基本情報

写真a

菊澤 律子

KIKUSAWA Ritsuko


職名

准教授

研究分野・キーワード

オセアニア、フィジー、ヴァヌアツ、フィリピン、マダガスカル、オーストロネシア、マラガシ、記述言語学、比較(歴史)言語学、比較(歴史)統語論、言語類型論、先史言語学、言語分析におけるGISの利用

メールアドレス

メールアドレス

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  文学部  言語学専修課程

    大学,1990年03月,卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  人文科学研究科

    修士課程,1993年03月,修了

  • 東京大学  人文科学研究科

    博士課程,1996年03月,中退

  • ハワイ大学マノア校  言語学部  言語学

    博士課程,2000年08月,修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • Ph.D. (Linguistics),-,ハワイ大学

職務経歴(内部) 【 表示 / 非表示

  • 人間文化研究機構 国立民族学博物館 先端人類科学研究部,准教授,2005年04月 ~ 2017年03月

  • 人間文化研究機構 国立民族学博物館 人類基礎理論研究部,准教授,2017年04月 ~ 継続中

略歴(外部) 【 表示 / 非表示

  • 東京外国語大学 アジア・アフリカ言語文化研究所,助手,1995年 ~ 2000年

  • 東京外国語大学 アジア・アフリカ言語文化研究所,助教授,2000年 ~ 2005年

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本言語学会

  • 日本歴史言語学会

  • 日本オセアニア学会

  • 日本展示学会

  • International Society for Historical Linguistics

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 言語学・オーストロネシア諸語

 

単著 【 表示 / 非表示

  • 菊澤律子,Proto Central Pacific Ergativity: Its Reconstruction and Development in the Fijian(Rotuman and Polynesian Languages (Pacific Linguistics 520)),Pacific Linguistics.,2002年

    単行本(学術書)

分担執筆 【 表示 / 非表示

  • 田口義久・菊澤律子,特集シンポ '17 「言語系統論の過去(これまで)と未来(これから)」~はじめに~,歴史言語学

    35-36,日本歴史言語学会,2018年12月,その他

  • Ritsuko Kikusawa,Introduction,Satawalese Cultural Dictionary. Senri Ethnological Research 145

    xii-xvii,National Museum of Ethnology,2018年03月,単行本(学術書)

  • Ritsuko Kikusawa,Orthography,Satawalese Cultural Dictionary. Senri Ethnological Research 145

    xviii-xix,National Museum of Ethnology,2018年03月,単行本(学術書)

  • Ritsuko Kikusawa,Supplement to Grammatical Notes,Satawalese Cultural Dictionary. Senri Ethnological Research 145

    xxxiv-xxxv,National Museum of Ethnology,2018年03月,単行本(学術書)

  • Ritsuko Kikusawa,Cultural Notes,Satawalese Cultural Dictionary. Senri Ethnological Research 145

    3-93,National Museum of Ethnology,2018年03月,単行本(学術書)

共著・編著 【 表示 / 非表示

  • Sabino Sauchomal, Tomoya Akimichi, Shuzo Ishimori, Ken’ichi Sudo, Hiroshi Sugita, Ritsuko Kikusawa and Lawrence A. Reid,Satawalese Cultural Dictionary. Senri Ethnological Research 145,National Museum of Ethnology,2018年03月

    単行本(学術書),共編

  • Ritsuko Kikusawa and Lawrence A. Reid,Let’s Talk about Trees: Genetic Relationships of Languages and Their Phylogenic Representation. Senri Ethnological Studies,National Museum of Ethnology,2018年03月

    単行本(学術書),共編

  • Wataru Nakamura and Ritsuko Kikusawa,Objectivization and subjectivization: A typology of voice systems. Senri Ethnological Studies 77,National Museum of Ethnology,2012年03月

    単行本(学術書),共編

論文 【 表示 / 非表示

  • 菊澤律子,特集シンポ '17 「歴史言語学における樹形図モデルの応用―オーストロネシア歴史言語学の事例より―」,歴史言語学7号 (頁 43 ~ 60) ,2018年12月

    論文(その他学術刊行物等),単著

  • Ritsuko Kikusawa,What the Tree Model Represents: Language Change, Time Depth, and Visual Representation,Ritsuko Kikusawa and Lawrence A. Reid (eds) Let’s Talk about Trees: Genetic Relationships of Languages and Their Phylogenic Representation. Senri Ethnological Studies 98 (頁 171 ~ 193) ,2018年03月

    論文(その他学術刊行物等),単著

  • Ritsuko Kikusawa, Lawrence A. Reid,Introduction (Let’s Talk about Trees: Genetic Relationships of Languages and Their Phylogenic Representation),Ritsuko Kikusawa and Lawrence A. Reid (eds) Let’s Talk about Trees: Genetic Relationships of Languages and Their Phylogenic Representation. Senri Ethnological Studies 98 (頁 1 ~ 8) ,2018年03月

    論文(その他学術刊行物等),共著

  • Ritsuko Kikusawa,Ergativity and language change in Austronesian languages,The Oxford Handbook of Ergativity,2017年05月

    論文(その他学術刊行物等),単著

  • Kikusawa R., Okumoto M., Kubo T., Rodrigo L. ,Developing eLecture Materials for Hearing Impaired Students and Researchers: Designing Multiple-Video Programs and Usability Assessment,Computers Helping People with Special Needs. ICCHP 2016. Lecture Notes in Computer Science,9759巻 (頁 415 ~ 418) ,2016年07月

    DOI:10.1007/978-3-319-41267-2_58,論文(国際会議録),共著

全件表示 >>

MISC 【 表示 / 非表示

  • 菊澤律子,声の言葉と手の言葉(二一)コトバの変化(1),ミネルヴァ書房「究」96号 (頁 20 ~ 23) ,2019年03月

    その他記事,単著

  • 菊澤律子,声の言葉と手の言葉(二〇)「通じる」と「通じない」,ミネルヴァ書房「究」95号 (頁 20 ~ 23) ,2019年02月

    その他記事,単著

  • 菊澤律子,声の言葉と手の言葉(一九)コトバの理解に必要な要素,ミネルヴァ書房「究」94号 (頁 20 ~ 23) ,2019年01月

    その他記事,単著

  • 菊澤律子,声の言葉と手の言葉(一八)言語の運用・受容と認知評価,ミネルヴァ書房「究」93号 (頁 20 ~ 23) ,2018年12月

    その他記事,単著

  • 菊澤律子,声の言葉と手の言葉(一七)学術会議での使用言語(2),ミネルヴァ書房「究」92号 (頁 20 ~ 23) ,2018年11月

    その他記事,単著

全件表示 >>

口頭発表 【 表示 / 非表示

  • Kikusawa, Ritsuko,Linguistic Mapping and Historical Analysis: Linguists’ Wish List,Fijian Languages, Maps and Beyond: An Interim Report of the Fijian Language GIS (Geographic Information System) Project,The University of the South Pacific, Suva,2019年03月,国際会議,その他

  • Kikusawa, Ritsuko,About the Fijian Language GIS Project: Why Fijian Languages, Why GIS?,International Symposium Fijian Languages and GIS Project, and Its Application to Museum Exhibits,Seminar Room #4, National Museum of Ethnology,2018年09月,国内会議,その他

  • Kikusawa, Ritsuko, John Lowry, Paul Geraghty, Apolonia Tamata, Sano Fumiya, Okamoto Susumu, and Teramura Hirofumi,Linguistic Mapping and Historical Analysis: A Progress Report of a Fijian Language GIS Project,The 14th International Conference on Austronesian Linguistics,University of Antananarivo,2018年07月,国際会議,その他

  • 菊澤律子,手話通訳を含む多画面ウェブ配信の配信アプリの制作とユーザビリティ評価,電子情報通信学会 リアルタイムコミュニケーション言語(LARC)第3種研究会第11回研究会,霧島国際ホテル,2018年06月,国内会議,その他

  • 菊澤律子,マダガスカルの言語はなぜ『オーストロネシア系』なのか―歴史言語学の方法と今後の展開の可能性―,第22回マダガスカル研究懇談会,京都大学稲盛記念会館,2018年03月,国内会議,シンポジウム・研究ワークショップ パネル(指名)

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 菊澤律子,2014年度学融合推進センター賞 ,2015年01月,国内学会・会議・シンポジウム等の賞,統合研究大学院大学学融合推進センター

  • -,2013年度学融合推進センター公開研究報告会学融合推進センター賞,2014年01月,その他の賞,-

  • -,ラルフ・チカト・ホンダ優秀奨学生賞,2009年07月,その他の賞,-

  • -,第4回(平成19年度)日本学術振興会賞,2008年03月,その他の賞,-

  • -,第4回日本オセアニア学会賞受賞,2005年03月,その他の賞,-

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 若手研究(B),2003年04月 ~ 2007年03月,オーストロネシア諸語における代名詞の数の体系の歴史的発展経緯の解明

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • りそなアジアオセアニア財団研究助成金(国際共同研究),2017年04月 ~ 2019年03月,地理情報システム(GIS)を用いたフィジー語方言地図の作成とそれに基づくヒトの移動史の解析

    りそなアジアオセアニア財団

寄附金・講座・研究部門 【 表示 / 非表示

  • 手話言語学研究部門の設置および手話言語学事業の推進,日本財団,2017年04月

  • 手話言語学研究部門の設置および手話言語学事業の推進,日本財団,2016年04月

 
 
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本歴史言語学会,会長

  • 日本言語学会,常任委員

  • Journal of Historical Linguistics,編集顧問委員

  • Brill's Studies in Historical Linguistics,編集顧問委員

  • Journal of Historical Syntax,編集顧問委員

全件表示 >>