基本情報

写真a

原山 浩介

HARAYAMA Kosuke


職名

准教授

研究分野・キーワード

日本現代史

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(農学),-,京都大学

職務経歴(内部) 【 表示 / 非表示

  • 人間文化研究機構 国立歴史民俗博物館,非常勤研究員,2004年04月 ~ 2005年03月

  • 人間文化研究機構 国立歴史民俗博物館 研究部,助手,2005年04月 ~ 2007年03月

  • 人間文化研究機構 国立歴史民俗博物館 研究部,助教,2007年04月 ~ 2011年03月

  • 人間文化研究機構 国立歴史民俗博物館 研究部,准教授,2011年04月 ~ 継続中

略歴(外部) 【 表示 / 非表示

  • 龍谷大学,非常勤講師,2002年 ~ 2005年

  • 佛教大学 通信教育部,非常勤講師,2002年 ~ 2011年

  • 近畿大学,非常勤講師,2003年 ~ 2005年

  • 佛教大学,非常勤講師,2003年 ~ 2005年

  • 総合研究大学院大学 文化科学研究科,日本歴史研究専攻准教授併任,2011年 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 歴史学研究会

  • 日本村落研究学会

  • 地域農林経済学会

  • 同時代史学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 文化人類学・民俗学

  • 日本史

  • 社会学

 

単著 【 表示 / 非表示

  • 原山 浩介,消費者の戦後史:闇市から主婦の時代へ,日本経済評論社,2011年06月

    単行本(学術書)

分担執筆 【 表示 / 非表示

  • 原山 浩介,歴史研究のなかの「記録」,方法としての〈語り〉:民俗学をこえて

    ミネルヴァ書房,2020年04月,単行本(学術書)

  • 原山 浩介,歴史研究のなかの「記録」,方法としての〈語り〉 民俗学こえて

    297-311,ミネルヴァ書房,2020年04月,単行本(学術書)

  • 原山 浩介,歴史研究のなかの「記録」,方法としての〈語り〉:民俗学をこえて

    ミネルヴァ書房,2020年04月,単行本(学術書)

  • 原山 浩介,震災をめぐる想像力の「収斂」に抗するために,歴史を未来につなぐ 「3・11からの歴史学」の射程

    141-147,東京大学出版会,2019年06月,単行本(学術書)

  • 原山 浩介,「風評被害」の加害者たち,復興に抗する:地域開発の経験と東日本大震災後の日本

    有志舎,2018年02月,単行本(学術書)

全件表示 >>

共著・編著 【 表示 / 非表示

  • 原山 浩介,企画展示 ハワイ 日本人移民の150年と憧れの島のなりたち,国立歴史民俗博物館,2019年10月

    その他,共編・共著(共編著)

  • 原山 浩介,企画展示 ハワイ 日本人移民の150年と憧れの島のなりたち,国立歴史民俗博物館,2019年10月

    その他,共編・共著(共編著)

  • -,【展示図録】企画展示 歴史にみる震災,国立歴史民俗博物館,2014年03月

    その他

論文 【 表示 / 非表示

  • 原山 浩介,市民運動の世代交代と前衛/後衛を考える:新たな消費者運動論の構築に向けて,生協総研レポートNo.93 (第3期)生協論レビュー研究会(中)93号 (頁 12 ~ 18) ,2021年02月

    論文(その他学術刊行物等),単著

  • 原山 浩介,地域に構造化される「人の移動」:村落研究をめぐるパースペクティブの再考にむけて,年報 村落社会研究56号 (頁 235 ~ 254) ,2020年11月

    論文(その他学術刊行物等),単著

  • 原山浩介,社会問題化のプロセスとしての消費者運動,生協総研レポート第85号(第2期)生協論レビュー研究会(下),2018年01月

    論文(その他学術刊行物等),単著

  • 原山浩介,ハワイ立州の周辺にみるポリティクス,現代思想 2017年9月号,2017年09月

    論文(学術雑誌),単著

  • 原山 浩介,消費者運動イメージの時代性:1970年前後の「きしみ」から考える,国民生活研究51(4)号 (頁 30 ~ 45) ,2012年03月

    論文(学術雑誌),共著

MISC 【 表示 / 非表示

  • 原山 浩介,ハワイの人種的多様性と日本人移民・日系人,国立歴史民俗博物館,ハワイ移民の「もう一つの歴史」を考える 2019/12/21 (頁 37 ~ 46) ,2021年03月

    研究発表要旨,単著

  • 原山 浩介,「多様性」の問い方:素朴さの意義とその向こう側,国立歴史民俗博物館,REKIHAKU2号 (頁 27 ~ 29) ,2021年02月

    新聞・雑誌等での執筆(IR),単著

  • 原山 浩介,「差別」と多様性をどう展示するか,国立歴史民俗博物館,REKIHAKU1号 (頁 50 ~ 52) ,2020年10月

    新聞・雑誌等での執筆(IR),単著

  • 原山 浩介,シュトレーク『資本主義はどう終わるのか』:ペシミスティックに未来と希望を語ること,青土社,現代思想 9月臨時増刊号,48巻 11号 (頁 34 ~ 37) ,2020年08月

    新聞・雑誌等での執筆(IR),単著

  • 原山 浩介,連載 協同組合系研究所の逐次刊行物より⑮ 農林中金総合研究所『金融市場』,生協総合研究所,生活協同組合研究533号 (頁 56 ~ 57) ,2020年06月

    新聞・雑誌等での執筆(IR),単著

全件表示 >>

口頭発表 【 表示 / 非表示

  • 原山 浩介,日本の高度経済成長期の消費者運動 / Japanese Consumer Movements in the Rapid Economic Growth Era,Yonaoshi: Envisioning a Better World, SPECIAL PANEL: THE "LONG 1960S" IN ITALY AND JAPAN: THE POSSIBILITY OF A COMPARATIVE HISTORICAL APPROACH、Conferenza speciale: I “lunghi anni sessanta” in Italia e in Giappone: possibilità per un approccio storico comparativo、「特別パネル:イタリアと日本における「長い1960年代」:歴史的な比較アプローチの可能性」,オンライン(東北大学・ローマ大学),2021年03月,国際会議,口頭(招待・特別)

  • 相川 陽一,原山 浩介,森脇 孝広,戦後日本における記録映画の自主上映運動ネットワークの解明と地域社会でのデータ活用に向けた研究―小川プロダクション資料の領域横断的な高度利用を目指して―,2020年度全体集会,オンライン,2021年03月,国内会議,口頭(一般)

  • 原山 浩介,食をめぐる「消費者問題」の変転と主体性の行方,政治経済学・経済史学会秋季学術大会,オンライン,2020年10月,国内会議,口頭(招待・特別)

  • 原山 浩介,「東京・昭和の闇 姿なき爆弾魔“草加次郎事件”」,NHKBSプレミアム ダークサイドミステリー,NHK BSプレミアム,2020年07月,国内会議,メディア報道等

  • 原山 浩介,日本人移民とハワイ,ハワイ州観光局 ハワイアン航空共催FAM 出発日研修 ,ホテルマイステイズプレミア成田,2020年02月,国内会議,公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究助成プログラム共同研究A1,1900年01月,「原発災害を契機とした「国内植民地」構造再編の把握─「公害」経験を参照軸とした新たな農業・農村研究の構築」

  • 基盤研究(C),1900年01月,高度経済成長と戦後日本の総合的歴史研究─高度成長の社会史

  • 基盤研究(A),1900年01月,二〇世紀東アジアをめぐる人の移動の総合的研究

  • 基盤研究(S),1900年01月,マルチアーカイヴァル的手法による在外日本関係史料の調査と研究資源化の研究

 
 
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 同時代史学会,理事

  • 日本村落研究学会,『村落研究ジャーナル』編集委員

機構外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 滋賀県平和祈念館

  • 特定非営利活動法人市民環境研究所

  • 長崎原爆遺跡調査検討委員会