基本情報

写真a

相良 啓子

SAGARA Keiko


職名

特任助教

研究分野・キーワード

手話言語学、聴覚障害児教育

ホームページ

http://www.minpaku.ac.jp/research/activity/organization/staff/sagara/index

職務経歴(内部) 【 表示 / 非表示

  • 人間文化研究機構 国立民族学博物館,プロジェクト研究員,2014年06月 ~ 2016年03月

  • 人間文化研究機構 国立民族学博物館,特任助教,2016年04月 ~ 2017年03月

  • 人間文化研究機構 国立民族学博物館 人類基礎理論研究部,特任助教,2017年04月 ~ 継続中

略歴(外部) 【 表示 / 非表示

  • 株式会社JTB首都圏新橋支店 営業三課,バリアフリーツアー推進担当,2002年04月 ~ 2010年03月

  • 英国セントラル・ランカシャー大学 国際手話ろう文化学研究所,研究官,2010年05月 ~ 2014年04月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本言語学会

  • 日本手話学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 手話言語学類型論

  • 聴覚障害児教育

 

分担執筆 【 表示 / 非表示

  • Sagara Keiko. Zeshan Ulrike,A Comparative Typological Study,Semantic Fields in Sign Languages: Colour, Kinship and Quantification

    3-37,Mouton de Gruyter & Nijmegen: Ishara Press,2016年,単行本(学術書)

  • Keiko Sagara,Aspects of Number and Kinship Terms in Japanese Sign Language,Semantic Fields in Sign Languages: Colour, Kinship and Quantification

    301-331,Mouton de Gruyter & Nijmegen: Ishara Press,2016年,単行本(学術書)

共著・編著 【 表示 / 非表示

  • Zeshan Ulrike, Keiko Sagara,Semantic Fields in Sign Languages: Colour, Kinship and Quantification, Berlin,Mouton de Gruyter & Nijmegen: Ishara Press.,2016年

    単行本(学術書),共編

論文 【 表示 / 非表示

  • Zeshan, U., Palfreyman, N.,Methods in carrying out language typological research,Methods in carrying out language typological research. Research Methods in Sign Language Studies: A Practical Guide . Wiley-Blackwell. (頁 173 ~ 192) ,2015年

    論文(学術雑誌),共著

  • 相良啓子,The numeral system of Japanese Sign Language from a cross linguistic perspective,-,2014年

    論文(学術雑誌),共著

  • 相良啓子,聴覚障害学生の障害認識に関する研究,-,1999年

    論文(学術雑誌),共著

口頭発表 【 表示 / 非表示

  • 相良啓子,日本手話、台湾手話、韓国手話の語の比較を可能とするコーパスのあり方を探る,HDCシンポジウム,伊勢市シンフォニアテクノロジー響,2018年12月,国内会議,その他

  • 相良啓子,日本手話、台湾手話、韓国手話の語における意味の変化,第157回日本言語学会,京都大学,2018年11月,国内会議,その他

  • Keiko SAGARA,Diachronic Changes in the Lexicons of Japanese Sign Language, Taiwan Sign Language and Korean Sign Language,SIGN9 conference,Warsaw university,2018年08月,国際会議,その他

  • 相良啓子,日本手話と台湾手話にみられる変種と言語変化-東京、大阪、台北、台南における数詞・色彩・親族・生活基本語彙を対象に-,第42回日本手話学会研究大会,東京 船堀タワーホール,2016年12月,国内会議,口頭(一般)

  • 相良啓子,ろう通訳はなぜ必要か?,ろう通訳シンポジウム,名古屋、大阪、東京,2015年01月,国内会議,口頭(一般)

全件表示 >>

 
 
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本手話学会,-

  • 日本言語学会,-

機構外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 世界の手話における数のしくみ、日本手話系言語における数表現の変化