基本情報

写真a

久留島 浩

KURUSHIMA Hiroshi


職名

館長

研究分野・キーワード

日本近世史

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(文学),-,東京大学

職務経歴(内部) 【 表示 / 非表示

  • 国立歴史民俗博物館 歴史研究部,助教授,1998年04月 ~ 2003年03月

  • 国立歴史民俗博物館 歴史研究部,教授,2003年04月 ~ 2004年03月

  • 人間文化研究機構 国立歴史民俗博物館 研究部,教授,2004年04月 ~ 2006年03月

  • 人間文化研究機構 国立歴史民俗博物館,歴史資料センター長併任,2006年04月 ~ 2007年03月

  • 人間文化研究機構 国立歴史民俗博物館,博物館資源センター長併任,2007年04月 ~ 2009年03月

全件表示 >>

略歴(外部) 【 表示 / 非表示

  • 東京大学 文学部,助手,1983年 ~ 1985年

  • 千葉大学 教育学部,講師,1985年 ~ 1987年

  • 千葉大学 教育学部,助教授,1987年 ~ 1998年

  • 総合研究大学院大学 文化科学研究科,日本歴史研究専攻助教授併任,1999年 ~ 2003年

  • 総合研究大学院大学 文化科学研究科,日本歴史研究専攻教授併任,2003年 ~ 2004年

全件表示 >>

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 史学会

  • 日本史研究会

  • 地方史研究会

  • 歴史学研究会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 美術史

  • 美学・芸術諸学

  • 経済史

  • 日本史

  • 史学一般

全件表示 >>

 

単著 【 表示 / 非表示

  • 久留島 浩,〈総合資料学〉の挑戦,吉川弘文館,2017年02月

    単行本(学術書)

  • 久留島浩,近世幕領の行政と組合村,東京大学出版会,2002年08月

    単行本(学術書)

分担執筆 【 表示 / 非表示

  • 久留島 浩,歴史系博物館の可能性-地域の歴史と向き合う・真摯に歴史と向き合う,博物館と文化財の危機

    37-72,株式会社人文書院,2020年02月,単行本(学術書)

  • 久留島 浩,館長挨拶,シーボルト・コレクションから考える

    国立歴史民俗博物館,2018年03月,単行本(学術書)

  • 久留島 浩,韓・中・日 書体特別展』開会にあたって,ハングル博物館 展示図録

    ハングル博物館,2017年09月,単行本(一般書)

  • 久留島浩・須田努・趙景達,薩摩・朝鮮陶工村の四百年

    岩波書店,2014年07月,その他

共著・編著 【 表示 / 非表示

  • 国立歴史民俗博物館,戦争をめぐるパブリックヒストリー-ドイツ・日本 歴史博物館の対話ー,国立歴史民俗博物館,2017年03月

    その他

  • 国立歴史民俗博物館 編,〈総合資料学〉の挑戦,吉川弘文館,2017年02月

    その他

  • 国立歴史民俗博物館,展示図録「よみがえれ! シーボルトの日本博物館」,青幻舎,2016年07月

    その他

  • 久留島浩,【展示図録】行列にみる近世─武士と異国と祭礼と─,国立歴史民俗博物館,2012年10月

    その他

  • 久留島浩・吉田伸之,近世の社会集団,山川出版社,1995年11月

    その他

論文 【 表示 / 非表示

  • 久留島 浩,シンポジウムの成果と課題,人間文化研究機構主催 ボーフム・ルール大学共催 国際シンポジウム報告書『シーボルトが紹介したかった日本 ─欧米における日本関連コレクションを使った日本研究・日本展示を進めるために─』 (頁 197 ~ 202) ,2015年03月

    論文(学術雑誌),共著

  • 久留島 浩,百姓一揆と都市騒擾,岩波講座 日本歴史,13巻 (頁 209 ~ 250) ,2015年03月

    論文(学術雑誌),共著

  • 久留島 浩,百姓と村の変質,岩波講座 日本通史,15巻 (頁 69 ~ 110) ,1995年05月

    論文(学術雑誌),共著

MISC 【 表示 / 非表示

  • 久留島 浩,たかが歴史されど歴史 江戸の高札から明治の「五榜の掲示」へ,国立歴史民俗博物館,REKIHAKU2号 (頁 60 ~ 61) ,2021年02月

    新聞・雑誌等での執筆(IR),単著

  • 久留島 浩,遺跡を尋ねて 《第Ⅳ期》第四回 〈出島と長崎奉行所跡〉長崎の遺跡歩き,一般社団法人 学士会,學士會会報943号 (頁 80 ~ 90) ,2020年07月

    新聞・雑誌等での執筆(IR),単著

  • 久留島 浩,2019年度大会部会報告コメント 尾﨑真理「近世中後期における幕府の代官配置原則」について,大阪歴史学会,大阪歴史学会 会誌「ヒストリア」278号 (頁 76 ~ 92) ,2020年02月

    会議報告等,単著

  • 久留島 浩,研究例会報告「歴史から何が学べるか? 江戸時代との対話」,株式会社行人社,地球システム・倫理学会会報14号 (頁 60 ~ 69) ,2019年10月

    講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他),単著

  • 久留島 浩,豊かな長崎の歴史と文化を未来世代に伝えるために,株式会社長崎文献社,長崎の岬-日本と世界はここで交わった 2019.6.2 シンポジウム「長崎県庁跡地を考える」報告書 (頁 80 ~ 103) ,2019年10月

    講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他),単著

全件表示 >>

口頭発表 【 表示 / 非表示

  • 久留島 浩,ディスカッション(コメント),関東近世史研究会シンポジウム「旗本研究のこれまでとこれから―埼玉から旗本を考える―」,オンライン,2021年02月,国内会議,シンポジウム・研究ワークショップ パネル(指名)

  • 久留島 浩,国立民俗博物館で学ぼう! 屏風でめぐる「江戸」バーチャルツアー,久留島特任教授・鈴木教授とめぐる博物館オンライン体験ツアー ~屏風でめぐる 「江戸」バーチャルツアー~,オンライン,2021年02月,国内会議,公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 久留島 浩,地域の歴史資料をのこすために―自治体史編さんの経験から,地域史研究講座2021 第1回 学術野営2020in奥州市スピンオフ(市民向け成果報告会),オンライン、えさし郷土文化館,2021年01月,国内会議,口頭(基調)

  • 久留島 浩,下総の村から幕末維新期の社会状況を考える―稲干場をめぐる村方騒動を事例として―,令和2年度千葉市史研究講座,千葉市生涯学習センター2階ホール,2020年10月,国内会議,口頭(招待・特別)

  • 久留島 浩,歴博を100倍楽しむ方法―「歴史」と対話する楽しさ―,自民党勉強会「火曜会」,自民党本部 7階 701号室,2020年06月,国内会議,口頭(招待・特別)

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(B),2014年 ~ 2017年,儒教的民本主義と国民国家建設─東アジアの政治文化史的比較

  • 基盤研究(C),2012年 ~ 2014年,19世紀蝦夷地における和人・アイヌの接触・交流に関する研究─北海道有珠郡の歴史─

  • 基盤研究(S),2009年 ~ 2013年,大規模自然災害時の史料保全論を基礎とした地域歴史資料学の構築

 
 
 

機構外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 江戸東京博物館運営委員会委員

  • 港区立新郷土資料館等複合施設基本設計事業者選考委員会委員

  • 日本銀行幣博物館諮問委員

  • 日本郵便「日本の城シリーズ切手第4集」の監修者

  • 八千代市立郷土博物館協議会委員

全件表示 >>