基本情報

写真a

笹原 亮二

SASAHARA Ryoji


職名

教授

研究分野・キーワード

日本民俗学,三匹獅子舞,民俗芸能

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(歴史民俗資料学),-,神奈川大学

職務経歴(内部) 【 表示 / 非表示

  • 国立民族学博物館 第一研究部,助手,1996年04月 ~ 1998年03月

  • 国立民族学博物館 民族文化研究部,助手,1998年04月 ~ 2001年10月

  • 人間文化研究機構 国立民族学博物館 民族文化研究部,助教授,2001年11月 ~ 2011年03月

  • 人間文化研究機構 国立民族学博物館 民族文化研究部,教授,2011年04月 ~ 2017年03月

  • 人間文化研究機構 国立民族学博物館 学術資源研究開発センター,教授,2017年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 民俗芸能学会

  • 芸能史研究会

  • 日本民俗学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 民俗学・民俗芸能研究

 

単著 【 表示 / 非表示

  • 笹原亮二,今治の継ぎ獅子-春祭りの獅子舞奉納-,国立民族学博物館,2017年03月

    その他

  • 笹原亮二,龍ケ崎の撞舞-茨城県龍ケ崎市-,国立民族学博物館,2017年03月

    その他

  • 笹原亮二,東湖八坂神社の統人行事-秋田県潟上市天王・男鹿市船越-,国立民族学博物館,2017年03月

    その他

  • 笹原亮二,平組梯子虎舞―岩手県大船渡市末崎町―,国立民族学博物館,2016年11月

    その他

  • 笹原亮二,新城の囃子曲持―神奈川県川崎市中原区新城―,国立民族学博物館,2016年11月

    その他

全件表示 >>

分担執筆 【 表示 / 非表示

  • 小林淳一,熊倉功夫,近藤雅樹,宮坂正英,北原進,笹原亮二,江戸時代人物画帳 シーボルトのお抱え絵師・川原慶賀の描いた庶民の姿

    朝日新聞出版局,2016年09月,単行本(一般書)

  • 鵜飼正樹,川添裕,野林厚志,松尾恒一,山中由里子,笹原亮二,見世物大博覧会

    一般財団法人千里文化財団,2016年09月,単行本(一般書)

論文 【 表示 / 非表示

  • Sasahara, Ryoji ,用と美―柳田国男の民俗学と柳宋悦の民藝を巡って―,柳宗悦と民藝運動 (頁 273 ~ 294) ,2005年

    論文(学術雑誌),共著

  • Sasahara, Ryoji ,民俗芸能と文字テキスト―神代神楽渚家に伝わる筋書きを巡って,郷土神奈川,43巻 (頁 1 ~ 17) ,2005年

    論文(学術雑誌),共著

  • Sasahara, Ryoji ,こんなに身近な天神さん,淡交,709巻 (頁 30 ~ 33) ,2004年

    論文(学術雑誌),共著

  • Sasahara, Ryoji ,展示における資料の悉皆的拡張と生活空間再現の可能性(2002年ソウルスタイル 研究と展示の評価),国立民族学博物館調査報告,44巻 (頁 197 ~ 204) ,2003年

    論文(学術雑誌),共著

  • Sasahara, Ryoji ,量の可能性,民博通信,101巻 (頁 14 ~ 15) ,2003年

    論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

MISC 【 表示 / 非表示

  • 笹原亮二,見世物と人びと,月刊みんぱく,2016年09月

    その他記事,単著

口頭発表 【 表示 / 非表示

  • 笹原亮二,量の可能性・再々説――民博所蔵大村しげコレクションを中心に,生活用品から見たライフスタイルの近代化とその国別差異の研究,国立民族学博物館 第3演習室,2016年11月,国内会議,口頭(一般)

  • 笹原亮二,生活文化と博物館展示を巡る実践的課題,モノにみる近代日本の子どもの文化と社会の総合的研究――国立民族学博物館所蔵多田コレクションを中心に,国立民族学博物館 第3演習室,2016年10月,国内会議,口頭(一般)

  • 笹原亮二,1960~70年代の沖縄ロックと日本,「トランス・ボーダー・コンフリクトの人類学的研究」2003年度国際シンポジウム トランスボーダーの人類学-その可能性をさぐって,2004年03月,国内会議,口頭(一般)

  • 笹原亮二,60~70年代の沖縄ロックと日本,重点研究「トランスボーダーコンフリクトの研究」研究集会「音楽・芸能と民族的アイデンティティ」,2002年03月,国内会議,口頭(一般)

  • 笹原亮二,ある小さな歴史の物語―琉球人踊の由緒と現在―,みんぱく学術フォーラム「物語から現代社会を解き明かす」,2002年02月,国内会議,口頭(一般)

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • 地域テーマ展示 「 あじまあ 沖縄の伝統とくらし 」,2003年

    その他

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 科研,2007年,九州とその周辺における島の芸能の研究:開放性・自律性・境界性の中の民俗文化の諸相

  • 科研,2003年 ~ 2006年,南九州・薩南諸島・奄美諸島における琉球系民俗芸能の研究 ─ 境界領域における民俗的異文化イメージの形成と伝承

  • 科研,1999年 ~ 2001年,日本の伝統的な祭や民俗芸能における異国的形象の受容と伝承に関する研究

  • 科研,1997年 ~ 1998年,日本の民俗芸能の現況における伝統的上演形態の継承と現代的変容に関する研究

 
 
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 民俗芸能学会,-

  • 芸能史研究会,-

  • 日本民俗学会,-