基本情報

写真a

小松 和彦

KOMATSU Kazuhiko


職名

所長

研究分野・キーワード

民俗宗教シャーマニズム,妖怪

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 修士(文学),-,東京都立大学

職務経歴(内部) 【 表示 / 非表示

  • 人間文化研究機構 国際日本文化研究センター,教授,1997年04月 ~ 2012年03月

  • 人間文化研究機構 国際日本文化研究センター,所長,2012年04月 ~ 継続中

略歴(外部) 【 表示 / 非表示

  • 信州大学(教養部),講師,1977年10月 ~ 1980年03月

  • 信州大学(教養部),助教授,1980年04月 ~ 1983年03月

  • 大阪大学 文学部,助教授,1983年04月 ~ 1996年01月

  • 大阪大学 文学部,教授,1996年02月 ~ 1997年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本民俗学会

  • 日本口承文芸学会

  • 日本宗教学会

  • 民俗芸能学会

  • 日本文化人類学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 民俗学

  • 文化人類学

  • 口承文芸論

 

単著 【 表示 / 非表示

  • 小松 和彦,妖怪たちのいるところ,株式会社KADOKAWA,2018年11月

    単行本(一般書)

  • 小松 和彦,鬼と日本人,株式会社KADOKAWA,2018年07月

    単行本(学術書)

  • 小松 和彦,An Introduction to Yōkai Culture: Monsters, Ghosts, and Outsiders in Japanese History(英文版 妖怪文化入門)(依田寛子、マット・アルト訳),出版文化産業振興財団,2017年03月

    単行本(学術書)

  • 小松 和彦,知識ゼロからの妖怪入門,幻冬舎,2015年07月

    単行本(学術書)

  • 小松 和彦,妖怪学新考 : 妖怪からみる日本人の心,講談社,2015年07月

    単行本(学術書)

全件表示 >>

分担執筆 【 表示 / 非表示

  • 小松 和彦,동아시아 문화사재고- '요괴적인 것'과 실크로드-(東アジア文化史再考―「妖怪的なもの」とシルクロード―),요괴 또 하나의 일본의 문화코드(妖怪 もう一つの日本の文化コード)

    17 - 29,역락,2019年02月,単行本(学術書)

  • 小松 和彦,二つの「一つ家」―国芳と芳年の「安達ケ原」をめぐって,東の妖怪・西のモンスター 想像力の文化比較

    46 - 72,勉誠出版,2018年07月,単行本(学術書)

  • 小松 和彦,ミクロネシアの離島で日本文化を考える 妖怪譚を中心に,郭南燕・将基面貴巳,南太平洋から見る日本研究―歴史、政治、文学、芸術―

    11 - 26,国際日本文化研究センター,2018年03月,単行本(学術書)

  • 小松 和彦,序,小松和彦 編,進化する妖怪文化研究

    5 - 8,せりか書房,2017年10月,単行本(学術書)

  • 小松 和彦,洪水怪異伝承の構造と意味,小松和彦 編,進化する妖怪文化研究

    10 - 35,せりか書房,2017年10月,単行本(学術書)

全件表示 >>

共著・編著 【 表示 / 非表示

  • 監修/小松和彦 作・絵/中山けーしょー,伝承や古典にのこる! 日本の怖い妖怪3 山の妖怪たち,ほるぷ出版,2020年02月

    単行本(一般書)

  • 監修/小松和彦 作・絵/中山けーしょー,伝承や古典にのこる! 日本の怖い妖怪2 水辺と道の妖怪たち,ほるぷ出版,2020年01月

    単行本(一般書)

  • 監修/小松和彦 作・絵/中山けーしょー,伝承や古典にのこる! 日本の怖い妖怪1 里の妖怪たち,ほるぷ出版,2019年12月

    単行本(一般書)

  • 小松和彦 監修,カラー版 重ね地図で読み解く京都の「魔界」,宝島社,2019年07月

    単行本(一般書)

  • 小松和彦 編,進化する妖怪文化研究,せりか書房,2017年10月

    単行本(学術書),単編・共著

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • 小松 和彦,日本の鬼とはなにか,“한∙일 도깨비의 세계문화적 위상”을 위한 국제 세미나 (頁 7 ~ 19) ,2018年10月

    論文(国際会議録),単著

  • 小松 和彦,宮澤賢治とアニミズム的感性―その『まなざし』の位置を考える―,インド宮澤賢治国際学会 宮澤賢治と共存共栄の概念:賢治作品の見直し(プラット・アブラハム・ジョージ編),2014年06月

    論文(学術雑誌),共著

  • 小松 和彦,カミの変遷,岩波講座 日本の思想第八巻 聖なるものへ―躍動するカミとホトケ,2014年01月

    論文(学術雑誌),共著

  • 小松 和彦,魅力的なデータベースとは何か—日文研の怪異・妖怪関係データベースをめぐって,デジタル人文学のすすめ,2013年07月

    論文(学術雑誌),共著

  • 小松 和彦,入らずの山と鎮守の森―もうひとつの環境思想としての民俗知,日本の環境思想の基層―人文知からの問い,2012年

    論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

MISC 【 表示 / 非表示

  • 小松 和彦,途方もなく大きな「知の器」――梅原猛さんを偲んで,国際日本文化研究センター,梅原猛先生追悼集――天翔ける心 (頁 177 ~ 181) ,2020年03月

    その他記事,単著

  • 小松 和彦,お別れの会 世話人代表・挨拶,国際日本文化研究センター,梅原猛先生追悼集――天翔ける心 (頁 9 ~ 11) ,2020年03月

    その他記事,単著

  • 小松 和彦,新五国風土記 ひょうご彩祭,神戸新聞社,神戸新聞,102巻 (頁 0) ,2020年02月

    書評,文献紹介等,単著

  • 小松 和彦,封印された神と妖怪の記憶を発掘する3 鞍馬の天狗の正体を探る,株式会社KADOKAWA,怪と幽,3巻 (頁 150 ~ 159) ,2019年12月

    新聞・雑誌等での執筆(IR),単著

  • 小松 和彦,春画展をつうじて日本人とは何かをドラマチックに問う,ヴィジュアルフォークロア,文化記録映画 春画と日本人(パンフレット) (頁 1) ,2019年09月

    その他記事,単著

全件表示 >>

口頭発表 【 表示 / 非表示

  • 小松 和彦,山間部に残る、日本の宗教伝統「いざなぎ流」を手掛かりに,ひとびとの歴史,IMYビル会議室(名古屋市),2020年07月,国内会議,口頭(招待・特別)

  • 小松 和彦,魔界と妖怪,NPO法人さらんネット 第17回文化講演会,京都府立京都学・歴彩館,2020年02月,国内会議,口頭(招待・特別)

  • 小松 和彦,鬼とは何か,鬼と芸能 古今東西の鬼大集合,京都芸術センター講堂,2020年02月,国内会議,口頭(基調)

  • 小松 和彦,日本の妖怪文化の魅力,京都府立高等学校国語科研究会,京都府立園部高等学校,2020年01月,国内会議,口頭(招待・特別)

  • 小松 和彦,民俗学における妖怪をめぐって,第11回妖怪シンポジウムin岡山 民俗と妖怪,岡山市立幸町図書館西川アイプラザ,2020年01月,国内会議,口頭(基調)

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • -,平成25年秋 紫綬褒章,2013年,その他の賞,-

  • -,第22回 高知出版学術賞 (『いざなぎ流の研究』 角川学芸出版刊),2011年,その他の賞,-

  • -,渋沢賞,1979年,その他の賞,財団法人民族学振興会

 
 
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本宗教学会,評議員

  • 豊中市史編纂委員,委員

  • 豊中市文化財審議会,委員

  • 加賀市まちづくり課,民俗調査協力

  • 大学評価・学位授与機構大学評価委員会,評価員