基本情報

写真a

山田 誠

YAMADA Makoto


職名

プロジェクト研究員

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学),-,京都大学

職務経歴(内部) 【 表示 / 非表示

  • 人間文化研究機構 総合地球環境学研究所 研究部,プロジェクト研究員,2013年08月 ~ 継続中

略歴(外部) 【 表示 / 非表示

  • 岡山理科大学 オープンリサーチセンター,博士研究員,2005年 ~ 継続中

  • 京都大学 大学院理学研究科附属地球熱学研究施設,研究機関研究員,2008年 ~ 継続中

  • 奈良女子大学 共生科学研究センター,非常勤研究員,2011年 ~ 継続中

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 水文学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 熊木雅代,山田誠,浜崎健児,高村仁知,高田将志,和田恵次,和歌山県の河川における面源汚染の実態,E-journal GEO,10巻 1号 (頁 1 ~ 17) ,2015年04月

    論文(学術雑誌),共著

  • 網田和宏、大沢信二、西村光史、山田誠、三島壮智、風早康平、森川徳敏、平島崇男,中央構造線沿いに湧出する高塩分泉の起源-プレート脱水流体起源の可能性についての水文化学的検討-,日本水文科学会誌,44巻 1号 (頁 17 ~ 38) ,2014年02月

    論文(学術雑誌),共著

  • 田中薫子、浜崎健児、山田誠、青木美鈴、遊佐陽一、和田恵次,紀伊半島3河川における十脚甲殻類の分布—平成23年台風12号による大洪水後の経時変化—,地域自然史と保全,35巻 2号 (頁 125 ~ 140) ,2013年11月

    論文(学術雑誌),共著

  • 酒井拓哉、大沢信二、山田誠、三島壮智、大上和敏,温泉水・温泉付随ガスの地球化学データから見た大分県山香温泉の生成機構と温泉起源流体,温泉科学,63巻 2号 (頁 164 ~ 183) ,2013年09月

    論文(学術雑誌),共著

  • 青木美鈴、浜崎健児、山田誠,紀伊半島に生息するテナガエビ属(Macrorachium)3種のPCR-RFLP法を用いた同定手法の開発,-,74巻 2号 (頁 85 ~ 91) ,2013年05月

    論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

MISC 【 表示 / 非表示

  • 山田誠・大沢信二・北岡豪一,トリチウム-ヘリウム法による地下水の滞留時間の導出法とその応用,号外地球 第四紀研究における年代測定法の新展開:最近10年間の進展-(Ⅱ)放射線損傷年代・放射年代- (頁 203 ~ 206) ,2013年12月

    総説・解説,単著

  • 山田誠・大沢信二・風早康平・安原正也・高橋浩・網田和宏・馬渡秀夫・吉川慎,同位体水文学的手法による火山地下水流動系へのマグマ起源CO2の混入過程の研究-阿蘇火山を例にして-,月刊地球 カルデラ生成噴火ー準備過程の理解に向けてー (頁 114 ~ 120) ,2008年12月

    総説・解説,単著

口頭発表 【 表示 / 非表示

  • 山田誠・大沢信二・三島壮智・安部豊・谷口真人,大分県日出町の海底湧水の起源,日本地球惑星連合大会,横浜市,2014年04月,国内会議,口頭(一般)

  • 山田誠、大沢信二,三島壮智,酒井拓哉,温泉排水と河川を流下する珪藻量の関係,第35回 陸水物理研究会,大分県別府市,2013年11月,国内会議,口頭(一般)