基本情報

写真a

朝日 祥之

ASAHI Yoshiyuki


職名

准教授

研究分野・キーワード

社会言語学 , 残存日本語 , 言語意識 , サハリン , 方言接触 , 北海道方言 , 北方少数民族 , コイネ , 変異理論 , 言語接触

職務経歴(内部) 【 表示 / 非表示

  • 人間文化研究機構 国立国語研究所,准教授,2009年10月 ~ 継続中

略歴(外部) 【 表示 / 非表示

  • 独立行政法人国立国語研究所 情報資料部門 第二領域,研究員,2004年 ~ 2005年

  • 独立行政法人国立国語研究所 研究開発部門 言語生活グループ,研究員,2006年 ~ 2009年

  • 大学共同利用機関法人人間文化研究機構国立国語研究所,時空間変異研研究系 准教授,2009年 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • Methods (International Conference on Methods in Dialectology)

  • Foundation for Endangered Languages

  • 関西言語学会

  • 日本言語政策学会

  • 日本方言研究会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 日本語学

  • 言語学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • サハリンに形成された日本語樺太方言の多様性に関する社会言語学的研究,2011年 ~ 2013年

    未設定,その他の研究制度

  • 都市の地域中心性と敬語行動 ―伊賀上野における第二次調査を中心に―,2010年 ~ 2012年

    未設定,その他の研究制度

  • 北海道,福岡,鹿児島に見られる音調句の言語変化に関する社会言語学的研究,2009年 ~ 2011年

    未設定,その他の研究制度

  • 樺太方言と北海道方言の言語変容に見られる関係についての調査研究,2008年 ~ 2010年

    未設定,その他の研究制度

  • 敬語と敬語意識の半世紀-愛知県岡崎市における第3次調査-,2007年 ~ 2009年

    未設定,その他の研究制度

全件表示 >>

単著 【 表示 / 非表示

  • 朝日祥之・原山浩介,アメリカ・ハワイ日系社会の歴史と言語文化,東京堂出版,2015年03月

    その他

  • 朝日 祥之,海を渡った日本語(『人間文化』vol.20),人間文化研究機構,2014年06月

    その他,趣旨説明

  • 朝日 祥之,サハリンに残された日本語樺太方言,明治書院,2012年10月

    その他

  • 真田信治・ダニエル=ロング・朝日祥之・簡月真,改訂版社会言語学図集,秋山書店,2010年03月

    単行本(学術書)

  • 朝日 祥之,ニュータウン言葉の形成過程に関する社会言語学的研究,ひつじ書房,2008年02月

    単行本(学術書)

分担執筆 【 表示 / 非表示

  • 朝日祥之,第5章海外の日本語方言,はじめて学ぶ方言学ーことばの多様性をとらえる28章

    ミネルヴァ書房,2016年03月,その他

  • 朝日 祥之,原山 浩介,アメリカ・ハワイ日系社会の歴史と言語文化

    東京堂出版,2015年03月,単行本(学術書)

共著・編著 【 表示 / 非表示

  • 見野久幸,朝日祥之,北海道方言の地理的・年齢的勢力分布と動態(2)ー若年層(高校生)と壮年層(30歳代〜50歳代)での男女別使用ー調査データグラフ集 語彙・語法編,国立国語研究所,2018年03月

    調査報告書,共著

  • 見野久幸,朝日祥之,北海道方言の地理的・年齢的勢力分布と動態(1)ー若年層(高校生)と壮年層(30歳代〜50歳代)での男女別使用ー調査データグラフ集 語彙編,国立国語研究所,2018年03月

    調査報告書,共著

論文 【 表示 / 非表示

  • 朝日祥之,北海道方言の録音資料の資源化と課題 ー北見市常呂町調査を事例にー,北海道方言研究会会報,94巻 (頁 32 ~ 38) ,2018年02月

    論文(その他学術刊行物等),単著

  • 朝日祥之,北海道における方言使用の現状と実時間変化 その5,北海道方言研究会会報93号 (頁 23 ~ 31) ,2017年

    論文(その他学術刊行物等),共著

  • 朝日 祥之,サハリン島における言語関係史:日本語を中心に,Arctic Circle,98巻 (頁 4 ~ 9) ,2016年03月

    論文(学術雑誌),単著

  • 朝日 祥之,北海道方言の分布に見られる経年変化,北海道方言研究会会報,92巻 (頁 26 ~ 44) ,2015年12月

    論文(その他学術刊行物等),単著

  • 朝日祥之・尾崎喜光,北海道における方言使用の現状と実時間変化 その4,北海道方言研究会会報,92巻 (頁 68 ~ 90) ,2015年12月

    論文(その他学術刊行物等),単著

全件表示 >>

MISC 【 表示 / 非表示

  • 朝日祥之,北米の日本関連在外資料目録の整備とデジタル人文学的活用,きざし,2019年03月

    その他記事,単著

  • 朝日祥之,日系社会の言語生活史の記述:音声資料を活用した教育プログラム,「きざし」人間文化研究機構 基幹研究プロジェクト ニューズレター,1巻 ,2017年03月

    その他記事,単著

  • 朝日祥之,東北ことばも九州弁も…世界で見つけた「ニホンゴ」(読売オンライン),読売オンライン,2016年12月

    その他記事,単著

  • 朝日 祥之,新刊・寸感 14,日本語学,35巻 1号 (頁 94 ~ 95) ,2015年12月

    総説・解説,単著

  • 朝日 祥之,新刊・寸感13,日本語学,34巻 8号 ,2015年07月

    その他記事,単著

全件表示 >>

口頭発表 【 表示 / 非表示

  • Asahi, Yoshiyuki,Stylistic changes in the local assembly speeches in Nagoya: a case of Takeshi Kawamura.,国立国語研究所共同研究プロジェクト「議会会議録を活用したスタイル変異研究」研究発表会,国立国語研究所,2019年03月,国内会議,口頭(一般)

  • Asahi, Yoshiyuki,Access the resources to deepen understanding of the languages in Sakhalin,Workshop on The Studies of the Empire of Japan and Its Legacies New Directions and New Perspectives ~ A new research initiative for the advancement of Asia-Pacific Studies,Universtity of Hawaii at Manoa,2019年03月,国際会議,口頭(一般)

  • Asahi, Yoshiyuki,The Impacts of the Japanese Empire on multilingualism and multiculturalism in Sakhalin,The Studies of the Empire of Japan and Its Legacies New Directions and New Perspectives ~ A new research initiative for the advancement of Asia-Pacific Studies,Universtity of Hawaii at Manoa,2019年03月,国際会議,口頭(一般)

  • 朝日祥之・高山善裕・宮崎早季,国立国会図書館所蔵日系移民関係録音資料の整備と公開-ハワイ日本語ラジオ放送「移民資料館アワー」を題材に-,マイグレーション研究会,阪南大学,2019年03月,国内会議,口頭(一般)

  • 朝日祥之,海外への人の移動史の精緻化を目指して ─在外資料がもたらすものー,国際都市平戸と異文化へのあこがれ,平戸オランダ商館,2019年02月,国際会議,口頭(一般)

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 朝日 祥之,第9回徳川宗賢賞優秀賞,2010年03月,その他の賞,社会言語科学会

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 科学研究費補助金(若手研究(B)),2011年 ~ 2013年,サハリンに形成された日本語樺太方言の多様性に関する社会言語学的研究

    文部科学省

  • 科学研究費補助金(基盤研究(B)),2010年 ~ 2012年,都市の地域中心性と敬語行動 ―伊賀上野における第二次調査を中心に―

    文部科学省

  • 科学研究費補助金(基盤研究(B)),2009年 ~ 2011年,北海道,福岡,鹿児島に見られる音調句の言語変化に関する社会言語学的研究

    文部科学省

  • 科学研究費補助金(若手研究(B)),2008年 ~ 2010年,樺太方言と北海道方言の言語変容に見られる関係についての調査研究

    本研究では,日本語話者が移住する地域で移住者が持ち込んだ方言が接触することで形成された接触方言(コイネ)の特性を,北海道とサハリンで形成された接触方言(それぞれ,北海道方言,樺太方言)を例に,考察する。本研究では,両接触方言が形成された時期から現在にいたるまでの間に生じた言語変容をめぐる異同を明らかにすることをめざす。具体的には
    (1)北海道方言・樺太方言が形成された時期の言語生活に関する記述から当時の両方言の社会言語学的状況を記述する視点,
    (2)現時点での北海道方言・樺太方言の特徴を,現地調査から捉える視点,を設ける。この二つの視点から,樺太方言・北海道方言の言語変容に見られる関係を整理するのが,本研究の目的である。今年度は3年計画の1年次目である。今年度に実施した調査は以下の通り。
    I.文献調査
    北海道大学付属図書館で,戦前の樺太における言語生活に関する情報収集を行った(6月・7月)。その中でも,樺太引揚者によって作成された樺太方言語彙集の収集を行った。同様の作業を東京都に所在する全国樺太連盟の事務室でも実施した。
    II.面接調査
    北海道札幌市(7月),稚内市(3月)に実施した。札幌市での調査は,北星学園大学に通う学生20名と樺太からの引揚者(2名)が対象となった。調査では自然談話の収集とアクセント,および音声項目に関する面接調査を実施した。稚内市での調査では,札幌市で...

    文部科学省

  • 科学研究費補助金(基盤研究(A)),2007年 ~ 2009年,敬語と敬語意識の半世紀-愛知県岡崎市における第3次調査-

    本研究は,敬語と敬語意識について,国立国語研究所が昭和28年度と昭和47年度に愛知県岡崎市で二度実施した調査の3回目の経年調査を企画・実施するものである。平成20年度は三年計画の第三年次にあたる。以下の活動を行った
    1.第三次敬語調査の本調査を実施した。
    平成20年11月と平成21年2月に愛知県岡崎市で本調査を実施した。本調査実施までの間,経年調査班・新規調査班による調査項目の検討,サンプリング,調査協力を得るための広報活動等を行った。経年調査として,サンプリングによって選ばれた600人の岡崎市民から306人の回答を,また過去二回の調査対象者145人の岡崎市民から82人の回答を,それぞれ得た。
    2.待遇表現の記述的調査を継続した。
    平成19年度に引き続き,記述調査班では,基本調査票に基づく本調査,ならびに自然談話収集調査を実施した。また報告書作成に向けた準備を開始した。
    3.全体会議を開催した。
    全体会議を平成19年6月と平成20年3月に開催し,進捗状況を確認した。
    4.ホームページを開設した。
    愛知県岡崎市民,ならびに,研究者を対象にしたホームページを平成20年4且1日に開設した。調査の準備状況,研究成果などの情報を掲載し公開している。

    文部科学省

全件表示 >>

 
 
 

機構外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 方言の不思議な世界

  • めざせ!ことば博士 みんなの方言を調べてみよう

  • 戦場の真心 チムグクル ~沖縄を救った日系人~

  • 知らなかった!気づかない方言