基本情報

写真a

松田 利彦

MATSUDA Toshihiko


職名

教授

研究分野・キーワード

植民地,朝鮮,警察,参政権,東亜聯盟運動,在日朝鮮人,志賀潔

職務経歴(内部) 【 表示 / 非表示

  • 人間文化研究機構 国際日本文化研究センター,助教授,1998年10月 ~ 2007年03月

  • 人間文化研究機構 国際日本文化研究センター,准教授,2007年04月 ~ 2013年06月

  • 人間文化研究機構 国際日本文化研究センター,教授,2013年07月 ~ 継続中

略歴(外部) 【 表示 / 非表示

  • 文部省 学術振興会,特別研究員,1992年01月 ~ 1993年

  • 京都大学 文学部,助手,1993年04月 ~ 1996年

  • 兵庫県立神戸商科大学 商経学部,専任講師,1996年04月 ~ 1998年

  • 韓国ソウル大学 社会科学大学経済研究所,特別研究員(文部省在外研究員),2000年04月 ~ 2001年

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本植民地研究会

  • 韓国近現代史学会

  • 在日朝鮮人史研究会

  • (韓国)歴史問題研究所

  • 朝鮮史研究会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 日朝・日韓関係史

 

単著 【 表示 / 非表示

  • 松田 利彦,東亜聯盟運動と朝鮮・朝鮮人 : 日中戦争期における植民地帝国日本の断面,有志舎,2015年06月

    単行本(学術書)

  • 松田 利彦,日本の朝鮮植民地支配と警察―1905~1945年,校倉書房,2009年03月

    単行本(学術書)

  • 松田 利彦,松井茂博士記念文庫旧蔵 韓国「併合」期警察資料(全8巻),ゆまに書房,2005年08月

    単行本(学術書)

  • MATSUDA Toshihiko,일제시기 참정권문제와 조선인[日帝時期の参政権問題と朝鮮人],国学資料院,2004年07月

    単行本(学術書)

  • 松田 利彦,戦前期の在日朝鮮人と参政権,明石書店,1995年04月

    単行本(学術書)

分担執筆 【 表示 / 非表示

  • 在日本韓国YMCA編,2・8宣言/3・1運動と朝鮮植民地支配体制の転換―警察を中心に,未完の独立宣言

    132-152,新教出版社,2019年12月,単行本(一般書)

  • 松田 利彦,震災と外国人マイノリティー―阪神淡路大震災と東日本大震災を比較して,世界のなかの〈ポスト3.11〉 : ヨーロッパと日本の対話

    121 - 138,新曜社,2019年03月,単行本(学術書)

  • 松田 利彦,‘武断統治期’朝鮮의 憲兵警察과 衛生行政―衛生組合을 中心으로,『3・1運動100年叢書』第3巻(権力と政治)

    103 - 143,휴머니스트,2019年03月,単行本(学術書)

  • 松田 利彦,序,日本研究をひらく 「国際日本研究」コンソーシアム記録集2018

    - ,晃洋書房,2019年03月,単行本(一般書)

  • 松田 利彦,序,植民地帝国日本における知と権力

    3 - 8,思文閣出版,2019年02月,単行本(学術書)

全件表示 >>

共著・編著 【 表示 / 非表示

  • 松田 利彦,植民地帝国日本における知と権力,思文閣出版,2019年02月

    単行本(学術書),単編・共著

  • 松田 利彦,(第51回 国際研究集会報告書)植民地帝国日本における知と権力,国際日本文化研究センター,2018年10月

    その他,共編・共著(共編著)

  • 松田利彦・磯前順一・榎本渉・前川志織・吉江弘和編,なぜ国際日本研究なのか,晃洋書房,2018年03月

    その他,共編・共著(共編著)

論文 【 表示 / 非表示

  • 松田 利彦,朝鮮総督在任期における南次郎の陸軍統制構想と対外戦略構想,二十世紀研究,20巻 (頁 83 ~ 104) ,2019年12月

    論文(学術雑誌),単著

  • 松田 利彦,「戦時期植民地朝鮮における防空体制の形成―警防団を中心に」,歴史評論,820巻 (頁 46 ~ 58) ,2018年08月

    論文(学術雑誌),単著

  • 松田 利彦,「一九二七年、植民地朝鮮における華僑排斥事件」,『東京大学韓国朝鮮文化研究』第16号号 ,2017年03月

    論文(学術雑誌),単著

  • 松田 利彦,朝鮮総督府初期の日本人官吏―形成過程・構造・心性,東洋文化研究 (頁 105 ~ 149) ,2015年03月

    論文(学術雑誌),共著

  • 松田 利彦,志賀潔と植民地朝鮮,翰林日本学 (頁 5 ~ 31) ,2014年12月

    論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

MISC 【 表示 / 非表示

  • 松田 利彦,共同研究「植民地帝国日本における知と権力」あとがきのあとがき,国際日本文化研究センター,日文研,64巻 (頁 71 ~ 75) ,2020年03月

    新聞・雑誌等での執筆(IR),単著

  • 松田 利彦,日韓の歴史をたどる⑬ 「文化政治」,赤旗新聞社,赤旗,11/6/2019巻 (頁 0) ,2019年11月

    新聞・雑誌等での執筆(IR),単著

  • 松田 利彦,Carter J. Eckert, Park Chung Hee and Modern Korea: The Roots of Militarism, 1866-1945(Harvard University Press, 2016)(2019年10月),国際日本文化研究センター,日本研究,59集巻 (頁 128 ~ 132) ,2019年10月

    書評,文献紹介等,単著

  • 松田 利彦,共同研究「植民地帝国日本における知と権力」を終えて,思文閣出版社,鴨東通信,108号巻 (頁 0) ,2019年04月

    新聞・雑誌等での執筆(IR),単著

  • 松田 利彦,「近現代史の人物史料情報 松井茂」、2018年8月、80頁)。,吉川弘文館,『日本歴史』第843号,843巻 (頁 80) ,2018年08月

    新聞・雑誌等での執筆(IR),単著

全件表示 >>

口頭発表 【 表示 / 非表示

  • 松田 利彦,「Retranslating Japanese Expansionist Ideology: Koreans who participated in the T・a Renmei (East Asian League) movement during the War」,On the Heritage of Postcolonial Studies:Translation of the Untranslatable,Cornell Club New York(ニューヨーク),2020年02月,国際会議,口頭(一般)

  • 松田 利彦,植民地朝鮮における公衆衛生学の形成,東アジア日本研究者協議会第4回大会,国立台湾大学文学院(台湾台北市),2019年10月 ~ 2019年11月,国際会議,口頭(一般)

  • 松田 利彦,3・1運動後における朝鮮総督府警察の抗日運動認識―大韓民国臨時政府に対する認識を中心に[招待講演],大韓民国臨時政府警察100周年国際学術세미너「白凡金九와 大韓民後臨時政府警察」,白凡金九記念館(韓国ソウル市),2019年10月,国際会議,口頭(招待・特別)

  • 松田 利彦,京城帝国大学의 創設과 服部宇之吉,翰林大学日本学研究所・専門家懇談会,翰林大学校(韓国春川市),2019年09月,国際会議,口頭(招待・特別)

  • 松田 利彦,朝鮮における植民地警察の形成と売買春管理制度,アクティブ・ミュージアム「女たちの戦争と平和資料館」学習会,アクティブ・ミュージアム「女たちの戦争と平和資料館」(東京都),2019年09月,国内会議,口頭(一般)

全件表示 >>