基本情報

写真a

榎本 渉

ENOMOTO Wataru


職名

准教授

研究分野・キーワード

日本,平安時代,鎌倉時代,南北朝時代,中国,唐,五代,宋,元,韓国/朝鮮,新羅,高麗,貿易,商人,商船,文化交流,外交,仏僧,禅宗,海域,東シナ海,貿易港,港市,貿易管理,市舶司,大宰府,博多,対馬,寧波

職務経歴(内部) 【 表示 / 非表示

  • 人間文化研究機構 国際日本文化研究センター,准教授,2010年01月 ~ 継続中

略歴(外部) 【 表示 / 非表示

  • 日本学術振興会,特別研究員(DC2),2001年04月 ~ 2003年03月

  • 日本学術振興会,特別研究員(PD),2003年04月 ~ 2003年05月

  • 東京大学東洋文化研究所,助手,2003年06月 ~ 2006年03月

  • 東京大学大学院 人文社会系研究科,研究員,2006年04月 ~ 2007年03月

  • 韓国江原大学校,研究員,2009年01月 ~ 2009年03月

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 日本中世史

 

単著 【 表示 / 非表示

  • 榎本 渉,南宋・元代日中渡航僧伝記集成 附 江戸時代における僧伝集積過程の研究,勉誠出版,2013年

    単行本(学術書)

  • 榎本 渉,僧侶と海商たちの東シナ海,講談社,2010年10月

    単行本(学術書)

  • 榎本 渉,東アジア海域と日中交流—9〜14世紀—,吉川弘文館,2007年06月

    単行本(学術書)

分担執筆 【 表示 / 非表示

  • 榎本渉,中世日本僧の中国留学―一二~一三世紀を中心に―,MINERVA世界史叢書4 人々がつなぐ世界史

    147-170,ミネルヴァ書房,2019年08月,単行本(学術書)

  • 榎本 渉,高麗文宗が求めた医師,説話研究を拓く―説話文学と歴史史料の間に―

    69 - 73,思文閣出版,2019年02月,単行本(学術書)

  • 榎本 渉,日宋・日元貿易の展開,中世史講義―院政期から戦国時代まで

    49 - 64,筑摩書房,2019年01月,単行本(一般書)

  • 榎本 渉,遣唐使廃止でも日中交流は花盛り,日本史の新常識

    90 - 94,文芸春秋,2018年11月,単行本(一般書)

  • 榎本 渉,唐、宋、元時期,双嶼港史料選編

    787 - 819,海軍出版社,2018年05月,単行本(学術書)

全件表示 >>

共著・編著 【 表示 / 非表示

  • 石井 正敏(著)、村井 章介・榎本 渉・河内 春人(共編),石井正敏著作集2、遣唐使から巡礼僧へ,勉誠出版,2018年07月

    単行本(学術書),共編・共著(共編著)

論文 【 表示 / 非表示

  • 榎本 渉,東シナ海の航海を護る済州島の羅漢,歴博,213巻 (頁 7 ~ 10) ,2019年03月

    論文(その他学術刊行物等),単著

  • 榎本 渉,テムルの日本招諭と一山一寧・燕公楠,史学研究,300巻 (頁 30 ~ 58) ,2018年07月

    論文(学術雑誌),単著

  • 榎本 渉,「宋日・元日間海上航路와高麗島嶼地域(宋日・元日間海上航路における高麗の島嶼)」,『해양문화재(海洋文化財)』9号号 ,2016年12月

    論文(学術雑誌),単著

  • 榎本 渉,日記と僧伝の間―『空華日用工夫略集』の周辺―,(倉本一宏編)日記・古記録の世界 (頁 85 ~ 97) ,2015年03月

    論文(学術雑誌),共著

  • 榎本 渉,建長寺船の派遣とその成果,(村井章介編)東アジアのなかの建長寺 宗教・政治・文化が交叉する禅の聖地 (頁 200 ~ 212) ,2014年11月

    論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

MISC 【 表示 / 非表示

  • 榎本 渉,コメント 一一世紀の外交と国際情勢,日本史研究会,日本史研究,690巻 (頁 31 ~ 38) ,2020年02月

    会議報告等,単著

  • 榎本 渉,西谷功著『南宋・鎌倉仏教文化史論』,吉川弘文館,日本歴史,853巻 (頁 100 ~ 102) ,2019年06月

    書評,文献紹介等,単著

  • 榎本 渉,日宋交流と禅僧,中外日報社,中外日報 (頁 8) ,2018年10月

    新聞・雑誌等での執筆(IR),単著

  • 榎本 渉,「新刊の情報と紹介 桑野栄治著『李成桂―天翔る海東の龍(世界史リブレット人37)』」,『歴史と地理』六九七号,2016年09月

    書評,文献紹介等,単著

  • 榎本 渉,〔書評〕手島崇裕著『平安時代の対外関係と仏教』」,『ヒストリア』二五六号,2016年06月

    書評,文献紹介等,単著

全件表示 >>

口頭発表 【 表示 / 非表示

  • 榎本 渉,宋元代中国における日本僧の留学規模,第4回東アジア日本研究者協議会国際学術大会,台湾大学(台北),2019年11月,国際会議,口頭(一般)

  • 榎本 渉,『自他宗唐決疑問』成立の背景とその価値(パネル「越境する教義問答:「唐決」による相互交流とその周辺」の内),日本印度学仏教学会第70回学術大会,佛教大学(京都),2019年09月,国際会議,口頭(一般)

  • 榎本 渉,日本対外関係史における鎌倉時代のとらえ方,総研大文化フォーラム2018―知をわかち、ひとをつなぐ ― 研究成果の共有と還元,国立民族学博物館,2018年11月,国内会議,ポスター(デモ発表含む)

  • 榎本 渉,建長寺10世一山一寧の来日に関わる古文書,鎌倉禅研究会,建長寺(鎌倉),2018年09月,国内会議,公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 榎本 渉,海域としてのEast China Sea: 9~14世紀の海商から考える,2018年春季連合学術大会,成均館大学校(韓国ソウル),2018年05月,国際会議,口頭(基調)

全件表示 >>