基本情報

写真a

磯前 順一

ISOMAE Junichi


職名

教授

研究分野・キーワード

表現行為,他者,可傷性

ホームページ

https://nichibun.academia.edu/JunichiIsomae

職務経歴(内部) 【 表示 / 非表示

  • 人間文化研究機構 国際日本文化研究センター,准教授,2007年04月 ~ 2015年03月

  • 人間文化研究機構 国際日本文化研究センター,教授,2015年04月 ~ 継続中

略歴(外部) 【 表示 / 非表示

  • 東京大学 文学部,助手,1991年04月 ~ 1998年03月

  • 日本女子大学 文学部史学科,助教授,1997年04月 ~ 2007年03月

  • The University of Tokyo,Research Associate,1998年 ~ 1999年

  • ロンドン大学 SOAS,客員研究員,2003年04月 ~ 2003年08月

  • チュービンゲン大学日本研究所,客員教授,2003年06月 ~ 継続中

全件表示 >>

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • American Academy of Religion

  • North American Association for Study of Religion

  • 日本宗教学会

  • Association for Asian Studies

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 宗教研究

 

単著 【 表示 / 非表示

  • 磯前 順一,昭和・平成精神史 「終わらない戦後」と「幸せな日本人」 ,講談社,2019年08月

    単行本(学術書)

  • 磯前 順一,死者のざわめき 被災地信仰論,河出書房新社,2015年04月

    単行本(学術書)

  • ISOMAE Jun'ichi,Religious Discourse in Modern Japan: Religion, State, and Shintō,Brill,2014年06月

    単行本(学術書)

  • 磯前 順一,ザ・タイガース 世界はボクらを待っていた,集英社新書,2013年11月

    単行本(学術書)

  • 磯前 順一,閾の思考 他者・外部性・故郷,法政大学出版局,2013年07月

    単行本(学術書)

全件表示 >>

分担執筆 【 表示 / 非表示

  • 島薗進, 安丸良夫, 磯前順一,謎めいた他者と宗教的主体化,民衆宗教論 : 宗教的主体化とは何か

    21-158,東京大学出版会,2019年05月,単行本(学術書)

  • 磯前 順一,津波に呑まれて――否認とナルシシズムの日本社会,世界のなかの〈ポスト3.11〉 : ヨーロッパと日本の対話

    65 - 96,新陽社,2019年03月,単行本(学術書)

  • 磯前 順一,メロディなき爆撃音と表現衝動──2013年夏、シアトルの博物館にて,ジミ・ヘンドリックス伝説 (KAWADE夢ムック 文藝別冊)

    42 - 45,河出書房新社,2018年11月,その他

  • 磯前 順一,Book Review 『グローバル近代の危機:アジアの伝統と持続可能な未来』,アリーナ

    351 - 363,中部大学,2018年11月,その他

  • 磯前 順一,Book Review 『ひきこもりの国民主義』,アリーナ

    363 - 365,中部大学,2018年11月,その他

全件表示 >>

共著・編著 【 表示 / 非表示

  • 島薗進, 安丸良夫, 磯前順一,民衆宗教論 : 宗教的主体化とは何か,東京大学出版会,2019年05月

    単行本(学術書),共著

  • 原秀三郎(述)、磯前順一・磯前礼子(編),石母田正と戦後マルクス主義史学――アジア的生産様式論争を中心に,三元社,2019年05月

    単行本(学術書),共編

  • 河出書房新社編集部,ジミ・ヘンドリックス伝説 (KAWADE夢ムック 文藝別冊) ,河出書房新社,2018年11月

    その他

  • 藤間 正大(著)、磯前 順一・山本 昭宏(編集),希望の歴史学──藤間生大著作論集,ぺりかん社,2018年08月

    単行本(学術書),共編・共著(共編著)

  • 鈴木岩弓・磯前順一・佐藤弘夫 編,〈死者/生者〉論 ―傾聴・鎮魂・翻訳―,ぺりかん社,2018年03月

    単行本(学術書),共編・共著(共編著)

論文 【 表示 / 非表示

  • 磯前 順一,「宗教概念論」から「宗教主体化論」へ――島薗進と安丸良夫の金光論を通して,平和研究,第49号巻 (頁 47 ~ 62) ,2018年07月

    論文(学術雑誌),単著

  • 磯前 順一,津田左右吉の文献学と儒学的合理主義――人文学的批評はいかにして可能になるか,WASEDA RILAS JOURNAL,NO.5巻 (頁 332 ~ 340) ,2017年10月

    論文(学術雑誌),単著

  • 磯前 順一,「津田左右吉の国民史構想 他民族帝国における単一民族国家論の役割」,『アリーナ』19,2016年11月

    論文(学術雑誌),単著

  • 磯前 順一,近代日本の植民地主義と国民国家論――津田左右吉の国民史をめぐる言説布置――,思想,2015年06月

    論文(学術雑誌),共著

  • ISOMAE Jun'ichi,POINT OF VIEW/Time to form solidarity to link memories of disasters,AJW Asia and Japan Watch,2015年03月

    論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

MISC 【 表示 / 非表示

  • 磯前 順一,日文研がニューヨークで国際会議,読書人,週間読書人,3333巻 (頁 8) ,2020年03月

    新聞・雑誌等での執筆(IR),単著

  • 磯前 順一,梅原猛の見た夢――日本研究の国際化とは何か,国際日本文化研究センター,梅原猛先生追悼集――天翔ける心 (頁 53 ~ 79) ,2020年03月

    その他記事,単著

  • 磯前 順一,藤間生大『秩父風雲録―秩父農民闘争記』(1952年)の復刻にあたって,中部大学,アリーナ,22巻 (頁 515 ~ 523) ,2019年11月

    その他記事,単著

  • 磯前 順一,書評 尾留川方孝『古代日本の穢れ・死者・儀礼』,読書人,週間読書人,3290巻 (頁 3) ,2019年05月

    書評,文献紹介等,単著

  • 磯前 順一,汪暉氏と歩く被災地・被差別部落――新しい主体性の形成に向けて,国際日本文化研究センター,日文研,62巻 (頁 72 ~ 76) ,2019年03月

    その他記事,単著

全件表示 >>

口頭発表 【 表示 / 非表示

  • 磯前 順一,Ghosts from Fukushima,Ghosts from Fukushima,マサチューセッツ,2020年02月,国際会議,公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 磯前 順一,Overview: Translating the Untranslatable: For the Inheritance of Postcolonial Studies,On the Heritage of Postcolonial Studies:Translation of the Untranslatable,ニューヨーク,2020年02月,国際会議,その他

  • 磯前 順一,不可解な他者と主体の形成—戦後日本の民主主義と天皇の影,学術討論会,長春,2019年12月,国際会議,公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 磯前 順一,Without you—あなたのいない世界を生きて,東亜思想文化的展開与交流,吉林,2019年12月,国際会議,口頭(基調)

  • 磯前 順一,Divinity, Discrimination, and Public Sphere in the History of Japanese Religion,The Sacred, Discrimination, and Spirits of the Dead in Japan,ニューヨーク,2019年12月,国際会議,口頭(招待・特別)

全件表示 >>