基本情報

写真a

上野 祥史

UENO Yoshifumi


職名

准教授

研究分野・キーワード

東アジア考古学

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 修士(文学),-,京都大学

職務経歴(内部) 【 表示 / 非表示

  • 国立歴史民俗博物館 考古研究部,助手,2000年04月 ~ 2004年03月

  • 人間文化研究機構 国立歴史民俗博物館 研究部,助手,2004年04月 ~ 2007年03月

  • 人間文化研究機構 国立歴史民俗博物館 研究部,助教,2007年04月 ~ 2009年09月

  • 人間文化研究機構 国立歴史民俗博物館 研究部,准教授,2009年10月 ~ 継続中

略歴(外部) 【 表示 / 非表示

  • 総合研究大学院大学 文化科学研究科,日本歴史研究専攻准教授併任,2010年 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 考古学研究会

  • 日本中国考古学会

  • 史学研究会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 考古学

  • 史学一般

  • 建築史・意匠

 

分担執筆 【 表示 / 非表示

  • 上野 祥史,神領6号墳の五獣鏡,大隅大崎神領10号墳の研究Ⅱ

    鹿児島大学総合研究博物館,2021年03月,調査報告書

  • 上野 祥史,神領1号地下式横穴墓の内行花文鏡,大隅大崎神領10号墳の研究Ⅱ

    鹿児島大学総合研究博物館,2021年03月,調査報告書

  • 上野 祥史,神領6号墳の五獣鏡,大隅大崎神領10号墳の研究Ⅱ

    鹿児島大学総合研究博物館,2021年03月,調査報告書

  • 上野 祥史,神領1号地下式横穴墓の内行花文鏡,大隅大崎神領10号墳の研究Ⅱ

    鹿児島大学総合研究博物館,2021年03月,調査報告書

  • 上野 祥史,第3節 鏡,金鈴塚古墳出土品再整理報告書

    木更津市教育委員会,2020年11月,調査報告書

全件表示 >>

共著・編著 【 表示 / 非表示

  • 上野 祥史,東アジアと倭の眼でみた古墳時代,晃洋書房,2020年03月

    単行本(学術書),単編・共著

  • 上野 祥史,東アジアと倭の眼でみた古墳時代,晃洋書房,2020年03月

    単行本(学術書),単編・共著

  • 上野 祥史,後漢・三国鏡の生産動向,勉誠出版,2019年08月

    単行本(学術書),共著

  • 上野 祥史,後漢・三国鏡の生産動向,勉誠出版,2019年08月

    単行本(学術書),共著

  • 上野 祥史,日本列島の先史古代―総合展示第1室リニューアルー,国立歴史民俗博物館,2019年01月

    その他,共編・共著(共編著)

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • 上野 祥史,文字資料と物質文化,秦帝国の誕生―古代史研究のクロスロード― (頁 131 ~ 135) ,2020年12月

    論文(その他学術刊行物等),単著

  • 上野 祥史,金鈴塚古墳の埋葬プロセスと被葬者の評価,金鈴塚古墳出土品再整理報告書,第2冊巻 (頁 159 ~ 182) ,2020年11月

    論文(その他学術刊行物等),単著

  • 上野 祥史,金鈴塚古墳出土鏡と古墳時代後期の鏡,金鈴塚古墳出土品再整理報告書,第2冊巻 (頁 45 ~ 58) ,2020年11月

    論文(その他学術刊行物等),単著

  • 上野 祥史,下北方5号地下式横穴墓の鏡と保有の意義―古墳時代中期中葉の鏡の分与・分配―,下北方5号地下式横穴墓(宮崎市文化財調査報告書 ; 第128集) (頁 241 ~ 256) ,2020年10月

    論文(その他学術刊行物等),単著

  • 上野 祥史,古代中国の皇帝陵―モニュメントとしての前漢皇帝陵―,日本の古墳はなぜ巨大なのか―古代モニュメントの比較考古学― (頁 152 ~ 173) ,2020年03月

    論文(その他学術刊行物等),単著

全件表示 >>

MISC 【 表示 / 非表示

  • 上野 祥史,誌上博物館 歴博のイッピン 「謎多き古墳時代の遺品 マロ塚のヨロイとカブト」,国立歴史民俗博物館,『REKIHAKU』 [特集]いまこそ、東アジア交流史2号 (頁 76 ~ 79) ,2021年02月

    新聞・雑誌等での執筆(IR),単著

  • 上野 祥史,盤龍鏡 発見続き熱視線(北陸歴史よもやま話),読売新聞社,読売新聞,2019年08月

    新聞・雑誌等での執筆(IR),単著

  • 上野 祥史,スマホ版展示案内(HP,中国語翻訳・校閲),国立歴史民俗博物館,国立歴史民俗博物館(https://www.rekihaku.ac.jp/),2019年03月

    その他記事,単著

  • 上野 祥史,中国の皇帝陵,国立歴史民俗博物館,歴博国際シンポジウム「日本の古墳はなぜ巨大なのか」―古代モニュメントの比較考古学― (頁 69 ~ 74) ,2018年11月

    研究発表要旨,単著

  • 上野 祥史,鏡の文様を考える,平成29年度考古学字ゼミナール(考古学連続講座),2017年10月

    講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他),単著

全件表示 >>

口頭発表 【 表示 / 非表示

  • 上野 祥史,倭王と木更津,木更津市郷土博物館金のすず特別展講演会,木更津市オーシャンビューホテル,2019年01月,国内会議,公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 上野 祥史,中国の皇帝陵,歴博国際シンポジウム「日本の古墳はなぜ巨大なのか?-古代モニュメントの比較考古学-」,明治大学アカデミーコモン,2018年11月,国際会議,シンポジウム・研究ワークショップ パネル(指名)

  • 上野 祥史,コメント・パネルディスカッション,東方學會シンポジウム「秦帝国の誕生―英語圏の研究者との対話―」,日本教育会館(千代田区一ツ橋),2018年05月,国内会議,シンポジウム・研究ワークショップ パネル(指名)

  • 上野祥史,金鈴塚古墳の時代,『金鈴塚古墳のかがやき』第103回歴博フォーラム,国立歴史民俗博物館,2016年11月,国内会議,口頭(一般)

  • 上野祥史,東松山高坂の三角縁神獣鏡と埼玉の鏡,さきたま講座,埼玉県立さきたま史跡の博物館,2016年10月,国内会議,公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(B),2013年 ~ 2016年,武装具の集積現象と古墳時代中期社会の特質

  • 基盤研究(B),2013年 ~ 2015年,考古遺物等を通じたベトナム木造建築様式の形成過程に関する研究