,個人情報保護法と歴史研究,日本歴史812号 (頁 99 ~ 101) ,2016年01月

    速報,短報,研究ノート等(学術雑誌),単著

  • 加藤 聖文,歴史手帖 個人情報保護法と歴史研究,吉川弘文館,日本歴史812号 (頁 99 ~ 101) ,2016年01月

    その他記事,単著

全件表示 >>

作品 【 表示 / 非表示

  • 釜石市役所における被災公文書の救済と公文書管理システム構築,2011年04月

    その他

  • アジア経済研究所所蔵「山﨑元幹文書」の目録作成と翻刻,2008年

    その他

  • 山﨑元幹文書(個人蔵)の整理と目録作成,2008年

    その他

  • 国際善隣協会所蔵「満洲国史編纂資料」の整理と目録作成,2008年

    その他

  • 海外引揚者を対象とした口述記録収集,2003年

    その他

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • 釜石市役所における被災公文書の救済と公文書管理システム構築,2011年04月

    その他

  • アジア経済研究所所蔵「山﨑元幹文書」の目録作成と翻刻,2008年

    その他

  • 山﨑元幹文書(個人蔵)の整理と目録作成,2008年

    その他

  • 国際善隣協会所蔵「満洲国史編纂資料」の整理と目録作成,2008年

    その他

  • 海外引揚者を対象とした口述記録収集,2003年

    その他

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 宮城大蔵,加藤聖文,楠綾子,井上正也,若月秀和,佐藤晋,大庭三枝,国際研究開発大来賞,2017年02月,出版社・新聞社・財団等の賞,一般財団法人国際開発機構

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(B),2014年04月 ~ 2017年03月,ソ連軍接収関東軍文書に関する日露共同研究

  • 挑戦的萌芽研究,2014年04月 ~ 2017年03月,第二次世界大戦期における中立国外交文書のアーカイブズ学的研究

  • 若手研究(S),2009年05月 ~ 2014年03月,海外引揚問題と戦後東アジアの地域変動に関する国際的総合研究

  • 若手研究(A),2003年04月 ~ 2006年03月,海外引揚問題と戦後日本人の東アジア観形成に関する基盤的研究

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 科学研究費補助金(基盤研究(A)),2016年04月 ~ 2020年03月,地域社会還元型の公文書活用システム構築に関する学際的研究

    文部科学省

  • 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究),2014年 ~ 2016年,第二次世界大戦期における中立国外交文書のアーカイブズ学的研究

    文部科学省

  • 科学研究費補助金(基盤研究(B)),2014年 ~ 2016年,ソ連軍接収関東軍文書に関する日露共同研究

    文部科学省

  • 科学研究費補助金(基盤研究(A)),2013年 ~ 2016年,国際コンソーシアムによる「原爆放射線被害デジタルアーカイブズ」の構築に関する研究

    文部科学省

  • 科学研究費補助金(若手研究(S)),2009年 ~ 2011年,海外引揚問題と戦後東アジアの地域変動に関する国際的総合研究

    研究開始年度にあたる2009年度は、次年度以降の体制整備とこれまでに所在が確認できている資料の調査と収集に重点を置くと同時に、次年度以降に本格化させるロシア調査の準備に取りかかった。本計画の中核となる資料調査では、国内外で積極的な調査収集を行った。まず国外調査は、米国のハーバード大学燕京図書館において在韓米軍政庁スタッフの個人文書の調査収集、コロンビア大学図書館では熊式輝文書(国民政府東北行営政治委員)の収集を行った。これらの収集は次年度以降も継続する予定である。さらに、米国立公文書館において中国戦区からの日本人引揚計画に関する資料の収集を行った。また、韓国鬱陵島での予備調査を行い、次年度において解放前後に面長であった個人宅において資料調査を行う計画を立てた。この他、クリミア半島(ウクライナ)調査では、ヤルタ会談およびクリミア・タタール人強制移住に関する資料の収集を行った。国内調査は、福岡県内において継続調査中の山崎元幹(満鉄総裁)の留用時代を含めた日記など個人文書の目録作成と収集を行った(次年度継続)。また、兵庫県内において日本人救済総会会長であった高碕達之助文書の撮影を行った。その他、都内の国際善隣協会において『満洲国史』編纂資料の目録作成を行い(ほぼ完成)、次年度からマイクロフィルムによる撮影に取りかかることになった。また、山口重次文書(満洲国協和会)・熊沢保文書(俘虜...

    文部科学省

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 地方再生に向けた公文書管理,国内会議,2017年05月,岩手県釜石市,公文書を活用して地方再生を図るために,公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 和解への道:日中戦争の再検討,国際会議,2016年12月,東京,大戦末期における関東軍と満洲国軍-鉄石部隊の関外派兵,口頭(一般)

  • 再认识与再评价:二战中的中国与亚洲民族独立运动,国際会議,2016年12月,Beijing,满洲国与蒙古独立:“五族协和”理念的矛盾,口頭(一般)

  • 日本記者クラブ,国内会議,2016年09月,東京,海外引き揚げ70周年―体験の継承,メディア報道等

  • 「中日戰爭衝擊下的亞洲」學術研討會(台湾中央研究院),国際会議,2015年12月,台北,国共内戦下の戦後日中提携-支那派遣軍と国民政府,口頭(一般)

全件表示 >>

 
 
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 東アジア近代史学会,常任理事

  • 日本アーカイブズ学会,事務局長

  • 日本国際政治学会,日本外交史分科会責任者

機構外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 届かなかった手紙~関東軍は何を検閲していたのか

  • 個人情報保護で資料閲覧に壁 近現代史研究に暗雲

  • 神山:行政文書の保管評価

  • 満蒙開拓団はこうして送られた~眠っていた関東軍将校の資料

  • 次代に伝える満州引き揚げ

全件表示 >>