基本情報

写真a

加藤 聖文

KATO Kiyofumi


職名

准教授

研究室住所

東京都立川市緑町10-3

研究分野・キーワード

日本近現代史、歴史記録学、東アジア国際関係史

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

050-5533-2963

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 早稲田大学  社会科学部  社会科学科

    大学,1991年,卒業

  • Waseda University  

    大学,2001年,卒業

  • 早稲田大学  文学研究科  史学(日本史)

    大学,2001年,卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 早稲田大学  文学研究科  史学(日本史)専攻

    博士課程,2001年03月,単位取得満期退学

職務経歴(内部) 【 表示 / 非表示

  • 人間文化研究機構 国文学研究資料館,助手,2002年04月 ~ 2007年05月

  • 人間文化研究機構 国文学研究資料館,助教,2007年06月 ~ 2015年03月

  • 人間文化研究機構 国文学研究資料館,准教授,2015年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本国際政治学会

  • 日本アーカイブズ学会

  • 東アジア近代史学会

  • 東アジア近代史学会

  • 日本アーカイブズ学会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 政治学

  • 日本史

  • アジア史・アフリカ史

  • 史学一般

  • 政治学

全件表示 >>

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • アーカイブズによる「地域力」再生と持続的社会の基盤創成研究,2019年04月 ~ 2023年03月

    未設定,その他の研究制度

  • 戦後農政の展開過程と農業協同組合:全中所蔵資料の検討を通じて,2019年04月 ~ 2022年03月

    未設定,その他の研究制度

  • 日ソ戦争アーカイブズ構築に関する日露共同研究,2018年10月 ~ 2022年03月

    未設定,その他の研究制度

  • 戦後体制(レジーム)とは何であったか―「戦後日本」政治経済史の検証,2018年04月 ~ 2023年03月

    未設定,その他の研究制度

  • 日ソ戦争および戦後の引揚・抑留に関する総合的研究,2017年04月 ~ 2021年03月

    未設定,その他の研究制度

全件表示 >>

単著 【 表示 / 非表示

  • 加藤 聖文,満鉄全史ー「国策会社」の全貌,講談社学術文庫,2019年07月

    単行本(学術書)

  • 加藤 聖文,国民国家と戦争 挫折の日本近代史 (角川選書 593),KADOKAWA,2017年11月

    その他

  • 加藤 聖文,満蒙開拓団――虚妄の「日満一体」 (岩波現代全書),岩波書店,2017年03月

    単行本(学術書)

  • 加藤聖文,대일본제국 붕괴: 1945년 일본의 패망과 동아시아(『「大日本帝国」崩壊』韓国語版),바오,2010年08月

    単行本(学術書)

  • 加藤 聖文,「大日本帝国」崩壊―東アジアの1945年 (中公新書),中央公論新社,2009年07月

    単行本(学術書)

全件表示 >>

分担執筆 【 表示 / 非表示

  • 汪朝光,「満洲国」と蒙古独立-「五族協和」思想の矛盾,再認識与再評価-二戦中的中国与亜洲民族独立運動

    pp.442-461,社会科学文献出版社,2018年11月,単行本(学術書)

  • 波多野澄雄・久保亨・中村元哉,pp.65-80:国共内戦下の戦後日中提携ー支那派遣軍と国民政府,日中終戦と戦後アジアへの展望 (日中戦争の国際共同研究 6)

    pp.65-80,慶應義塾大学出版会,2017年11月,単行本(学術書)

  • 黄自進・劉建輝・戸部良一,pp.11-32:北伐と日中反共提携構想-田中義一・蔣介石会談をめぐる考察,〈日中戦争〉とは何だったのか:複眼的視点

    pp.11-32,ミネルヴァ書房,2017年09月,単行本(学術書)

  • 黄自進・劉建輝・戸部良一,pp.11-32:北伐と日中反共提携構想-田中義一・蔣介石会談をめぐる考察,<日中戦争>とは何だったのか-複眼的視点

    11-32,ミネルヴァ書房,2017年09月,単行本(学術書)

  • Barak Kushner and Sherzod Muminov,pp.15-29:The decline of the Japanese empire and the transformation of the regional order in East Asia,THE DISMANTLING OF JAPAN'S EMPIRE IN EAST ASIA Deimperialization, postwar legitimation and imperial afterlife

    pp.15-29,Routledge,2017年03月,単行本(学術書)

全件表示 >>

共著・編著 【 表示 / 非表示

  • 加藤 聖文,挑戦する満洲研究―地域・民族・時間,東方書店,2015年12月

    その他,pp.15-35:歴史としての満洲体験ー記憶から記憶へ,共編

  • 加藤 聖文,植民地帝国人物叢書 満洲編(全25巻),ゆまに書房,2012年10月

    単行本(学術書)

  • 国文学研究資料館調査収集事業部,近現代文書目録 その1,国文学研究資料館,2012年03月

    調査報告書

  • 北田 滝, 森野 達弥, 加藤 聖文,シベリアからの手紙 : 戦後強制抑留,平和祈念展示資料館,2012年

    その他,その他

  • 北田 滝, 森野 達弥, 加藤 聖文,シベリアからの手紙 : 戦後強制抑留,平和祈念展示資料館,2012年

    その他,その他

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • 加藤 聖文,敗戦時における公文書焼却の再検討-機密文書と兵事関係文書-,国文学研究資料館紀要アーカイブズ研究篇15号 (頁 1 ~ 15) ,2019年03月

    論文(大学,研究機関紀要),単著

  • 加藤 聖文,満洲移民の歴史と個人情報の壁 : 開拓団実態調査表をめぐる問題 (満洲特集),信濃 [第3次],67巻 11号 (頁 873 ~ 880) ,2015年11月

    論文(学術雑誌),単著

  • 加藤 聖文,市民社会における「個人情報」保護のあり方ー公開の理念とアーキビストの役割,国文学研究資料館紀要 アーカイブズ研究篇11号 (頁 1 ~ 14) ,2015年03月

    論文(大学,研究機関紀要),単著

  • 加藤 聖文,市民社会における「個人情報」保護のあり方 : 公開の理念とアーキビストの役割,国文学研究資料館紀要. アーカイブズ研究篇11号 (頁 1 ~ 14) ,2015年03月

    論文(学術雑誌),単著

  • 加藤 聖文,満洲移民をめぐる資料の現状と研究の可能性,信濃,66巻 2号 (頁 81 ~ 92) ,2014年02月

    論文(学術雑誌),単著

全件表示 >>

MISC 【 表示 / 非表示

  • 加藤 聖文,アーカイブズの可能性,SOKENDAI 特別講義39号 (頁 1 ~ 42) ,2019年03月

    講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他),単著

  • 加藤 聖文,歴史意識とアーカイブズの可能性,善隣,766巻 (頁 18 ~ 24) ,2019年01月

    ,単著

  • 加藤 聖文,ICT時代における日本のアーカイブズの課題と可能性,日本歴史848号 (頁 95 ~ 99) ,2019年01月

    総説・解説,単著

  • 加藤 聖文,誰が満洲引揚を実現させたのか?,星火方正~燎原の火は方正から~27号 (頁 1 ~ 8) ,2018年12月

    ,単著

  • 加藤 聖文,書評:富田武著『シベリア抑留-スターリン独裁下、「収容所群島」の実像』,ロシア史研究102号 (頁 116 ~ 121) ,2018年11月

    書評,文献紹介等,単著

全件表示 >>

口頭発表 【 表示 / 非表示

  • 加藤 聖文,日本国内の植民地関連資料-地方における現状と課題,国史編纂委員会専門家招請講演,大韓民国京畿道果川市,2018年12月,国際会議,公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 加藤 聖文,徳島から満洲へ~なぜ満蒙開拓団は送られたのか,徳島県立文書館歴史講演会,徳島市,2018年12月,国内会議,公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 加藤 聖文,石原莞爾と昭和維新-日本型革命児の挫折,鶴岡市郷土資料館歴史講演会,鶴岡市,2018年11月,国内会議,公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 加藤 聖文,コメント「アーカイブズ再考-その価値と活用」,全史料協第44回全国大会大会テーマ研究会,那覇市,2018年11月,国内会議,その他

  • 加藤 聖文,大日本帝国の肖像,大仙市「明治150年事業」:1945年-大日本帝国臣民から日本国民へ,大仙市,2018年10月,国内会議,公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

全件表示 >>

作品 【 表示 / 非表示

  • 第2次世界大戦期の中立国・枢軸国における日本・満洲国関係外交文書の調査,2014年04月

    その他

  • ロシアにおける日ソ戦争関連文書の調査収集,2012年04月

    その他

  • 釜石市役所における被災公文書の救済と公文書管理システム構築,2011年04月

    その他

  • 山﨑元幹文書(個人蔵)の整理と目録作成,2008年

    その他

  • アジア経済研究所所蔵「山﨑元幹文書」の目録作成と翻刻,2008年

    その他

全件表示 >>

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • 第2次世界大戦期の中立国・枢軸国における日本・満洲国関係外交文書の調査,2014年04月

    その他

  • ロシアにおける日ソ戦争関連文書の調査収集,2012年04月

    その他

  • 釜石市役所における被災公文書の救済と公文書管理システム構築,2011年04月

    その他

  • アジア経済研究所所蔵「山﨑元幹文書」の目録作成と翻刻,2008年

    その他

  • 山﨑元幹文書(個人蔵)の整理と目録作成,2008年

    その他

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 宮城大蔵,加藤聖文,楠綾子,井上正也,若月秀和,佐藤晋,大庭三枝,国際研究開発大来賞,2017年02月,出版社・新聞社・財団等の賞,一般財団法人国際開発機構

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(B),2014年04月 ~ 2017年03月,ソ連軍接収関東軍文書に関する日露共同研究

  • 挑戦的萌芽研究,2014年04月 ~ 2017年03月,第二次世界大戦期における中立国外交文書のアーカイブズ学的研究

  • 若手研究(S),2009年05月 ~ 2014年03月,海外引揚問題と戦後東アジアの地域変動に関する国際的総合研究

  • 若手研究(A),2003年04月 ~ 2006年03月,海外引揚問題と戦後日本人の東アジア観形成に関する基盤的研究

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 科学研究費補助金(基盤研究A),2019年04月 ~ 2023年03月,アーカイブズによる「地域力」再生と持続的社会の基盤創成研究

    日本学術振興会

  • 科学研究費補助金(基盤研究B),2019年04月 ~ 2022年03月,戦後農政の展開過程と農業協同組合:全中所蔵資料の検討を通じて

    日本学術振興会

  • 科学研究費補助金(国際共同研究強化(B)),2018年10月 ~ 2022年03月,日ソ戦争アーカイブズ構築に関する日露共同研究

     第二次世界大戦末期に起きた日ソ戦争は、北東アジアの国際環境を根底から変えた重要な戦争であった。しかし、ロシア国内に多く所蔵される関連資料の本格的な調査と収集が進んでいないため、日ソ戦争に関する実証的研究は部分的なものに止まっている。
     本研究は、日ソ戦争史研究の基盤(日ソ戦争アーカイブズ)構築を目的として2つの目標を設定する。第1の目標は、研究の土台となるロシアに点在する日ソ戦争関係の歴史資料(アーカイブズ)を日露共同で調査・収集を行う。第2の目標は、収集した資料の一部を翻刻して出版(またはテキスト公開)するとともに、独露間の資料共用化プロジェクトを参考に、国際的データベース・ソフトのAtoMを活用して所在情報・収集資料の共用化を図る。
     これら成果は、本研究の後継プロジェクト(日ソ戦争の総合的国際研究および第二次世界大戦アーカイブズ・ネットワークの構築)に繋がるものとする。

    日本学術振興会

  • 科学研究費補助金(基盤研究A),2018年04月 ~ 2023年03月,戦後体制(レジーム)とは何であったか―「戦後日本」政治経済史の検証

    日本学術振興会

  • 科学研究費補助金(基盤研究(A)),2017年04月 ~ 2021年03月,日ソ戦争および戦後の引揚・抑留に関する総合的研究

    文部科学省

全件表示 >>

 
 
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 東アジア近代史学会,常任理事

  • 日本アーカイブズ学会,事務局長

  • 総務省委託平和祈念展示資料館,展示監修

  • 日本国際政治学会,日本外交史分科会責任者

  • 厚生労働省「中国残留邦人等の体験と労苦を伝える戦後世代語り部育成事業」,総合アドバイザー

全件表示 >>

機構外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 届かなかった手紙~関東軍は何を検閲していたのか

  • 個人情報保護で資料閲覧に壁 近現代史研究に暗雲

  • 神山:行政文書の保管評価

  • 次代に伝える満州引き揚げ

  • 満蒙開拓団はこうして送られた~眠っていた関東軍将校の資料

全件表示 >>