基本情報

写真a

前川 志織

MAEKAWA Shiori


職名

特任助教

研究分野・キーワード

展示、滑稽、岸田劉生、グラフィック、広告、嗜好品、少女

職務経歴(内部) 【 表示 / 非表示

  • 人間文化研究機構 国際日本文化研究センター,特任助教,2017年04月 ~ 継続中

略歴(外部) 【 表示 / 非表示

  • メナード美術館,学芸員,2006年04月 ~ 2012年11月

  • 京都工芸繊維大学 美術工芸資料館,技術補佐員,2012年12月 ~ 2017年03月

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 日本近代美術史、デザイン史

 

分担執筆 【 表示 / 非表示

  • 前川 志織,「外地」における日本製洋菓子の広告戦略ー子ども像を手がかりに *著書タイトル「戦時下の大衆文化 統制・拡張・東アジア」、編者:劉建輝、石川肇,戦時下の大衆文化 統制・拡張・東アジア

    183-213,KADOKAWA,2022年02月,単行本(一般書)

  • 前川 志織,「キャラクター」としての麗子――画家・岸田劉生の《麗子像》連作から *著書タイトル:〈キャラクター〉の大衆文化 伝承・芸能・世界 編者名:荒木浩, 前川志織, 木場貴俊,〈キャラクター〉の大衆文化 伝承・芸能・世界

    131-153,KADOKAWA,2021年11月,単行本(一般書)

  • 前川 志織,キャラメルの喩えとしての子ども―戦間期日本の洋菓子広告と童画風図案 *著書タイトル:運動としての大衆文化、編者名:大塚英志 ,運動としての大衆文化 協働・ファン・文化工作

    93-112,水声社,2021年09月,単行本(一般書)

  • 前川 志織,戦間期東アジアにおける森永製菓の新聞広告と広告戦略,文化・情報の結節点としての図像:絵と言葉でひろがる近世・近代の文化圏

    122-132,晃洋書房,2021年03月,単行本(学術書)

  • 前川 志織,解題「ビラ・チラシのナンセンスさ」,日本大衆文化論アンソロジー

    169-170,太田出版,2021年02月,単行本(一般書)

全件表示 >>

共著・編著 【 表示 / 非表示

  • 荒木浩, 前川志織, 木場貴俊,〈キャラクター〉の大衆文化 伝承・芸能・世界,KADOKAWA,2021年11月

    単行本(一般書),共編

  • 前川志織、大塚英志,明治後期文芸雑誌表紙・一條成美挿画コレクション,国際日本文化研究センタープロジェクト推進室,2021年03月

    調査報告書,共編

  • 日文研大衆文化研究プロジェクト(大塚英志、伊藤慎吾、香川雅信、久留島元、木場貴俊、北浦寛之、佐野明子、山本忠宏、前川志織、近藤和都、松井広志、オウ・ケイカイ、アルバロ・エルナンデス),日本大衆文化史,KADOKAWA,2020年09月

    単行本(一般書),共編・共著(共編著)

  • 前川志織,草の根のアール・ヌーヴォー : 明治期の文芸雑誌と図案教育,国際日本文化研究センタープロジェクト推進室,2019年11月

    その他

  • 国際日本文化研究センタープロジェクト推進室 編 *プロジェクト推進室として共編,動態としての「日本」大衆文化史,国際日本文化研究センタープロジェクト推進室,2018年10月

    単行本(学術書),共編・共著(共編著)

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • 前川 志織,関東大震災とその復興期における洋菓子広告宣伝をめぐる視覚的イメージ,『文化學年報』,69号巻 (頁 269 ~ 288) ,2020年03月

    論文(学術雑誌),単著

  • 前川 志織,戦間期東アジアにおける森永製菓の販売促進・広告戦略と新聞広告,『大正イマジュリィ』別冊「戦間期東アジアにおける大衆的図像の視覚文化論――新聞広告を中心に」 (頁 168 ~ 183) ,2020年03月

    論文(その他学術刊行物等),単著

  • 前川 志織,キャラメルの喩えとしての童画――戦間期日本の新聞広告にみる洋菓子の意味の変遷と子ども像,大正イマジュリィ,14号巻 (頁 50 ~ 74) ,2019年05月

    論文(学術雑誌),単著

  • 前川 志織,近代日本の広告図像における少女の表象とその受容,DNP文化振興財団学術研究助成紀要,1巻 (頁 148 ~ 157) ,2018年11月

    論文(大学,研究機関紀要),単著

  • 前川 志織,チョコレートの喩えとしての「少女」:1930年代における雑誌『少女の友』森永チョコレート広告をてがかりに,デザイン理論,70巻 (頁 49 ~ 62) ,2017年07月

    論文(学術雑誌),単著

MISC 【 表示 / 非表示

  • 前川 志織,展覧会「草の根のアール・ヌーヴォー―明治期の文芸雑誌と図案教育」を担当して,国際日本文化研究センター,日文研,64巻 (頁 83 ~ 88) ,2020年03月

    新聞・雑誌等での執筆(IR),単著

  • 前川 志織,報告「新聞広告とアール・ヌーヴォー風図案――明治30〜40年代における文芸雑誌表紙絵と京都高等学校図案科学生作品を手がかりに」,大正イマジュリィ学会報告書編集委員会,『大正イマジュリィ』別冊「戦間期東アジアにおける大衆的図像の視覚文化論――新聞広告を中心に」 (頁 224 ~ 236) ,2020年03月

    新聞・雑誌等での執筆(IR),単著

口頭発表 【 表示 / 非表示

  • 前川 志織,パネル③「大衆文化研究の資料学」,総括シンポジウム「日本大衆文化研究の最前線—新しい日本像の創出にむけて―」,国際日本文化研究センター,2022年01月,国際会議,シンポジウム・研究ワークショップ パネル(指名)

  • 前川 志織,パネル④『大衆文化研究叢書』書評パネル,総括シンポジウム「日本大衆文化研究の最前線—新しい日本像の創出にむけて―」,国際日本文化研究センター,2022年01月,国際会議,シンポジウム・研究ワークショップ パネル(指名)

  • 前川 志織,大衆文化とグラフィック・デザイン:戦間期日本の洋菓子広告を中心に,大衆文化研究国際ワークショップ・シリーズ講座IN北京,オンライン,2021年11月,国際会議,公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 前川 志織,戦間期日本のチョコレート広告にみる「少女」の身体表象――ポスター《森永ミルクチョコレート》(1937年)を手がかりに,共同研究会「身体イメージの想像と展開――医療・美術・民間信仰の狭間で」第10回研究会,国際日本文化研究センター,2020年09月,国内会議,口頭(一般)

  • 前川 志織,戦間期東アジアにおける日本製洋菓子広告にみる和・漢・洋の文化交流,異分野融合による「総合書物学」の構築:文化・情報の結節点としての図像 絵入百科事典研究会,国際日本文化研究センター,2019年08月,国内会議,口頭(一般)

全件表示 >>