基本情報

写真a

卯田 宗平

UDA Shuhei


職名

准教授

研究分野・キーワード

自然と人間、動物利用、リバランス論、鵜飼文化、トナカイ飼養、物質文化、技術と技能

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(文学),-,総合研究大学院大学

職務経歴(内部) 【 表示 / 非表示

  • 人間文化研究機構 国立民族学博物館 先端人類科学研究部,准教授,2015年04月 ~ 2017年03月

  • 人間文化研究機構 国立民族学博物館 人類文明誌研究部,准教授,2017年04月 ~ 継続中

略歴(外部) 【 表示 / 非表示

  • 総合研究大学院大学,日本学術振興会特別研究員,2000年 ~ 2003年

  • 千葉大学 文学部,非常勤講師,2004年

  • 高崎経済大学 地域政策学部,非常勤講師,2004年

  • 中央民族大学,日本学術振興会海外特別研究員,2005年 ~ 2007年

  • 中央民族大学,民族学社会学学院訪問学者兼外籍講師,2005年 ~ 2010年

全件表示 >>

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 生き物文化誌学会

  • The Society for Human Ecology (SHE)

  • 文化人類学会

  • 日本民俗学会

  • 生態人類学会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 環境民俗学

  • 生態人類学

 

分担執筆 【 表示 / 非表示

  • 卯田 宗平,生業技術の内在的な展開―中国・大興安嶺森林地帯におけるトナカイ飼育技術の事例報告

    16-19,文部科学省科学研究費補助金新学術領域研究『パレオアジア文化史学―アジア新人文化形成プロセスの総合的研究(人類集団の拡散と定着にともなう文化・行動変化の文化人類学的モデル構築)』,2017年04月,調査報告書

  • 卯田宗平,「中国における環境史研究再考―鵜飼技術からみた自然と人間とのかかわり」水島司編『環境に挑む歴史学』

    勉誠出版 ,2016年10月,単行本(学術書)

論文 【 表示 / 非表示

  • 卯田宗平,カワウの人工繁殖をめぐる漁師の技法と生殖介入の動機―中国雲南省洱海における鵜飼い漁師たちの繁殖技術の事例から,国立民族学博物館研究報告,43巻 4号 (頁 555 ~ 668) ,2019年03月

    論文(学術雑誌),単著

  • 卯田宗平, 澤木万理子, 松坂善勝, 江﨑洋子,「鵜飼のウミウの繁殖生態と鵜匠による技術の安定化ー宇治川の鵜飼における4年間の記録から」,『生き物文化誌学会ビオストーリー』,29巻 (頁 96 ~ 105) ,2018年05月

    論文(学術雑誌),共著

  • 卯田 宗平,人・動物関係におけるリバランスという視座-中国と日本の鵜飼でみられるウ類への働きかけの事例から,環境社会学研究,23巻 (頁 20 ~ 33) ,2017年12月

    論文(学術雑誌),単著,文化人類学・民俗学,地域研究

  • 卯田 宗平,なぜ宇治川の鵜飼においてウミウは産卵したのか-ウミウの捕獲作業および飼育方法をめぐる地域間比較研究,国立民族学博物館研究報告,42巻 2号 (頁 1 ~ 87) ,2017年12月

    論文(学術雑誌),単著,文化人類学・民俗学,地域研究

  • 卯田 宗平 他,宇治川の鵜飼におけるウミウの繁殖・飼育技術の特徴-中国における鵜飼の事例比較,日本民俗学,292巻 (頁 1 ~ 26) ,2017年11月

    論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

MISC 【 表示 / 非表示

  • 卯田宗平,想像界の生物相-カワウソ老いて河童になる?,国立民族学博物館,月刊みんぱく,42巻 10号 (頁 14 ~ 15) ,2018年10月

    その他記事,単著

  • 卯田宗平,持ち運びが便利な双胴船,ジアース教育新社,文部科学教育通信,436巻 (頁 1 ~ ) ,2018年05月

    新聞・雑誌等での執筆(IR),単著

  • 卯田 宗平,新世紀ミュージアム―滋賀県立琵琶湖博物館,国立民族学博物館,月刊みんぱく,41巻 12号 (頁 16 ~ 17) ,2017年12月

    その他記事,単著

  • 卯田 宗平,手段としての動物と人とのかかわり―共通した動物利用の論理を探る,国立民族学博物館,民博通信158号 (頁 14 ~ 15) ,2017年09月

    その他記事,単著

  • 卯田 宗平,鵜飼文化のこれから④ 鵜飼サミット,毎日新聞夕刊,2017年09月

    その他記事,単著

全件表示 >>

口頭発表 【 表示 / 非表示

  • 卯田宗平,脱ドメスティケーションの人類学に関する成果報告,国立民族学博物館『もうひとつのドメスティケーション―家畜化と栽培化に関する人類学的研究』共同研究会,国立民族学博物館,2019年02月,国内会議,その他

  • 卯田宗平,これまでのドメスティケーション研究会の成果と今年度の課題(7),国立民族学博物館『もうひとつのドメスティケーション―家畜化と栽培化に関する人類学的研究』共同研究会,国立民族学博物館,2019年02月,国内会議,その他

  • 卯田宗平,なぜ中国の鵜飼ではカワウをドメスティケートするのか-日本の鵜飼との事例比較から,大学共同利用法人人間文化研究機構(NIHU)ネットワーク型基幹研究プロジェクト「北東アジア地域研究推進事業」東北大学東北アジア研究センター拠点「日中交流セミナー・動物資源をめぐる文化のデザイン」,東北大学東北アジア研究センター436大会議室,2018年11月,国内会議,その他

  • 卯田宗平,これまでのドメスティケーション研究会の成果と今年度の課題(6),国立民族学博物館『もうひとつのドメスティケーション―家畜化と栽培化に関する人類学的研究』共同研究会,国立民族学博物館大演習室,2018年11月,国内会議,その他

  • 卯田宗平,これまでのドメスティケーション研究会の成果と今年度の課題(5),国立民族学博物館『もうひとつのドメスティケーション―家畜化と栽培化に関する人類学的研究』共同研究会,国立民族学博物館大演習室,2018年10月,国内会議,その他

全件表示 >>