基本情報

写真a

稲賀 繁美

INAGA Shigemi


職名

副所長

研究分野・キーワード

モダニズム,ジャポニスム,オリエンタリズム,異文化コミュニケーション

職務経歴(内部) 【 表示 / 非表示

  • 国際日本文化研究センター,助教授,1997年04月 ~ 2004年03月

  • 人間文化研究機構 国際日本文化研究センター,教授,2004年04月 ~ 2016年03月

  • 人間文化研究機構 国際日本文化研究センター,副所長,2016年04月 ~ 継続中

略歴(外部) 【 表示 / 非表示

  • 東京大学 教養学部,助手,1988年04月 ~ 1990年

  • 三重大学 人文学部,助教授,1990年04月 ~ 1997年

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 美術史学会

  • 明治美術学会

  • ジャポニスム研究学会

  • 日仏美術学会

  • European Association of Japanese Studies

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 比較文学比較文化 文化交流史

 

単著 【 表示 / 非表示

  • 稲賀 繁美,日本美術史の近代とその外部,NHK出版,2018年03月

    教科書

  • 稲賀 繁美,絵画の臨界 : 近代東アジア美術史の桎梏と命運,名古屋大学出版会,2014年01月

    単行本(学術書)

  • INAGA Shigemi,La Rencontre du Japon et de l’Europe, Images d’une découverte,Publications orientalistes de France,2008年

    単行本(学術書)

  • 稲賀 繁美,絵画の東方 オリエンタリズムからジャポニスムへ,名古屋大学出版会,1999年

    単行本(学術書)

  • 稲賀 繁美,絵画の黄昏:エドゥアール・マネ没後の闘争,名古屋大学出版会,1997年

    単行本(学術書)

全件表示 >>

分担執筆 【 表示 / 非表示

  • きょうと視覚文化振興財団,石佛群を抱く枯山水の平原:須田国太郎のみた雲崗石窟寺院,『須田記念 視覚の現場』 特集:関西の洋画 

    91-92,醍醐書房,2019年11月,単行本(学術書)

  • 山中由里子・山田仁史編,「耳」「声」「霊」:無意識的記憶と魂の連鎖について,『この世のキワ―〈自然〉の内と外 』(アジア遊学 239)

    249-266,勉誠出版 ,2019年10月,単行本(学術書)

  • 稲賀繁美編,炎の試練:反植民地主義思想の往還ーA.K. クーマラスワーミと柳宗悦との〈あいだ〉を繋ぐもの,映しと移ろい : 文化伝播の器と蝕変の実相

    239-262,花鳥社,2019年09月,単行本(学術書)

  • 山根郁信編,エミール・ガレと万国博覧会:19世紀末ガラス産業の社会的認知闘争にまつわる備忘録メモ ,『エミール・ガレのガラス』KAWADEムック決定版 

    37-42,河出書房新社,2019年04月,単行本(一般書)

  • 稲賀 繁美,海賊史観、輪廻転生、そして華厳,GA JAPAN 154

    126 - 131,エーディーエー・エディタ・トーキョー,2018年09月,その他

全件表示 >>

共著・編著 【 表示 / 非表示

  • 稲賀繁美編,異文化へのあこがれ―国際海洋都市 平戸とマカオを舞台に―在外資料が変える日本研究― 人間文化研究機構ネットワーク型基幹研究プロジェクト「日本関連在外資料調査研究・活用事業」プロジェクト間連携による研究成果活用推進会議・2019年度事業報告論集,ネットワーク型基幹研究プロジェクト 日本関連在外資料調査研究・活用事業プロジェクト間連携による研究成果活用,2020年03月

    単行本(学術書),単編・共著

  • 稲賀繁美編,映しと移ろい ―文化伝播の器と蝕変の実相,花鳥社,2019年09月

    単行本(学術書),単編・共著

  • 稲賀繁美,A Pirate's View of World HistoryーA Reversed Perception of the Order of Things From a Global Perspective ,国際日本文化研究センター,2017年08月

    単行本(学術書),単編・共著

  • 稲賀 繁美,海賊史観からみた世界史の再構築:交易と情報流通の現在を問い直す,思文閣出版,2017年02月

    単行本(学術書)

論文 【 表示 / 非表示

  • 稲賀 繁美,Under the Shadow of Apartheid: Maritime Paths of Transnational Communication,異文化へのあこがれ―国際海洋都市 平戸とマカオを舞台に―在外資料が変える日本研究― 人間文化研究機構ネットワーク型基幹研究プロジェクト「日本関連在外資料調査研究・活用事業」プロジェクト間連携による研究成果活用推進会議・2019年度事業報告論集 (頁 95 ~ 108) ,2020年03月

    論文(国際会議録),単著

  • 稲賀 繁美,マルローと世界美術史の構想 国際シンポジウム「アンドレ・マルロー再考——その領域横断的思考の今日的意義」,月刊『あいだ』,253巻 (頁 12 ~ 23) ,2020年02月

    論文(その他学術刊行物等),単著

  • 稲賀 繁美,ヴェトナム美術の近代とは何だったのか:二村淳子『安南藝術からベトナム美術へ:フランス統治下の半世紀』を通して,月刊『あいだ』,第252号巻 (頁 18 ~ 26) ,2019年11月

    論文(その他学術刊行物等),単著

  • 稲賀 繁美,山本芳翠・原田直次郎・黒田清輝:世界油彩美術史における19世紀末極東の位置:国際シンポジウム「美術の19世紀:ドイツと日本」から(2016年5月8日、神奈川県立近代美術館、葉山) ,月刊『あいだ』,第250号巻 (頁 20 ~ 35) ,2019年08月

    論文(その他学術刊行物等),単著

  • 稲賀 繁美,経験美学とその周縁:詩の受容経験・脳内映像形成との関係からー「神経系人文学と経験美学」における「基調講演:美学,経験美学,イメージ学の邂逅」を聴いて,月刊『あいだ』,第249号巻 (頁 18 ~ 31) ,2019年07月

    論文(その他学術刊行物等),単著

全件表示 >>

MISC 【 表示 / 非表示

  • 稲賀 繁美,追憶断片,国際日本文化研究センター,梅原猛先生追悼集――天翔ける心 (頁 84 ~ 95) ,2020年03月

    その他記事,単著

  • 稲賀 繁美,象徴としての公共建築と植民地時代の記憶を宿した都市空間と――全鎭晟著『虚像のアテネ――ベルリン、東京、ソウルの記憶と空間』(佐藤静香訳、法政大学出版局)――著者との会話から,図書新聞,図書新聞,3438号巻 (頁 0) ,2020年03月

    その他記事,単著

  • 稲賀 繁美,Unique or Universal? 日本とその世界文明への貢献―ワルシャワ大学日本研究創設百周年事業、招聘報告,国際日本文化研究センター,日文研 (頁 36 ~ 41) ,2020年03月

    新聞・雑誌等での執筆(IR),単著

  • 稲賀 繁美,Exploring International Team Research and Collaboration for Next-generation Scholars in Japanese Stadies Overseas,ネットワーク型基幹研究プロジェクト 日本関連在外資料調査研究・活用事業プロジェクト間連携による研究成果活用,異文化へのあこがれ―国際海洋都市 平戸とマカオを舞台に―在外資料が変える日本研究― 人間文化研究機構ネットワーク型基幹研究プロジェクト「日本関連在外資料調査研究・活用事業」プロジェクト間連携による研究成果活用推進会議・2019年度事業報告論集 (頁 130 ~ 131) ,2020年03月

    その他記事,単著

  • 稲賀 繁美,次世代の国際共同日本研究・研究協力への模索,ネットワーク型基幹研究プロジェクト 日本関連在外資料調査研究・活用事業プロジェクト間連携による研究成果活用,異文化へのあこがれ―国際海洋都市 平戸とマカオを舞台に―在外資料が変える日本研究― 人間文化研究機構ネットワーク型基幹研究プロジェクト「日本関連在外資料調査研究・活用事業」プロジェクト間連携による研究成果活用推進会議・2019年度事業報告論集 (頁 130) ,2020年03月

    その他記事,単著

全件表示 >>

口頭発表 【 表示 / 非表示

  • 稲賀 繁美,【司会】環太平洋学術交流の可能性  ,環太平洋学術交流会議,国際日本文化研究センター,2019年12月,国内会議,その他

  • 稲賀 繁美,【コメンテーター】「19世紀のフランス陶磁器」 ,第155回例会,京都大学文学部,2019年12月,国内会議,口頭(一般)

  • 稲賀 繁美,【発表】「アンドレ・マルローと世界美術史構想」André Malraux et le projet de l’ Histoire de l’art mondial 国際シンポジウム ,アンドレ・マルロー再考:その領域横断的思考の今日的意義 Colloque international: Repenser Malraux: la valeur actuelle de sa pansée interdesciplinaire  ,上智大学・日仏会館,2019年12月,国際会議,口頭(招待・特別)

  • 稲賀 繁美,【基調講演】「東西比較の方法論:透視図法・「平等」理念・「無」の東西」,東西文明論の近代:政治・宗教・美術,東北大学川内キャンパス,2019年11月,国際会議,公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 稲賀 繁美,【招聘講演】“How to measure “unique” or “universal”?: A comparative approach to the Japanese studies”,“Unique or Universal? Japan and its Contribution to World Civilization”,University of Warsaw,2019年10月,国際会議,公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • -,和辻哲郎文化賞一般部門,2000年,その他の賞,-

  • -,倫雅美術奨励賞,1998年,その他の賞,-

  • -,サントリー学芸賞,1997年,その他の賞,-

  • -,渋澤クローデル賞特別賞,1997年,その他の賞,-

  • -,ジャポネズリー学会賞,1980年,その他の賞,-