基本情報

写真a

箱崎 真隆

HAKOZAKI Masataka


職名

特任助教

研究分野・キーワード

年輪年代学放射性炭素年代測定,酸素同位体比,樹種同定,古生態学

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(生命科学),-,東北大学

職務経歴(内部) 【 表示 / 非表示

  • 人間文化研究機構 国立歴史民俗博物館 研究部,特任助教,2015年09月 ~ 継続中

略歴(外部) 【 表示 / 非表示

  • 名古屋大学年代測定総合研究センター,研究員,2012年04月 ~ 2014年03月

  • 名古屋大学 年代測定総合研究センター,研究機関研究員,2014年04月 ~ 2015年08月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本植生史学会

  • 日本文化財科学会

  • 日本地球惑星科学連合

  • 日本生態学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 年代学

 

共著・編著 【 表示 / 非表示

  • 箱﨑 真隆・木村 淳一・木村 勝彦・佐野 雅規・對馬 あかね・李 貞・中塚 武,酸素同位体比年輪年代法による高屋敷館遺跡東壕橋脚の年代検証,青森市教育委員会,2019年03月

    調査報告書,共著

  • 坂本 稔・箱﨑 真隆・門叶 冬樹,丸岡城天守保存古材#1の単年輪炭素14年代測定結果,坂井市教育委員会,2019年03月

    調査報告書,共著

  • 中尾 七重・箱﨑 真隆・坂本 稔,放射性炭素年代調査、酸素同位体比年輪年代調査でわかったこと,坂井市教育委員会,2019年03月

    調査報告書,共著

論文 【 表示 / 非表示

  • Toru Moriya,Hiroko Miyahara,Motonari Ohyama,Masataka Hakozaki,Mirei Takeyama,Hirohisa Sakurai,Fuyuki Tokanai,A Study of variation of the 11-year solar cycle before the onset of the Spoerer Minimum based on annually measured 14C content in tree rings,Radiocarbon,61巻 6号 (頁 1749 ~ 1754) ,2019年12月

    論文(学術雑誌),共著

  • 三宅芙沙・増田公明・中村俊夫・箱﨑真隆・木村勝彦・門叶冬樹・森谷透・武山美麗・Jull T・Panyushkina I,過去3000年間の宇宙線強度年変動,第20回AMSシンポジウム報告集 (頁 83 ~ 86) ,2019年02月

    論文(国際会議録),共著

  • 箱﨑 真隆,白頭山10世紀噴火の確定年代からみた十和田カルデラ10世紀噴火年代の再検討,第20回AMSシンポジウム報告集 (頁 112 ~ 115) ,2019年02月

    論文(国際会議録),単著

  • 箱﨑 真隆,酸素同位体比年輪年代法による植生史学・考古学研究の新展開,季刊考古学,145巻 (頁 77 ~ 82) ,2018年11月

    論文(学術雑誌),単著

  • 工藤 雄一郎・坂本 稔・箱﨑 真隆,遺跡発掘調査報告書放射性炭素年代測定データベース作成の取り組み,国立歴史民俗博物館報告,212巻 (頁 251 ~ 266) ,2018年10月

    論文(大学,研究機関紀要),共著

全件表示 >>

MISC 【 表示 / 非表示

  • 箱﨑真隆,北陸歴史よもやま話「生態系のタイムカプセル」,読売新聞社,読売新聞北陸版,2019年12月

    新聞・雑誌等での執筆(IR),単著

  • 小林 謙一,木村 勝彦,箱﨑 真隆,佐野 雅規,中塚 武,三内丸山遺跡出土木材の酸素同位体分析と年代研究,特別史跡三内丸山遺跡年報,2018年03月

    総説・解説,共著

  • 箱﨑 真隆,佐野 雅規,木村 勝彦,李 貞,對馬 あかね,中塚 武,小林 謙一,中澤 寛将,青森市米山(2)遺跡出土井戸部材の酸素同位体比年輪年代測定結果,青森県埋蔵文化財調査センター『研究紀要』,2018年03月

    総説・解説,共著

  • 斎藤 颯人,木村 勝彦,箱﨑 真隆,佐野 雅規,對馬 あかね,李 貞,中塚 武,年輪酸素同位体比分析による多賀城の柵木の年代決定,宮城県多賀城跡調査研究所年報2017多賀城跡,2018年03月

    総説・解説,共著

  • 箱﨑 真隆,木村 勝彦,中塚 武,多賀城跡外郭西辺柵木の樹種,宮城県多賀城跡調査研究所年報2017多賀城跡,2018年03月

    総説・解説,共著

全件表示 >>

口頭発表 【 表示 / 非表示

  • 佐野雅規,箱崎真隆,李貞,中塚武・Jeong-Wook Seo,I-Ching Chen,安江恒,木村勝彦,古材の年代測定に向けた日本、台湾、韓国における年輪酸素同位体比データベースの構築,第70回日本木材学会大会,鳥取大学,2020年03月,国内会議,ポスター(デモ発表含む)

  • Masataka Hakozaki,Dendrochronological studies of archaeological woods in Japan and Korea,International Workshop on the Development of Isotopic Dendroclimatology and Dendroarchaeology in East Asia,名古屋大学,2020年01月,国際会議,シンポジウム・研究ワークショップ パネル(指名)

  • 箱﨑真隆,木村淳一,木村勝彦,佐野雅規,對馬あかね,李貞,中塚武,青森県高屋敷館遺跡のPEG処理済出土木材の酸素同位体比年輪年代測定,第34回日本植生史学会,豊橋市自然史博物館,2019年12月,国内会議,口頭(一般)

  • M. Hakozaki,F. Miyake,T. Nakamura,775 and 994 14C event in the tree-rings of northern Japanese trees,EA-AMS 8,名古屋大学,2019年12月,国際会議,ポスター(デモ発表含む)

  • Masaki Sano,Masataka Hakozaki,Zhen Li,Takeshi Nakatsuka,Jeong-Wook Seo,I-Ching Chen,Koh Yasue,Katsuhiko Kimura,Development of a tree-ring δ18O network for Japan, Taiwan and Korea as a tool to date wooden materials,6th Asian Dendrochronology Conference,Birbal Sahni Institute of Palaeosciences Lucknow,2019年11月,国際会議,口頭(一般)

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 箱崎真隆,第22回大会奨励賞(口頭発表),2010年12月,その他の賞,日本植物学会東北支部

  • 箱崎真隆,第7回植生史学会奨励賞,2010年11月,その他の賞,日本植生史学会

  • 箱崎真隆,第56回日本生態学会大会ポスター賞優秀賞(遷移・更新分野),2009年03月,その他の賞,日本生態学会

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 若手研究(B),2014年04月 ~ 2017年03月,日本産資料の高精度暦年較正に向けた北太平洋3地域産現生木の放射性炭素濃度測定

  • 基盤研究(B),2014年04月 ~ 2017年03月,一年輪単位の較正データを用いた暦年較正とウイグルマッチングの検討

 
 
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本植生史学会,第23回日本植生史学会大会実行委員

  • 日本植生史学会,第33回日本植生史学会談話会世話人

  • タンデム加速器及びその周辺技術の研究会,第25回タンデム加速器及びその周辺技術の研究会実施員

  • 日本AMS研究協会,第15回日本AMSシンポジウム実施員

  • XIX INQUA Congress,Nagoya Organizing Committee

機構外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 小中学生を対象とした年輪年代法の基礎実験とその応用研究の紹介

  • 小中学生を対象とした地質年代学・岩石学への招待

  • 小中学生を対象とした土器・陶磁器作成実験と粘土鉱物に関する研究紹介