基本情報

写真a

PETER J MATTHEWS

PETER J MATTHEWS


職名

教授

研究分野・キーワード

職務経歴(内部) 【 表示 / 非表示

  • 国立民族学博物館,助手,1995年04月 ~ 1999年03月

  • 人間文化研究機構 国立民族学博物館,助教授,1999年04月 ~ 2014年12月

  • 人間文化研究機構 国立民族学博物館 民族社会研究部,教授,2015年01月 ~ 2017年03月

  • 人間文化研究機構 国立民族学博物館 超域フィールド科学研究部,教授,2017年04月 ~ 継続中

略歴(外部) 【 表示 / 非表示

  • 科学技術庁 農水産省野菜茶業試験場,特別研究員,1990年 ~ 継続中

  • 日本学術振興会,特別研究員(京都大学理学部),1993年 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • Indo-Pacific Prehistory Association

  • Ancient Starch Research Group

  • Society for Economic Botany

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 先史学

  • 民族植物学

 

単著 【 表示 / 非表示

  • Matthew Spriggs, David Addison and Peter Matthews,Irrigated Taro (Colocasia esculenta) in the Indo-Pacific: Biological, Social and Historical Perspectives,National Museum of Ethnology,2012年

    単行本(学術書)

共著・編著 【 表示 / 非表示

  • -,Research Writing in Japan: Cultural, Personal and Practical Perspectives.,National Museum of Ethnology,2004年

    その他

論文 【 表示 / 非表示

  • Bammite, D, PJ Matthews, DY Dagnon, A Agbogan, K Odah, A Dansi, K Tozo,Constraints to production and preferred traits for taro (Colocasia esculenta) and new cocoyam (Xanthosoma mafaffa) in Togo, West Africa,African Journal of Food, Agriculture, Nutrition and Development,18巻 2号 (頁 13388 ~ 13405) ,2018年08月

    DOI:10.18697,論文(学術雑誌),単著

  • IM Grimaldi, S Muthukumaran, G Tozzi, A Nastasi, N Boivin, PJ Matthews, Tv Andel,Literary evidence for taro in the ancient Mediterranean: A chronology of names and uses in a multilingual world,PLoS One,13巻 6号 ,2018年06月

    DOI:10.1371,論文(学術雑誌),単著

  • Bammite, D, PJ Matthews, DY Dagnon, A Agbogan, K Odah, A Dansi, K Tozo,Agro morphological characterization of taro (Colocasia esculenta) and yautia (Xanthosoma mafaffa) in Togo, West Africa,African Journal of Agricultural Research,13巻 18号 (頁 934 ~ 945) ,2018年05月

    論文(学術雑誌),単著

  • Matthews, PJ, PJ Lockhart and I Ahmed,Phylogeography, ethnobotany, and linguistics: Issues arising from research on the natural and cultural history of taro Colocasia esculenta (L) Schott,Man in India,97巻 1号 (頁 353 ~ 380) ,2017年04月

    論文(学術雑誌),共著

  • Peñailillo, J, G Olivares, X Moncada, C Payacán, C-S Chang, K-F Chung, PJ Matthews,Sex distribution of paper mulberry (Broussonetia papyrifera) in the Pacific,PLoS ONE,11巻 8号 ,2016年09月

    論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

口頭発表 【 表示 / 非表示

  • Peter J. MATTHEWS,Perception gaps that may explain the status of taro as an 'orphan crop',despite its global distribution and utilisation,《Symposium by the Special Research Project of Minpaku》 Human Relationships with Animals and Plants: Perspectives of Historical Ecology,National Museum of Ethnology,2017年03月,国際会議,口頭(一般)

  • PJ Matthews,Integrating local plant knowledge into wider knowledge systems: an example of work-in-progress for the George Brown Collection Info-forum Project,Environmental Knowledge and Material Culture (Minpaku/RIHN Pre-workshop),National Museum of Ethnology,2017年02月,国際会議,口頭(一般)

  • PJ Matthews,Building a house without walls and roof: archaeological reconstruction from the perspective of plant domestication and crop history,Ethnography of Archaeology (Workshop),National Museum of Ethnology,2017年01月,国際会議,口頭(一般)

  • PJ Matthews,The cat-tail reed (Typha latifolia): a wetland icon of abundance, beauty, and danger?,8th World Archaeology Congress,Kyoto,2016年08月,国際会議,口頭(一般)

  • PJ Matthews,I Ahmed and VD Nguyen, Sympatry of taro (Colocasia esculenta) and its wild relatives in Southeast Asia,8th World Archaeology Congress,Kyoto,2016年08月,国際会議,口頭(一般)

全件表示 >>

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • 開館30周年記念特別展「オセアニア大航海展:ヴァカ モアナ、海の人類大移動」 ,2007年09月 ~ 2007年12月

    その他

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • -,TANE Journal Prize for Best Student Paper,1979年,その他の賞,-

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 科研,2000年 ~ 2002年,温帯地域におけるサトイモ利用に関する民族考古学的研究―ニュージーランド・南ヨーロッパ・東アジアにおけるサトイモの貯蔵・加工過程の変遷の把握による民族考古学的モデルの構築

 
 
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • Indo-Pacific Prehistory Association,-

  • Ancient Starch Research Group,-

  • Society for Economic Botany,-