基本情報

写真a

関 雄二

SEKI Yuji


職名

教授

研究分野・キーワード

ペルーラテンアメリカ、メスティソ、アンデス考古学、文化人類学

職務経歴(内部) 【 表示 / 非表示

  • 国立民族学博物館 民族社会研究部,助教授,1999年01月 ~ 2004年03月

  • 人間文化研究機構 国立民族学博物館 研究戦略センター,助教授,2004年04月 ~ 2005年10月

  • 人間文化研究機構 国立民族学博物館 研究戦略センター,教授,2005年10月 ~ 2007年03月

  • 人間文化研究機構 国立民族学博物館 先端人類科学研究部,教授・部長,2007年04月 ~ 2009年03月

  • 人間文化研究機構 国立民族学博物館 研究戦略センター,教授,2009年04月 ~ 2016年03月

全件表示 >>

略歴(外部) 【 表示 / 非表示

  • 東京大学 教養学部,助手,1983年04月 ~ 1986年09月

  • 東京大学 総合研究資料館,助手,1986年10月 ~ 1995年03月

  • 天理大学 国際文化学部,助教授,1995年04月 ~ 1998年12月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本ラテンアメリカ学会

  • 古代アメリカ学会

  • Society for American Archaeology

  • 日本文化人類学会

  • 文化遺産国際協力コンソーシアム

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 古代アンデス文明の形成過程

  • 現代ペルーの文化行政

  • 文化遺産の保存と活用

  • アンデス考古学、文化人類学

 

単著 【 表示 / 非表示

  • 大城道則, 青山和夫, 関雄二,世界のピラミッド大事典,柊風舎,2018年12月

    事典・辞書

  • 関雄二,『アンデスの文化遺産を活かす―考古学者と盗掘者の対話(フィールドワーク選書; 6)』,臨川書店,2014年02月

    単行本(学術書)

  • 関雄二,『アンデスの考古学 改訂版』,同成社,2010年09月

    単行本(学術書)

  • 関雄二,『古代アンデス 権力の考古学』,京都大学学術出版会,2006年01月

    単行本(学術書)

  • 関雄二,『ペルーにおける世界文化遺産概念と国家・地域の文化遺産概念との相互作用に関する研究』(平成12~14年度科学研究費補助金基盤研究(C)(2)研究成果報告書),-,2003年

    単行本(学術書)

全件表示 >>

分担執筆 【 表示 / 非表示

  • 関雄二,南米のピラミッド,大城道則/青山和夫/関雄二,世界のピラミッド大事典

    453-568,柊風舎,2018年12月,事典・辞書

  • 關雄二,試探遺址管理中居民參與之意義:來自國際合作的現場 (2013「遺跡管理における住民参加の意味を問う―国際協力の現場から―」の翻訳),張維安・何金樑・河合洋尚(主編),『博物館與客家研究』

    183-200,客家委員會客家文化發展中心,2018年12月,単行本(学術書)

  • 関 雄二,「南米における農耕の成立と文明形成」,アジア考古学四学会編『アジアの考古学3 農耕の起源と拡散』

    pp.307-326,高志書院,2017年10月,単行本(学術書)

  • 関 雄二,「遺跡をめぐるコミュニティの生成―南米ペルー北高地の事例から」,飯田卓編『文明史のなかの文化遺産』

    pp.63-93,臨川書店,2017年05月,単行本(学術書)

  • 関雄二,「物質性の人類学の可能性」,古屋嘉章ほか編『「物質性」の人類学-世界は物質の流れの中にある-』

    pp.237-242,同成社,2017年03月,単行本(学術書)

全件表示 >>

共著・編著 【 表示 / 非表示

  • 古谷嘉章, 関雄二, 佐々木重洋,『「物質性」の人類学-世界は物質の流れの中にある-』,同成社,2017年03月

    単行本(学術書),共編

  • 関雄二,『アンデス文明 神殿から読み取る権力の世界』,臨川書店,2017年03月

    単行本(学術書)

  • 関雄二,『古代文明アンデスと西アジア 神殿と権力の生成』,朝日新聞出版,2015年08月

    単行本(学術書)

  • 国立民族学博物館(編),『世界民族百科事典』,丸善出版,2014年07月

    事典・辞書,《章の編集》「他者・表象」,共編

  • Yuji Seki,El Centro Ceremonial Andino: Nuevas Perspectivas para los Períodos Arcaico y Formativo (Senri Ethnological Studies 89),National Museum of Ethnology,2014年05月

    単行本(学術書)

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • 関雄二,ラテンアメリカにおける文化遺産に関する日本の国際協力(2019 Cooperación internacional de Japón al patrimonio cultural en América Latina の翻訳),El proyecto Impulso en la recuperación de los museos afectados por el “Terremoto de Ecuador de 2016”Civilizations Special Issue 2018号 (頁 25 ~ 33) ,2019年03月

    論文(その他学術刊行物等),単著

  • Yuji Seki,Cooperación internacional de Japón al patrimonio cultural en América Latina.,El proyecto Impulso en la recuperación de los museos afectados por el “Terremoto de Ecuador de 2016”Civilizations Special Issue 2018号 (頁 175 ~ 185) ,2019年03月

    論文(その他学術刊行物等),単著

  • Tomohito Nagaoka, Mai Takigami, Yuji Seki, Kazuhiro Uzawa, Diana Alemán Paredes, Percy Santiago Andía Roldán, Daniel Morales Chocano,Bioarchaeological evidence of decapitation from Pacopampa in the northern Peruvian highlands.,PLOS ONE (頁 e0210458 ~ ) ,2019年01月

    DOI:10.1371/journal.pone.0210458,論文(その他学術刊行物等),共著

  • 關 雄二,試探遺址管理中居民參與之意義:來自國際合作的現場 (2013 「遺跡管理における住民参加の意味を問う―国際協力の現場から―」の翻訳),張維安・何金樑・河合洋尚(主編)『博物館與客家研究』,2018年12月

    論文(学術雑誌),単著

  • 関雄二,アンデス文明におけるモニュメンタリティ:権力とモニュメント出現の関係,歴博国際シンポジウム「日本の古墳はなぜ巨大なのか?―古代モニュメントの比較考古学―」予稿集 (頁 21 ~ 27) ,2018年11月

    論文(国際会議録),単著

全件表示 >>

MISC 【 表示 / 非表示

  • 関雄二,国立民族学博物館の収蔵品(59) 民族衣装は伝統的?,文部科学教育通信453号 (頁 2 ~ ) ,2019年02月

    新聞・雑誌等での執筆(IR),単著

  • 関雄二,海外での考古学の厳しさ,高梨学術奨励基金,高梨学術奨励基金年報平成29年度号 (頁 寄稿文 ~ ) ,2018年11月

    新聞・雑誌等での執筆(IR),単著

  • 関雄二,日本のアンデス考古学調査60年,アムプロモーション,チャスキ(アンデス文明研究会会報)57号 (頁 3 ~ 4) ,2018年06月

    新聞・雑誌等での執筆(IR),単著

  • 関雄二、清岡央 聞き手,パコパンパ遺跡―権力生成のプロセスを求めて,中央公論新社,アンデス古代の探求―日本人研究者が行く最前線 (頁 83 ~ 106) ,2018年05月

    その他記事,単著

  • 関 雄二,「中南米の墓」,国立歴史民俗博物館,『企画展示 世界の眼でみる古墳文化』 (頁 40 ~ 49) ,2018年03月

    総説・解説,単著

全件表示 >>

口頭発表 【 表示 / 非表示

  • Yuji Seki, Nagisa Nakagawa,Expansión o consolidación ?: La transformación de la sociedad desde el Formativo Medio al Formativo Tardío en la sierra norte del Perú,国際シンポジウム:Nuevas Perspectivas a la Formación de Civilización Temprana en Los Andes: Cronología, Interacción, y Organización Social/アンデス文明形成過程をめぐる新たな視角:編年、交流、社会組織,国立民族学博物館,2019年03月,国内会議,その他

  • 関雄二,文化遺産の持続的活用―南米アンデスの事例から,第24回文化遺産国際協力コンソーシアム研究会「文化遺産とSDGs」,東京文化財研究所地階セミナー室,2019年01月,国内会議,その他

  • 関雄二,パコパンパ遺跡の発掘―権力生成の探求と遺跡保護をめぐる地域住民との共創,日本アンデス調査60周年記念シンポジウム「アンデス文明の成り立ちを追って―日本調査団の継承と発展―」(主催:日本アンデス調査60周年記念シンポジウム実行委員会、山形大学、共催:国立民族学博物館),東京大学伊藤国際学術研究センター伊藤謝恩ホール,2018年12月,国内会議,その他

  • 関雄二,アンデス文明におけるモニュメンタリティ:権力とモニュメント出現の関係,歴博国際シンポジウム「日本の古墳はなぜ巨大なのか?-古代モニュメントの比較考古学-」,明治大学アカデミーコモン,2018年11月,国内会議,その他

  • 関雄二,文明研究と地域社会との共生・共創,国立大学法人総合研究大学院大学創立30周年記念シンポジウム「人類はどこへ向かうのか:人類社会の未来」,東京大学駒場Iキャンパス 21KOMCEE EAST K011,2018年11月,国内会議,その他

全件表示 >>

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • 国立民族学博物館アメリカ展示場リニューアル,2011年

    その他

  • 国立民族学博物館アメリカ展示場リニューアル,2003年

    その他

  • 徳島県立博物館企画展「クントゥル・ワシ神殿の発掘:アンデス最古の黄金芸術」,2001年04月 ~ 2001年05月

    その他

  • 阪神百貨店 「クントゥル・ワシ神殿の発掘:アンデス最古の黄金芸術」展,2001年02月

    その他

  • クントゥル・ワシ博物館(ペルー)黄金製品展示場リニューアル,2001年

    その他

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • -,濱田青陵賞 ,2008年,その他の賞,-

  • -,科学分野の功績に対する表彰,2008年,その他の賞,ペルー国立サン・マルコス大学

  • -,クントゥル・ワシ賞,2008年,その他の賞,ペルー文化庁カハマルカ支局

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 科研,2007年 ~ 2010年,先史アンデス社会における権力の生成過程の研究

  • 科研,2000年 ~ 2002年,ペルーにおける世界文化遺産概念と国家・地域の文化遺産概念との相互関係に関する研究

 
 
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本ラテンアメリカ学会,-

  • 古代アメリカ学会,-

  • Society for American Archaeology,-

  • 日本文化人類学会,-

機構外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • アンデス文明研究会顧問

  • ペルー国クントゥル・ワシ文化協会クントゥル・ワシ博物館監査役

  • 国際協力事業団「ペルー全国観光開発マスタープラン調査」作業監理委員会委員

  • 古代学協会古代学研究所初期王権研究委員会委員

  • 国際協力事業団「グァテマラ全国観光開発マスタープラン調査」作業監理委員会委員

全件表示 >>