基本情報

写真a

広瀬 浩二郎

HIROSE Kojiro


職名

准教授

研究分野・キーワード

日本東北、九州、京都、歴史、宗教、福祉、文化

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(文学),-,京都大学

職務経歴(内部) 【 表示 / 非表示

  • 人間文化研究機構 国立民族学博物館 民族文化研究部,助手,2001年04月 ~ 2008年03月

  • 人間文化研究機構 国立民族学博物館 民族文化研究部,准教授,2008年04月 ~ 2017年03月

  • 人間文化研究機構 国立民族学博物館 グローバル現象研究部,准教授,2017年04月 ~ 継続中

略歴(外部) 【 表示 / 非表示

  • 京都大学 文学部,研修員,1997年04月 ~ 2000年03月

  • 花園大学 社会福祉学部,非常勤講師,1999年04月 ~ 2010年03月

  • 関西学院大学,非常勤講師,2010年04月 ~ 継続中

  • 東海大学,非常勤講師,2015年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 「宗教と社会」学会

  • 日本武道学会

  • 日本文化人類学会

  • 日本史研究会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 文化人類学

  • 日本宗教史・民俗学

 

単著 【 表示 / 非表示

  • 広瀬 浩二郎,目に見えない世界を歩く,平凡社,2017年12月

    単行本(一般書)

  • 広瀬 浩二郎,ひとが優しい博物館: ユニバーサル・ミュージアムの新展開,青弓社,2016年08月

    単行本(学術書)

  • 広瀬浩二郎,ひとが優しい博物館,青弓社,2016年08月

    単行本(一般書)

  • 広瀬浩二郎,身体でみる異文化――目に見えないアメリカを描く,臨川書店,2015年03月

    単行本(学術書)

  • 広瀬浩二郎,さわる文化への招待(韓国語版),韓国点字図書館出版部,2013年

    単行本(学術書)

全件表示 >>

分担執筆 【 表示 / 非表示

  • 広瀬浩二郎,知のバリアフリー――「障害」で学びを拡げる

    京都大学学術出版会,2014年12月,その他

共著・編著 【 表示 / 非表示

  • 嶺重慎・広瀬浩二郎・村田淳,知のスイッチ:「障害」からはじまるリベラルアーツ,岩波書店,2019年02月

    単行本(学術書)

  • -,世界をさわるーー新たな身体知の探究,文理閣,2014年09月

    その他

  • -,万人のための点字力入門――さわる文字からさわる文化へ,生活書院,2010年09月

    その他

  • -,だれもが楽しめるユニバーサル・ミュージアム――“つくる”と“ひらく”の現場から,読書工房,2007年

    その他

論文 【 表示 / 非表示

  • 広瀬浩二郎,盲人と海,感覚をひらく:新たな美術鑑賞プログラム創造推進事業平成30年度実施報告書 (頁 33 ~ 40) ,2019年03月

    論文(大学,研究機関紀要),単著

  • Kojiro Hirose,Hands of a Goze,Disability and Affect: Proceedings of Two International Symposiums about Art (頁 7 ~ 14) ,2019年03月

    論文(その他学術刊行物等),単著

  • 広瀬浩二郎,自分史と人類史の往還,思想史と人類学の対話 (頁 30 ~ 41) ,2019年03月

    論文(その他学術刊行物等),単著

  • 広瀬浩二郎,副音声と副触図,マンガ展評論Vol.3号 (頁 4 ~ 12) ,2019年02月

    論文(その他学術刊行物等),単著

  • 広瀬浩二郎,『無障礙博物館』概念:展示觸覺文化的意義和可能性,文化平權在亞洲:博物館教育新趨勢國際論壇 (頁 79 ~ ~82) ,2018年11月

    論文(国際会議録),単著

全件表示 >>

MISC 【 表示 / 非表示

  • 広瀬浩二郎,視覚障害者の絵画鑑賞:『副触図』の可能性,国立民族学博物館,民博通信161号 (頁 20 ~ 21) ,2018年06月

    新聞・雑誌等での執筆(IR),単著

  • 広瀬浩二郎,梅棹忠夫『夜はまだあけぬか』を読み直す:障害研究と文化相対主義,国立民族学博物館,月刊みんぱく,42巻 4号 (頁 2 ~ 3) ,2018年04月

    新聞・雑誌等での執筆(IR),単著

  • 広瀬 浩二郎,Distinguishing “Barrier Free” and “Universality”,MINPAKU Anthropology Newsletter45号 (頁 7 ~ 9) ,2017年12月

    その他記事,単著

  • 広瀬 浩二郎,「ユニバーサル・ツーリズム」とは何か,国立民族学博物館,民博通信157号 (頁 16 ~ 17) ,2017年06月

    その他記事,単著

  • 広瀬浩二郎,ふれ愛――『さわる展示』の原点を求めて,吹田市立博物館だより6号 (頁 7 ~ 8) ,2015年03月

    総説・解説,単著

全件表示 >>

口頭発表 【 表示 / 非表示

  • 広瀬浩二郎,触文化展示の意義と方法,文化平權在亞洲:博物館教育新趨勢國際論壇,国立台湾歴史博物館,2018年11月,国際会議,その他

  • 広瀬 浩二郎,Hands of a Goze,英国・日英大和基金主催講演会,日英大和ホール,2018年02月,国際会議,口頭(招待・特別)

  • 広瀬 浩二郎,彫刻に触れる,シンポジウム「彫刻と生きる」,東海大学松前記念館,2017年12月,国内会議,口頭(招待・特別)

  • 広瀬 浩二郎,無視覚流で歩く,セミナー「病と雑音の香り」,京都大学時計台ホール,2017年10月,国内会議,口頭(招待・特別)

  • 広瀬 浩二郎,日本におけるユニバーサル・ミュージアム運動,友善平權國際検討會,新北市立十三行博物館,2017年10月,国際会議,口頭(基調)

全件表示 >>

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • 企画展 「さわる文字、さわる世界─触文化が創りだすユニバーサル・ミュージアム─」 ,2006年

    その他

 
 
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 「宗教と社会」学会,-

  • 日本武道学会,-

  • 日本文化人類学会,-

  • 日本史研究会,-

機構外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 巫覡盲僧学会