基本情報

写真a

RUETTERMANN MARKUS

RUETTERMANN MARKUS


職名

教授

研究分野・キーワード

古文書書簡,書儀、書札礼,礼儀作法,往来物

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(哲学),-,ハンブルグ大学

職務経歴(内部) 【 表示 / 非表示

  • 人間文化研究機構 国際日本文化研究センター 研究部,助教授,2002年10月 ~ 2007年03月

  • 人間文化研究機構 国際日本文化研究センター 研究部,准教授,2007年04月 ~ 2017年03月

  • 人間文化研究機構 国際日本文化研究センター,教授,2017年04月 ~ 継続中

略歴(外部) 【 表示 / 非表示

  • ベルリン市フンボルト大学,研究アシスタント,1996年06月 ~ 2002年05月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 東洋学会(ハンブルク)

  • ヨーロッパ日本研究協会

  • 比較法史学会(京都)

  • ドイツ語圏日本研究学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 中・近世の日本社会史、文化史

  • 古文書学

 

単著 【 表示 / 非表示

  • マルクス リュッターマン,Schreib-Riten (shorei 書礼) Untersuchungen zur Geschichte der japanischen Briefetikette, Teilband 1: Theorie und Überlieferung ; Teilband 2: Rhetorik ; Teilband 3: Nonverbalität und Intermedialität (Izumi: Quellen, Studien und Materialien zur Kultur Japans / herausgegeben von Klaus Kracht; Band 14; Teilbde. 14.1-14.3). ,Harrassowitz Verlag.,2011年

    単行本(学術書)

  • マルクス リュッターマン,Unbefangenheit 無私. Keichūs Beitrag zur Wissenschaftstheorie im frühneuzeitlichen Japan.,O.Harrassowitz,2000年

    単行本(学術書)

  • マルクス リュッターマン,Das Dorf Suganoura und seine historischen Quellen. Untersuchungen zur Genese einer zentraljapanischen Dorfgemeinde im späten Mittelalter,OAG,1996年

    単行本(学術書)

分担執筆 【 表示 / 非表示

  • Michael Kinski, Matthew Königsberg, Gerhard Leinss, Markus Rüttermann, Harald Salomon (ed.),En 縁 – Nexus. Japanische Episoden übersetzt für die Ökumene. Klaus Kracht zu Ehren aus Anlaß seiner Emeritierung

    Wiesbaden: Harrassowitz Verlag,2013年,その他

  • 今谷明 編,王権と都市

    国際日本文化研究センター,2008年03月,その他

  • Klaus Kracht,Grundriß der Japanologie (Izumi, Quellen Studien und Materialien zur Kultur Japans, v.7)

    O.Harrassowitz,2001年,その他

共著・編著 【 表示 / 非表示

  • なし,Japonica Humboldtiana,Harrassowitz Verlag,2019年02月

    その他,共編

  • なし,Japonica Humboldtiana,Harrassowitz Verlag,2018年04月

    その他,共編

  • Michael Kinski,Klaus Kracht,Markus Rüttermann,Japonica Humboldtiana,Harrassowitz Verlag,2018年02月

    その他,共編

  • Jahrbuch der Mori-Ôgai-Gedenkstätte,Japonica Humboldtiana,Humboldt-Universität zu Berlin,2017年03月

    単行本(学術書),共編

  • 猪木武徳,近代日本の公と私、官と民,NTT出版,2014年10月

    その他

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • マルクス リュッターマン,Atsumoris Tod und die Lotusmetapher im Dialog zwischen Naozane und Tsunemori: Zur Mentalität der Entzweiung und des Absoluten in der Pädagogik des 17. Jahrhunderts,Japonica Humboldtiana20(2018)号 ,2019年02月

    論文(学術雑誌),単著

  • マルクス リュッターマン,「 『一筆啓上』の礼儀作法 - 行動学に応える記号学を検討して -」,年報『異文化研究』11号号 ,2017年03月

    論文(学術雑誌),単著

  • マルクス リュッターマン,Der ‘Brief im Munde’ (Fukumijô) und der ‘Brief vom Hüftpaß’ (Koshigoejô) [“About the Relationship of two Letters in Japanese Medieval Literature: Fukumijô and Koshigoejô in katarimono, kôwakamai, and Premodern textbooks”],(Michael Kinski, Matthew KÖnigsberg, Gerhard Leinss, Markus Rüttermann, Harald Salomon (ed.)) En 縁 – Nexus. Japanische Episoden übersetzt für die Ökumene. Klaus Kracht zu Ehren aus Anlaß seiner Emeritierung (頁 19 ~ 44) ,2013年

    論文(学術雑誌),共著

  • マルクス リュッターマン,「往来物」とは何か──その概念形成についての一考察,(劉建輝 鈴木貞美編)東アジアにおける知的交流 -キイ・コンセプトの再検討-国際シンポジウム44 号 (頁 303 ~ 313) ,2013年

    論文(学術雑誌),共著

  • マルクス リュッターマン,Die Striche sind beisammen (gatten). Zur Mehrheitsfindung im mittelalterlichen Japan [“Counting Brushstrokes (Gatten). Decision Making by Majority Rule in Medieval Japan”],(Egon Flaig (ed.)) Genesis und Dynamiken der Mehrheitsentscheidung (頁 43 ~ 63) ,2013年

    論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

MISC 【 表示 / 非表示

  • マルクス・リュッターマン,普遍論の一コマ――梅原猛とハンス・アルバートとの仮想対談,国際日本文化研究センター,梅原猛先生追悼集――天翔ける心 (頁 285 ~ 288) ,2020年03月

    その他記事,単著

  • マルクス・リュッターマン, 「思煩之時」―礼儀作法の歴史を文書から研究する意義について,国際日本文化研究センター,日文研,64巻 (頁 93 ~ 97) ,2020年03月

    新聞・雑誌等での執筆(IR),単著

  • マルクス・リュッターマン,Übereinstimmung ist „außerhalb der menschlichen Zeit“. Kursorisch über Subjektivität und Partikularität zum Ende der Ära Heisei.,Gesellschaft für Natur- und Völkerkunde Ostasiens e.V.,Weile, ohne zu wohnen. Festschrift für Peter Pörtner (= MOAG 150),150巻 (頁 385 ~ 410) ,2019年12月

    その他記事,単著

  • マルクス・リュッターマン,Geschlechtlichkeit als Aspekt der Verhaltensgeschichte – Lesesaalbetrachtungen an elf Essays aus Kalifornien – Rezension zu: Jan BARDSLEY u. Laura MILLER (Hg.), Manners and Mischief. Gender, Power, and Etiquette in Japan. Berkeley et al.: University of California Press 2011. 284 pp. Bibliographie, Index. ISBN 978-0-520-26783-1.”,Gesellschaft für Natur- und Völkerkunde Ostasiens e.V.,NOAG Zeitschrift für Kultur und Geschichte Ostasiens,191/192号巻 (頁 0) ,2019年12月

    書評,文献紹介等,単著

  • マルクス・リュッターマン,年月を表象する意図および元号の意味をめぐって,日文研 no.60,2018年03月

    その他記事,単著

全件表示 >>

口頭発表 【 表示 / 非表示

  • マルクス・リュッターマン,Zum ‚Entzweiungs-Motiv‘ im Spiegel sprachlicher und narrativer Variation in Mittelalter und Neuzeit,17. Deutschsprachiger Japanologentag,Freie Universität Berlin,2018年08月,国際会議,口頭(招待・特別)

  • マルクス・リュッターマン,On Manugraphical Signs in Letters of Premodern Japanese Language,Symposium “Letters”,Centre for the Study of Manuscript Cultures,2018年04月,国際会議,口頭(招待・特別)

  • マルクス リュッターマン,Die Striche sind beisammen (gatten). Zur Mehrheitsfindung im mittelalterlichen Japan ,Kolloqium "Genesis und Dynamiken der Mehrheitsentscheidung",2010年06月,国内会議,口頭(一般)

  • マルクス リュッターマン,袱紗の仮名文ーいわゆるジャガタラ文の性格を検討して,海外研究交流シンポジウム「出島文書と徳川時代」,国際日本文化研究センター,2010年03月,国内会議,口頭(一般)

  • 後藤真,SOMODA(正倉院文書データベース)の概要,東京大学史料編纂所特定共同研究「正倉院文書に関する史料学情報の情報資源化連携」,2010年,国内会議,口頭(一般)

全件表示 >>

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • Humboldt Universitaet zu Berlin (ベルリン・フンボルト大学) の客員教授(日本史における礼儀作法の共同研究に協力),2010年04月

    その他

  • 国立歴史民俗博物館の共同研究員(「中近世における武士と武家の資料論的研究」),2010年

    その他

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • -,Walter de Gruyter 賞 2013 (業績優秀賞),2013年,その他の賞,(戦前のプレウセン学士院の後継機関にあたるベルリン・ブランデンブルグ州立学士院人文科学部門)

  • -,最優秀博士論文賞受賞,1996年,その他の賞,ハンブルク市立大学協会

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • -,1900年01月,「ドイツ国民学術基金」の英才助成金

    -

  • -,1900年01月,ドイツ学術交流会(DAAD)

    -

  • -,1900年01月,日本国文部省(当時)

    -

  • -,1900年01月,独日文化交流振興会(JaDe)(独・ケルン市)

    -