基本情報

写真a

荒木 和憲

ARAKI Kazunori


職名

准教授

研究室住所

千葉県佐倉市城内町117

研究分野・キーワード

日本中世史、日朝交流史、東アジア交流史

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 九州大学  文学部  史学科国史学専攻

    大学,2001年03月,卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 九州大学  大学院人文科学府  歴史空間論専攻 日本史学専修

    修士課程,2003年04月,修了

  • 九州大学  大学院人文科学府  歴史空間論専攻 日本史学専修

    博士課程,2006年03月,修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(文学),-,九州大学,2006年03月

職務経歴(内部) 【 表示 / 非表示

  • 人間文化研究機構 国立歴史民俗博物館 研究部,准教授,2015年07月 ~ 継続中

略歴(外部) 【 表示 / 非表示

  • 日本学術振興会,特別研究員(DC2),2005年04月 ~ 2006年03月

  • 日本学術振興会,特別研究員(PD・学位取得につき資格変更),2006年04月 ~ 2007年03月

  • 日本学術振興会,特別研究員(PD・再採用),2007年04月 ~ 2008年03月

  • 独立行政法人国立文化財機構 九州国立博物館 学芸部文化財課,研究員,2008年04月 ~ 2009年03月

  • 文化庁 文化財部美術学芸課歴史資料部門,文部科学技官,2009年04月 ~ 2012年03月

全件表示 >>

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 史学会

  • 九州史学研究会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 日本史

 

単著 【 表示 / 非表示

  • 荒木 和憲,対馬宗氏の中世史,吉川弘文館,2017年03月

    単行本(一般書)

  • 荒木 和憲,中世対馬宗氏領国と朝鮮,山川出版社,2007年10月

    単行本(学術書)

分担執筆 【 表示 / 非表示

  • 荒木 和憲,己酉約条の締結・施行過程と対馬の「藩営」貿易,壬辰倭乱から朝鮮通信使の道へ

    韓国・景仁文化社,2019年03月,単行本(学術書)

  • 荒木 和憲,解説(7項目),琉球船と首里・那覇を描いた絵画史料研究

    思文閣出版,2019年02月,単行本(学術書)

  • 荒木 和憲,進貢船の意匠と航海信仰,琉球船と首里・那覇を描いた絵画史料研究

    思文閣出版,2019年02月,単行本(学術書)

  • 荒木 和憲,外交関係の文書―15・16世紀の現存例を中心として―,歴博国際シンポジウム「東アジアの古文書と日本の古文書」

    国立歴史民俗博物館,2018年11月,単行本(学術書)

  • 荒木 和憲,大友氏領国における茶の湯文化,戦国大名大友氏の館と権力

    吉川弘文館,2018年10月,単行本(学術書)

全件表示 >>

共著・編著 【 表示 / 非表示

  • 荒木 和憲,歴博213号 済州島をめぐる東アジアの海上交易,国立歴史民俗博物館,2019年03月

    その他,その他

論文 【 表示 / 非表示

  • 荒木 和憲,中世日本の往復外交文書,古文書の様式と国際比較,2020年03月

    論文(その他学術刊行物等),単著

  • 荒木 和憲,日朝講和交渉過程と偵探使,共存の人文学3号 ,2020年02月

    論文(その他学術刊行物等),単著

  • 荒木 和憲,「壬辰戦争」の講和交渉,SGRAレポート86号 (頁 54 ~ 74) ,2019年09月

    論文(その他学術刊行物等),単著

  • 荒木和憲,大友氏領国における茶の湯文化,鹿毛敏夫・坪根伸也編『戦国大名大友氏の館と権力』 (頁 75 ~ 100) ,2018年11月

    論文(その他学術刊行物等),単著

  • 荒木和憲,長崎県立対馬歴史民俗資料館蔵「諸船長サ方深サ書附」,国立歴史民俗博物館研究報告,2018年03月

    研究ノート,単著

全件表示 >>

MISC 【 表示 / 非表示

  • 荒木 和憲,「西国の覇者」の二つの視線,国立歴史民俗博物館,歴博217号 (頁 1) ,2019年11月

    総説・解説,単著

  • 荒木 和憲,大内義隆の虚像と実像,国立歴史民俗博物館,歴博217号 (頁 16 ~ 17) ,2019年11月

    総説・解説,単著

  • 荒木 和憲,西福寺の元版大般若経と対馬宗氏,九州国立博物館,版経東漸 (頁 61 ~ 63) ,2019年10月

    総説・解説,単著

  • 荒木 和憲,船舶と航海の視点から国際交流を考える,財団法人歴史民俗博物館振興会,友の会ニュース205号 ,2019年10月

    総説・解説,単著

  • 荒木 和憲,威信財としての「名物」,大分合同新聞社,大分合同新聞,2018年12月

    新聞・雑誌等での執筆(IR),単著

全件表示 >>

口頭発表 【 表示 / 非表示

  • 荒木 和憲,進貢船の意匠と航海信仰,『琉球船と首里・那覇を描いた絵画史料』出版記念シンポジウム,沖縄県立博物館・美術館,2019年12月,国内会議,公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 荒木 和憲,益田と対馬をつなぐ海上交通路,歴博フォーラム,島根県芸術文化センター・グラントワ,2019年11月,国内会議,公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 荒木 和憲,日朝講和交渉における探賊使の役割,2019年韓日国際学術大会「近世韓日関係の実像と虚像ー略奪と共存、戦争と平和ー」,ソウル市ケンジントンホテル,2019年10月,国際会議,シンポジウム・研究ワークショップ パネル(指名)

  • 荒木 和憲,大友氏領国と茶の湯文化,大友氏館跡発掘20周年シンポジウム「戦国大名大友氏の館と権力」,ホルトホール大分,2019年05月,国内会議,公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 荒木 和憲,鍋島茂義の植物学,くらしの植物苑第240回「観察会」,国立歴史民俗博物館,2019年03月,国内会議,公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 荒木 和憲,九州大学大学院人文科学府長賞大賞,2007年03月,その他の賞,九州大学大学院人文科学府

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(B),2016年04月 ~ 2021年03月,中世日本の東アジア交流史に関する史料の集成的研究と研究資源化

  • 若手研究(B),2013年 ~ 2015年,中世~近世初期の対馬宗氏領国に関する基礎的研究

  • 科学研究費補助金(若手研究(スタートアップ)),2008年 ~ 2009年,近世初期対馬藩の政治構造と日朝交流

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 中世日本の国際交流における海上交通に関する研究,2016年04月 ~ 2019年03月,国内共同研究

 
 
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 福岡市史編集委員会,中世専門部会 専門委員

  • 九州史学研究会,編集委員