基本情報

写真a

池谷 和信

IKEYA Kazunobu


職名

教授

研究分野・キーワード

地球環境狩猟採集民,アフリカ,東北アジア,サン(ブッシュマン),ソマリ,チュクチ,日本,バングラデシュ,環境人類学,人文地理学

職務経歴(内部) 【 表示 / 非表示

  • 国立民族学博物館 第一研究部,助手,1995年04月 ~ 1998年03月

  • 人間文化研究機構 国立民族学博物館 民族社会研究部人類環境部門,助教授,1998年04月 ~ 2007年02月

  • 人間文化研究機構 国立民族学博物館 民族社会研究部,教授,2007年03月 ~ 2017年03月

  • 人間文化研究機構 国立民族学博物館 民族文化研究部,研究部長(併任),2015年04月 ~ 2017年03月

  • 人間文化研究機構 国立民族学博物館 人類文明誌研究部,教授,2017年04月 ~ 継続中

略歴(外部) 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学 文学部附属北方文化研究施設文化人類学部門,助手,1990年 ~ 継続中

  • 総合研究大学院大学 先導科学研究科生命体科学専攻,助教授,1999年 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本人類学会

  • 日本熱帯生態学会

  • 日本生態学会

  • 人文地理学会

  • 人と動物との関係学会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 生き物文化の総合的研究

  • ビーズ細工および「親指ピアノ」に関する物質文化研究

  • 地球環境史および地球環境問題に関する人類学的研究

  • 人類のテリトリー制に関する政治生態的研究

  • 乾燥帯アフリカ(カラハリ砂漠、ソマリランド)および東北アジア(チュコトカ、東北日本)の狩猟採集文化、牧畜文化の民族誌的研究

全件表示 >>

 

単著 【 表示 / 非表示

  • 池谷和信,人間にとってスイカとは何か――カラハリ狩猟民と考える(フィールドワーク選書; 5),臨川書店,2014年

    単行本(学術書)

  • 池谷和信,わたしたちのくらしと家畜(2)家畜にいま何がおきているのか,童心社,2013年

    単行本(学術書)

  • 池谷和信,わたしたちのくらしと家畜(1)家畜ってなんだろう,童心社,2013年

    単行本(学術書)

  • 池谷和信,現代の牧畜民-乾燥地域の暮らし-,古今書院,2006年07月

    単行本(学術書)

  • 池谷和信,山菜採りの社会誌―資源利用とテリトリー―,東北大学出版会,2003年12月

    単行本(学術書)

全件表示 >>

分担執筆 【 表示 / 非表示

  • 池谷和信,狩猟採集民からみた地球環境史,狩猟採集民からみた地球環境史―自然・隣人・文明との共生

    1-21,東京大学出版会,2017年03月,単行本(学術書)

  • 池谷和信,地球の先住者から学ぶこと,狩猟採集民からみた地球環境史―自然・隣人・文明との共生

    297-302,東京大学出版会,2017年03月,単行本(学術書)

  • Shinsuke Nakai and Kazunobu Ikeya,Structure and Social Composition of Hunter-Gatherer Camps: Have the Mlabri Settled Permanently?,Hunter-Gatherers and their Neighbors in Asia, Africa, and South America

    123-138,Shinsuke Nakai and Kazunobu Ikeya,2016年,単行本(学術書)

  • Kazunobu Ikeya and Robert K. Hitchcock,Introduction,Hunter-Gatherers and their Neighbors in Asia, Africa, and South America

    1-15,National Museum of Ethnology,2016年,単行本(学術書)

  • Kazunobu Ikeya,Interaction of the San, NGOs, Companies, and the State,Hunter-Gatherers and their Neighbors in Asia, Africa, and South America

    255-267,National Museum of Ethnology,2016年,単行本(学術書)

全件表示 >>

共著・編著 【 表示 / 非表示

  • Kazunobu Ikeya,The Spread of Food Cultures in Asia(Senri Ethnological Studies 100),National Museum of Ethnology,2019年03月

    単行本(学術書)

  • R. Fleming Puckett and K. Ikeya,Research and Activism among the Kalahari San Today: Ideals, Challenges, and Debates(Senri Ethnological Studies 99),National Museum of Ethnology,2018年07月

    単行本(学術書)

  • Kazunobu Ikeya,Sedentarization among Nomadic Peoples in Asia and Africa, Senri Ethnological Studies 95,National Museum of Ethnology,2017年11月

    単行本(学術書)

  • 池谷 和信,狩猟採集民からみた地球環境史―自然・隣人・文明との共生,東京大学出版会,2017年03月

    単行本(学術書)

  • 池谷 和信 ,ビーズ―つなぐ・かざる・みせる,国立民族学博物館,2017年03月

    単行本(学術書),共著

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Kazunobu Ikeya,Utilization of Wild Plants as Food and Commodity in Japan,The Spread of Food Cultures in Asia, Senri Ethnological Studies100号 (頁 223 ~ 230) ,2019年03月

    論文(その他学術刊行物等),単著

  • Kazunobu Ikeya,Food Cultures in the World Represented by a Museum Exhibition,The Spread of Food Cultures in Asia, Senri Ethnological Studies100号 (頁 65 ~ 79) ,2019年03月

    論文(その他学術刊行物等),単著

  • 池谷和信,アジアにおける豚の飼養形態―放牧、移牧、日帰り放牧,All about SWINE54号 (頁 3 ~ 7) ,2019年02月

    論文(その他学術刊行物等),単著

  • 池谷和信,ミュージアムからみえる生き物と人,ビオストーリー29号 (頁 7 ~ 9) ,2018年06月

    論文(学術雑誌),単著

  • 池谷和信,タカラガイの道―貝に刻まれた人類史,国立民族学博物館コレクション 貝の道 (頁 41 ~ 45) ,2018年06月

    論文(その他学術刊行物等),単著

全件表示 >>

MISC 【 表示 / 非表示

  • 池谷和信,人と家畜のエピソード41 馬と人とのかかわり,JVM獣医畜産新,68巻 8号 (頁 565 ~ ) ,2015年08月

    総説・解説,単著

  • 池谷和信,考える舌9 魅惑の果実「カムカム」,京都新聞,2015年07月

    総説・解説,単著

  • 池谷和信,生き物の死へのまなざし――生き物文化誌からの視点,ビオストーリー,23巻 (頁 6 ~ 7) ,2015年06月

    総説・解説,単著

  • 池谷和信,踊る(2) 病気治しのダンス,毎日新聞夕刊,2015年05月

    総説・解説,単著

  • 池谷和信,考える舌(1) アマゾンの『ピラルク』,京都新聞,2015年05月

    総説・解説,単著

全件表示 >>

口頭発表 【 表示 / 非表示

  • 池谷和信,イノシシ,ブタの文化人類学的研究,在来家畜研究会・日本動物遺伝育種学会合同シンポジウム:「アジアの在来家畜研究最前線~イノシシ・ブタを例にして,分子系統,古代DNA,文化人類学的視点から~」,神戸大学,2017年03月,国内会議,シンポジウム・研究ワークショップ パネル(公募)

  • 岸上伸啓,北アメリカ・アラスカ地域における現代の先住民捕鯨と気候変動,平成28年度国立民族学博物館特別研究シンポジウム「歴史生態学から見た人と生き物の関係」,国立民族学博物館,2017年03月,国際会議,口頭(一般)

  • 池谷和信,趣旨説明,開館40周年記念特別展「ビーズ―つなぐ・かざる・みせる」関連公開研究会(第10回月例会)「北東アジアのガラス玉の道―アイヌのタマサイを中心に」,国立民族学博物館,2017年03月,国内会議,口頭(一般)

  • 池谷和信,世界史の中のビーズ,北東アジア地域研究会・民博拠点(月例会),国立民族学博物館,2017年02月,国内会議,口頭(一般)

  • 池谷和信,Access and Management of Natural Resources in Northeast Asia -From Points of View in the Non-Timber Forest Products (NTFP)―,富山大学・研究推進機構・極東地域研究センター 人間文化研究機構「北東アジア地域研究推進事業」北東アジアにおける資源の持続可能な利用,富山大学,2017年01月,国際会議,口頭(一般)

全件表示 >>

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • 企画展「みんぱく昆虫館」,2006年07月 ~ 2006年09月

    その他

  • 「ケニア、変わらないもの・変わるもの―遊牧民の女性、ストリートチルドレン、NGO―」みんぱく映画会,2004年12月

    その他

  • 「アフリカに暮らす─キャンプ、村、スラム─」みんぱく映画会 ,2001年12月

    その他

  • 「ボツワナの砂漠にたつ新興住宅地」毎日放送みんぱくアワー,2001年08月

    その他

  • 「ケープタウンのスラム」毎日放送みんぱくアワー,2001年07月

    その他

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • -,日本地理学会優秀賞,2007年03月20日,その他の賞,-

  • -,第10回日本アフリカ学会研究奨励賞,1998年,その他の賞,-

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(B),2005年 ~ 2007年,熱帯アフリカにおける自然資源の利用に関する環境史的研究

  • 基盤研究(C),2003年 ~ 2004年,南部アフリカにおける先住民の土地権運動に関する研究

  • 基盤研究(C),2001年 ~ 2002年,遊牧民の都市への移住と社会変化に関する研究

  • 基盤研究(C),1999年 ~ 2000年,イギリス植民地におけるカラハリ・サンの歴史地理学的研究

  • 基盤研究(C),1996年,アフリカ遊牧民の社会変容に関わる文化地理学的研究

 
 
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本文化人類学会,-

  • 日本地理学会,-

  • 日本アフリカ学会,-

  • 日本沙漠学会,-

  • 日本民俗学会,-

全件表示 >>

機構外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 総合研究大学院大学先導科学研究科

  • 総合地球環境学研究所

  • 鳥取大学乾燥地研究センター

  • 日本アフリカ学会

  • 人文地理学会

全件表示 >>