基本情報

写真a

天野 真志

AMANO Masashi


 

分担執筆 【 表示 / 非表示

  • 天野 真志,近世佐竹家中の歴史意識と常陸の記憶,令和元年度特別展 佐竹氏―800年の歴史と文化―

    209-219,茨城県立歴史館,2020年02月,その他

  • 天野 真志,歴史データはどのように使うのか―災害時の歴史文化資料と情報,シリーズ歴博 総合資料学 歴史情報学の教科書―歴史のデータを世界にひらく

    40~51,文学通信,2019年03月,教科書

  • 天野 真志,歴史文化資料の保存・継承に向けた課題と可能性,Integrated Studies of Cultural and Research Resources

    ミシガン大学出版局fulcrum,2019年03月,単行本(学術書)

  • 天野 真志,歴史文化資料保全ネットワーク事業から考える地域文化研究,地域文化の再発見―大学・博物館の視点から―(日高真吾編)

    104~115,大学共同利用機関法人人間文化研究機構国立民族学博物館日高真吾研究室,2018年12月,調査報告書

  • 天野 真志,東日本大震災の被害,大字誌ふるさと請戸

    180~181,蕃山房,2018年04月,単行本(一般書)

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • 天野 真志,出羽国秋田藩の文書調査と由緒管理,常陸大宮市史研究3号 (頁 13 ~ 32) ,2020年03月

    論文(その他学術刊行物等),単著

  • 天野 真志,地域の記憶と歴史・文化 ―仙北市の歴史継承を見つめる―,るねっさんす・角館10号 (頁 11 ~ 17) ,2020年02月

    研究ノート,単著

  • 天野 真志,資料ネット活動の現状と今後―宮城歴史資料保全ネットワークの活動を中心に―,宮城考古学20号 (頁 133 ~ 140) ,2018年05月

    論文(学術雑誌),単著

  • 天野 真志,宮城における被災文化財の現在地点―宮城県被災文化財等保全連絡会議公開シンポジウムを踏まえて―,『歴史学研究』,2017年09月

    研究ノート,単著

MISC 【 表示 / 非表示

  • 天野 真志,紹介/友田昌宏『東北の幕末維新』,明治維新史学会,明治維新史研究18号 (頁 73 ~ 76) ,2020年03月

    書評,文献紹介等,単著

  • 天野 真志,歴史文化の継承と資料保存,愛知県,愛知県史のしおり 通史編10 (頁 4 ~ 7) ,2020年03月

    速報,短報,単著

  • 天野 真志,北陸れきしよもやま話 幕末 揺らぐ世界認識,読売新聞社,読売新聞 石川面,2020年02月

    新聞・雑誌等での執筆(IR),単著

  • 天野 真志,書評/栗原伸一郎著『戊辰戦争と「奥羽越」列藩同盟』,東北史学会,歴史133号 (頁 73 ~ 81) ,2019年10月

    書評,文献紹介等,単著

  • 天野 真志,北陸れきしよもやま話 武士 名字から由緒探求,読売新聞社,読売新聞 石川富山面,2019年09月

    新聞・雑誌等での執筆(IR),単著

全件表示 >>

口頭発表 【 表示 / 非表示

  • 天野 真志,歴史文化の継承とネットワーク構築 ―東海資料ネットの設立を見つめる―,東海資料ネット設立総会記念講演会,名古屋大学,2020年02月,国内会議,口頭(招待・特別)

  • 天野 真志,資料の緊急対応を考える,地域歴史文化大学フォーラム in 名古屋「地域資料保全のあり方を考える」ワークショップ ,名古屋大学,2019年12月,国内会議,公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 天野 真志,歴史文化資料をとりまく諸環境―資料保存の課題―,国立歴史民俗博物館開発型共同研究「歴史災害研究のオープンサイエンス化に向けた研究」第4回研究会,東京大学地震研究所,2019年12月,国内会議,口頭(一般)

  • 天野 真志,水損した紙製資料の応急対応実習,令和元年度神奈川県博物館協会第4回研修会「防災訓練・水損資料応急処置実習」,平塚市博物館,2019年12月,国内会議,口頭(招待・特別)

  • 天野 真志,地域の記憶と歴史・文化 ―仙北市の歴史継承を考える―,ルネッサンス・角館 第31回歴史と文化フォーラム,仙北市立角館樺細工工芸伝承館,2019年12月,国内会議,公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

全件表示 >>