基本情報

写真a

菊地 直樹

KIKUCHI Naoki


職名

准教授

研究分野・キーワード

自然再生順応的ガバナンス,コウノトリ,地域再生,タンチョウ,行動圏の交差,語り方,社会的評価,環境政策,現場知,社会学,多元的語り,かかわりの歴史性,野生復帰,地域の鳥と家の鳥,ナベヅル,日常と非日常,トキ,合意形成,アダプティブ・マネジメント,知識創造,社会的モニタリング,再導入,住民参加型質的調査,自然資源管理,地域環境史,専門家の役割,マネジメント,プロセスデザイン,モデル作成,コモンズ,レジティマシー,順応的管理,環境保全,知識の流通,NPO評価

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(社会学),-,立教大学

職務経歴(内部) 【 表示 / 非表示

  • 人間文化研究機構 総合地球環境学研究所 研究部 研究部,准教授,2013年04月 ~ 継続中

略歴(外部) 【 表示 / 非表示

  • 姫路工業大学 自然・環境科学研究所,講師,1999年 ~ 継続中

  • 兵庫県立コウノトリの郷公園,研究員,1999年 ~ 継続中

  • 兵庫県立大学 自然・環境科学研究所,准教授,2004年 ~ 継続中

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 環境影響評価・環境政策

  • 社会学

  • 非営利・共同組織

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 菊地直樹,方法としてのレジデント型研究,質的心理学研究,14巻 (頁 75 ~ 88) ,2015年03月

    論文(学術雑誌),共著

  • 菊地直樹,地域資源管理の仕組みとしてのエコツーリズム-コウノトリの野生復帰を中心に,季刊家計経済研究99号 (頁 34 ~ 42) ,2013年07月

    論文(学術雑誌),共著

  • 菊地直樹,兵庫県豊岡市における「コウノトリ育む農法」に取り組む農業者に対する聞き取り調査報告,野生復帰,2巻 (頁 107 ~ 120) ,2012年12月

    論文(学術雑誌),共著

  • 菊地直樹,野生復帰を軸にしたコウノトリの観光資源化とその課題,湿地研究,2巻 1号 (頁 3 ~ 13) ,2012年02月

    論文(学術雑誌),共著

  • 本田裕子・菊地直樹,コウノトリの野生復帰に関する住民アンケート結果報告,野生復帰,1巻 (頁 93 ~ 107) ,2011年12月

    論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

口頭発表 【 表示 / 非表示

  • 菊地直樹,コウノトリの野生復帰を軸にした包括的再生,第265回生態研セミナー,京都大学生態学研究センター(滋賀県大津市),2015年04月,国内会議,口頭(一般)

  • 菊地直樹,趣旨説明‐エコミュージアムとジオパーク、エコパーク-お互いの経験から学び合う,日本エコミュージアム研究会2014研究・関東例会,東京都豊島区,2014年12月,国内会議,口頭(一般)

  • 菊地直樹,地域環境知形成による新たなコモンズの創生と持続可能な管理(ILEK),続可能な生態系の管理と地域再生のためのローカル/グローバル人材育成-コンセプト、実績、評価方式」のための研究集会(第2回),金沢大学(石川県金沢市),2014年03月,国内会議,口頭(一般)

  • 水谷瑞希・菊地直樹,「コウノトリ」は里山保全を促進するか-越前市における市民調査から,第16回自然系調査研究機関連絡会議(NORNAC16),石川県輪島市,2013年11月,国内会議,口頭(一般)

  • 菊地直樹,方法としてのレジデント型研究,.「野生生物と社会」学会行政研究部会研究集会「野生動物管理のための社会科学的研究手法」,総合地球環境学研究所(京都市北区),2013年08月,国内会議,口頭(一般)

全件表示 >>